俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削投稿の古い順の2ページ目

会場はマスクばかりの疎らかな

回答者 イサク

添削した俳句: 会場はマスクの人で溢れけり

コメントありがとうございました。
コロナが問題視され始めたころの句ですね。今では人が溢れる光景が珍しくなってしまいました。
コロナ句は稀に作ってみますが、刻一刻と変わる状況を、後の時代にも分かるように表現するのは難しいですね。

点数: 0

暖も無き独居にひとつポインセチア

回答者 イサク

添削した俳句: ポインセチアここは暖房無き独居

おはようございます。
句によりますが「ない」ので、私も「暖房」を季語とは捉えなくともよいかな?という意見です。

句の景は目に浮かびますが、確かに少々説明くさい気もします。「ここ」「独居」あたりが気になりました。良い手直しになりませんでしたが、一応置いておきます。
(ところで、この句はあちらのサイト用に考えたものですね?)

点数: 1

日向ぼこ鳩歩きけりぺたぺたと

回答者 イサク

添削した俳句: ぺたぺたと鳩歩きけり日向ぼこ

おはようございます。
鳩が「歩く」「日向ぼこ」で「ん?」となりましたが、「日向ぼこ」は鳩を見ている自分の状況ですね?公園のベンチで一休みでしょうか。
「ぺたぺたと」が効いていて良い句と思いましたが、そこだけなんとか直したいと思い、語順を変えてみましたが「ぺたぺたと」が生きなくなってしまった気がします。俳句は難しいですね。

点数: 1

懐も風も寒けれど舞浜へ

回答者 イサク

添削した俳句: 冬寒しランドで使う金もなし

おはようございます。こういう心情をそのまま読んだ句は好きです。お金がかかっても、行く前のわくわくが楽しいのですよね。

点数: 1

「秋高しパラグライダー風まかせ」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 秋高しパラグライダー風まかせ

はじめまして。
素直な句で好きです。簡潔にまとまっており、手直しするところがないように感じます。

点数: 0

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 5

投稿日時:

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 45

投稿日時:

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 38

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

水鳥の小舟漕ぐごとすすみけり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

知恵絞る汗も涼しき初夏の夜

作者名 きゅうり屋 回答数 : 2

投稿日時:

木の芽晴れラッスンゴレライえっなんて

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ