俳句添削道場(投句と批評)

晴峯旬草さんの添削最新の投稿順に並んでいます

「庭木にも佐保姫訪れて夜明」の批評

回答者 晴峯旬草

添削した俳句: 庭木にも佐保姫訪れて夜明

イサク様
よろしくお願いいたします。

「春の風」へのコメントありがとうございます。
仰るように何か変えられそうなので変えてみました。
「低木の隙間覗く子春の風」

点数: 1

「狐火やピカソの青の時代の画」の批評

回答者 晴峯旬草

添削した俳句: 狐火やピカソの青の時代の画

かぬまっこさん
よろしくお願いします。
入選おめでとうございます。

「二月尽」へのコメントありがとうございます。
土くれの影は、公園で遊ぶ息子の足元にある土くれが、夕日で濃い小さな影を作っているのに気がついたものです。

点数: 0

「呪わるる布団出られぬ朝七時」の批評

回答者 晴峯旬草

添削した俳句: 呪わるる布団出られぬ朝七時

イサク様
よろしくお願いいたします。

「冴返り」へのコメントありがとうございます。おかえりなさいと言う言葉にくすぐったくも嬉しく思いました。
提案句の「二周半」は素晴らしいと思いました。何を想う、何をしていた二周半なのか、思いを馳せました。

点数: 0

「子の笑う声より軽く雛あられ」の批評

回答者 晴峯旬草

添削した俳句: 子の笑う声より軽く雛あられ

そうり様
よろしくお願いいたします。

「冴返り」へのコメントありがとうございます。そしておかえりなさいの言葉、素直に嬉しく思いました。
夜の秒針で気づいていることはわかる…。確かに。まだ読み手の力を読み切れない自分を感じました。

点数: 1

「燗冷めて猫の寝息の深さかな」の批評

回答者 晴峯旬草

添削した俳句: 燗冷めて猫の寝息の深さかな

秋沙美 洋様
よろしくお願いいたします

「冬の夜」へのコメントありがとうございます。私の意図としては、「ポテチの鳴り方」「冬の夜」がリンクして、乾いた音を立てているように聞こえるかな、と思い作句しました。しかし失敗してしまったようです。
添削句ですが、私が体験したことにより近い句になったと思います。ありがとうございました

点数: 0

晴峯旬草さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

春の朝子には聴こえる電車音

回答数 : 2

投稿日時:

春の空煙草咥えたボケじじい

回答数 : 2

投稿日時:

入学児くちびるを噛むカメラ前

回答数 : 1

投稿日時:

低木の隙間くぐる子春の風

回答数 : 1

投稿日時:

野球場フェンスを越えて花が散る

回答数 : 2

投稿日時:

晴峯旬草さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

打ち上げや物憂げな部長のお会計

作者名 武照 回答数 : 0

投稿日時:

夕暮れて凭せし日傘君想ふ

作者名 オルカ 回答数 : 2

投稿日時:

満月やふられしことぞ如何せん

作者名 感じ 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ