俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

燗冷めて猫の寝息の深さかな

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

明日は新酒とちゅーるが届く

最新の添削

「燗冷めて猫の寝息の深さかな」の批評

回答者 石垣

秋沙美 洋さま
推敲の句を添削して下さりありがとうございます
「我が詩はここに整えり」という気持ちの良い言い切りに感銘を受けましたので今後の参考とさせて頂きます

御句の猫の寝息で生まれた心地よい韻が句の雰囲気と合致していてとても良いだと思いました

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、石垣さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「燗冷めて猫の寝息の深さかな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
添削ありがとうございます。「降る」「火球」を使わないということを勝手に自らに課していたのですが、伝わらなければ意味ありませんよね・・・

御句、情景の出ている句だと思います。指摘するような点が見当たりません。お猫様はちゅーるが好物ですか?新酒とともに楽しみですね。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「燗冷めて猫の寝息の深さかな」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

秋沙美 洋さま
こんにちわ。俳句生活「赤い羽根」人選おめでとうございます。又「鮫」の句、、、
ご鑑賞、句評有難うございます。さて、御句ですが、情景が浮かび、無駄のない一句と存じます。しかしながら、中七、下五を猫の説明に終始し、また、「冷めた燗」とのことで、季語が主役に立っていないのでは、、、と感じましたが、、、。

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「燗冷めて猫の寝息の深さかな」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

秋沙美 洋様
よろしくお願いいたします

「冬の夜」へのコメントありがとうございます。私の意図としては、「ポテチの鳴り方」「冬の夜」がリンクして、乾いた音を立てているように聞こえるかな、と思い作句しました。しかし失敗してしまったようです。
添削句ですが、私が体験したことにより近い句になったと思います。ありがとうございました

点数: 0

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

曲線になるチューリップ仏壇花

作者名 素一 回答数 : 6

投稿日時:

身にしみるミルクセーキのホットかな

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

いつか着るきっと着るよと衣替

作者名 おかえさき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『燗冷めて猫の寝息の深さかな』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ