俳句添削道場(投句と批評)

三男さんの添削最新の投稿順の82ページ目

「親獅子の毛振りのごとき栗の花」の批評

回答者 三男

添削した俳句: 親獅子の毛振りのごとき栗の花

いなだはまち様
こんにちは。
いつもながら丁重なコメントを頂戴いたし、誠にありがとうございます。
俳句に関心をお持ちの中国の方に詠む楽しさを伝えようにも、これまで個人で学習する以外の術を持ち合わせていなかった今の私では、何とも心許無い状況にあることを改めて認識しました。
中国俳句愛好者が自力で活動するグループを切望しているので、私が取り組んできた教科書的な殻は乗り越えねばならず、それにはやはり日本の大家、宗匠に教えを請うのが一番のようです。
しかし海を隔てている実際を鑑みると、日本国内のような自由な往来とは行かず、会の参加に始まり送金や通信の多岐に渡る困難があるようです。
慌てずゆっくりの歩みは急に変えられないのですが、いなだ様のお力添えは大変な励みとなります。
これからにおきましても大所高所からご指導を賜りますよう、どうかよろしくお願い申しあげます。

点数: 1

「なすの花きうりの花と咲きにけり」の批評

回答者 三男

添削した俳句: なすの花きうりの花と咲きにけり

いなだはまち様
昨日に引き続き、明瞭的確なご添削をいただきありがとうございました。
私はこれまでどなたからも指導を受けたことがなかったので、全てが新鮮でこれが俳句の世界なのかと実感しました。また、俳句に足る表現、余情に深く関わる構成という柱を教えられました。
この2日間で自身の程度を推し量れた意義はとても大きいです。
独学だけの私に有意義な批評を添えていただき、重ねてお礼を申しあげます。

点数: 1

三男さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

萱草の不意に咲く花美しき

回答数 : 3

投稿日時:

群雲の煙に隠れし登山道

回答数 : 7

投稿日時:

雨夜の月団欒然れど変わりなき

回答数 : 3

投稿日時:

名月やともしび部屋の窓飾る

回答数 : 2

投稿日時:

飼い犬か遠吠え響く夜の秋

回答数 : 3

投稿日時:

三男さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

夕焼けの比叡の稜線焦がしおり

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

折りたたむ携帯映る遠花火

作者名 よだか 回答数 : 1

投稿日時:

雪舞うや剥げた碑文字と旧サティアン

作者名 だるま 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ