俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

呪わるる布団出られぬ朝七時

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

イサクは呪われた

最新の添削

「呪わるる布団出られぬ朝七時」の批評

回答者 74

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
「…雀のリズム蝉のデュオ」は上五に悩んで、実際に居た駐車場を選んでみました。車の走行音などの音も連想できて良いかな?という思い付きでした。三段切れにする必要はないので大喜利のように皆さんにいろいろな光景を詠んでみて貰いたかったのもあります。
イサクさんの提案句だと雀の可愛らしさが強くなる雰囲気ですね。雀のお宿で蝉の楽団が生演奏してるような田舎への帰省のような雰囲気です。

御句楽しく読みました。呪われたら教会に金をむしり取られなければいけないですね(笑)
冬の朝は寒さと布団の中の温もりの差で中々布団から出られぬものですよね。朝七時…通勤手段によっては遅刻の瀬戸際まで出ていないとすると「呪われたー!」と某有名RPGを連想するのも無理はないです。
日めくりカレンダーの大寒辺りに書かれていたら最高ですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、74さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

ぬくぬくと布団出られぬ朝七時

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
言い回しが違う形になってしまいますが、提案句です。
朝起きた時の布団はぬくぬくで、まるで呪われたみたいで出るに出られない状態だと考え、上五をぬくぬくとにしました。

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

「呪わるる布団出られぬ朝七時」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

イサク様
よろしくお願いいたします。

「冴返り」へのコメントありがとうございます。おかえりなさいと言う言葉にくすぐったくも嬉しく思いました。
提案句の「二周半」は素晴らしいと思いました。何を想う、何をしていた二周半なのか、思いを馳せました。

点数: 0

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

「呪わるる布団出られぬ朝七時」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句羊水・・・寧(やすし)のような主観語は避けた方がよいので、添削句の方がいいと思います。ありがとうございました。

御句・・コメントで分かりましたが、「呪わるる」が軽く切れるのか、連体形で布団を形容するのか少し迷いました。はっきり切った方が句意が明瞭になるのでは。文法が間違っていたら、ごめんなさい。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蟷螂や腹満つれば刃を磨き

作者名 鳥越暁 回答数 : 1

投稿日時:

立春や禽集い来る精米所

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

手水舎に心も洗ふ文化の日

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『呪わるる布団出られぬ朝七時』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ