俳句添削道場(投句と批評)

鬼胡桃さんの添削得点の高い順の60ページ目

「初テント覆いかぶさる天の川」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 初テント覆いかぶさる天の川

おはよう御座います。
句を読みまして、秋頃の旅行シーズンの句だなと感じました。ジャンルはキャンプだとも分かりました。
上五を変えればストーリーも変わると感じました。
私は下記の様に考えました。
・車中泊覆いかぶさる天の川
家族とキャンピングカーで車中泊をしながら遠出の旅行してるシーンを想像し、眠る時に窓に映る天の川が自分におおいかぶさってるんでないかと発想を飛ばしました。
私も天の川の句を投句しましたのでコメントお願い致します。

点数: 0

「かくれんぼ泡立草の森の中」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: かくれんぼ泡立草の森の中

こんばんは。
句を読みまして、良い句だと感じました。上五で遊びのシーンを想像できて、中七下五の季語を含んだワンフレーズで、場所も理解できました。
普通、季語を中七に置くのは難しいのですが、この句は大成功だと思います。
あと、上五の隠れんぼがひらがな表記ですので、幼稚園前の小さい子供達かなとイメージ出来ました。
最近新季語候補の句を投句しましたので、コメントお願い致します。

点数: 0

「十字架の十字に光る秋の空」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 十字架の十字に光る秋の空

こんばんは。
句を読みまして、十字架とありますので十字はいらないと感じました。
私はコメント見るまでは十字架のネックレスかなと感じました。
あとお願いがあります。今回のよし造さんの句の十字架から自分なりの句を1つ思いつきましたので、投句してもよろしいでしょうか?よろしくお願い致します。

点数: 0

「小山なる古墳今年も秋の色」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 小山なる古墳今年も秋の色

こんばんは。
色変えぬ松の句のコメントありがとうございます。比喩は難しいですね。まだまだ作成中ですので楽しみにして下さい。
句を読みまして、イサクさんと被りますが古墳とありますので、上五が不要に感じました。あと、中七の助詞[も]も散文的にしてると感じました。
例えばですが、中七を大阪の大仙古墳みたいに具体的な名詞にすると映像を具体的に出来ると思います。

点数: 0

「泥抜けど抜けど泥吐く鰡よ嗚呼」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 泥抜けど抜けど泥吐く鰡よ嗚呼

お久しぶりです。
句を読みまして、私は料理人と鰡のいたちごっこの様子をイメージ出来ました。面白いです。
泥を吐いたりしますから、沖で獲れたボラ以外は寿司に合わないですよね。確かボラにからし味噌を合わせた寿司があったのを聞いた事があります。
あと、お願いがあります。最近句を2.3句投句しましたので、コメントをお願い致します。

点数: 0

鬼胡桃さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

食堂へ5個のブッシュドノエルかな

回答数 : 3

投稿日時:

狛犬の耳に5本の氷柱かな

回答数 : 2

投稿日時:

皺深き漁師へホットドリンクス

回答数 : 0

投稿日時:

地獄谷展望台へ冬蛍

回答数 : 0

投稿日時:

暖冬や磨く百個のトラバサミ

回答数 : 0

投稿日時:

鬼胡桃さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

三十六度九分でしのぐ夜寒かな

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

風死すや蛍光灯の点滅す

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

梅雨晴れや葉の露光るかたつむり

作者名 松本ひとみ 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ