俳句添削道場(投句と批評)

利尻さんの添削最新の投稿順に並んでいます

海の日や埠頭見巡る猫の髭

回答者 利尻

添削した俳句: 海の日や猫の詰め寄る港町

<<原句>>

海の日や猫の詰め寄る港町

何時かテレビで見たことがある猫島の港を想いました。
猫がひたひたと集まる様子が「詰め寄る」という表現でリアルに楽しく描かれています。

<海の日>の季語は、拡がりある爽やかな休日を想起させますが、明治天皇巡行に始まる
海洋国としての自覚の歴史を含んでいるようです。

猫が詰め寄るよるという素晴らしい描写は、他の季語で活かせると思いました。

また、猫が詰め寄る距離感と港町のサイズ感に少し違和感を感じました。
詰め寄っている場所は岸壁とか港かな?

全く僭越ながら
1)季語を匂わす
2)海の日のような大きな季語には逆にディテールを描写する

というようにしてみました。

<<添削例>>

海の日や埠頭見巡る猫の髭

 明治天皇のひげと巡行を少しだけ重ねてみました。

原句の選句結果につきましては、猫と港は様々な季語と取り合わせた句も多く
選者の記憶にあったとすれば、少し不利たっだのかもしれません。

寒月や猫の夜会の港町
猫の眼に海の色ある小春かな
島猫が皆くしゃみする野分あと
魚臭き港の猫や夏日暮

点数: 3

カブトムシ今夜はいるよ水銀灯

回答者 利尻

添削した俳句: 定刻の水銀灯や夏休み

酔いどれ防人様

 こちらの句の感想を誤って、添削依頼に掲出してしましました。
申し訳ありません。

点数: 1

春の風邪俳句は洒落野をかけ巡る

回答者 利尻

添削した俳句: 春風や私に来たの春の風邪

もえごん様はじめまして

春だというのに自分は風邪をひいてしまった とほほ
金曜だというのに駄洒落の俳句とじゃれている

そんな心境でしょうか?

点数: 1

「バラックの底夕に背む杜若」の批評

回答者 利尻

添削した俳句: バラックの底夕に背む杜若

利尻です。
御免なさい
添削依頼にこちらの句へのコメントを
投稿してしましました。

点数: 1

利尻さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

六曲一双バラック並べ杜若

回答数 : 4

投稿日時:

紅き傘借りて春雨朝ぼらけ

回答数 : 4

投稿日時:

カブトムシ今夜はいるよ水銀灯

回答数 : 3

投稿日時:

あの凧のしなりて弟有頂天

回答数 : 4

投稿日時:

指で狩り雲に虚ろふ桜かな

回答数 : 11

投稿日時:

利尻さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

寒稽古裸足の剣士熱こもる

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

天の川別れし妻と歩く道

作者名 めでかや 回答数 : 4

投稿日時:

仏壇にででんと西瓜の鎮座して

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ