俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夜光虫浮かべる都市と沈没船

作者 トーマ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夏の季語である夜光虫が海底の奥底に沈んだ廃都市と沈没船を照らすことで浮かび上がらせた様に見えた情景を詠んだ句です

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

蝸牛2ミリ進んでひと眠り

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 3

投稿日時:

最終戦汗と涙の蝉時雨

作者名 むめい 回答数 : 4

投稿日時:

要望:褒めてください

秋晴や服の乾いた御飯粒

作者名 和光 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夜光虫浮かべる都市と沈没船』 作者: トーマ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ