俳句添削道場(投句と批評)
なおじいさんのランク: 師匠1889段 合計点: 5,784

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

場所譲りシートを借りる運動会

回答数 : 18

投稿日時:

旗はみな同じになびく運動会

回答数 : 15

投稿日時:

満月や君はまだかと偉さうに

回答数 : 4

投稿日時:

満月やは取り下げます

回答数 : 0

投稿日時:

蹴り上げし楕円のボール秋の空

回答数 : 19

投稿日時:

なおじいさんの添削

「春疾風出会い別れを告げに来る」の批評

添削した俳句: 春疾風出会い別れを告げに来る

うううるさん、こんにちは。コメントにご丁寧なご返事有難うございました。
御句拝読しました。なかなかいい句ですね。出会いと別れの気持ちの揺らぎの大きさを、「疾風」がよく表していますね。
ただ、中七がどうも…「出会いと別れを」と、間に「と」を入れたいけど、中八になるからやめたのでしょうか?あまり気にならないと思いますけど…。
あと気になりましたのは、別れがあって出会いがあるという順番でしょうか?

・春疾風別れのありて出会いあり
・春疾風別れてこその出会いかな

よろしくお願いします。

点数: 0

「春の夜潤むまなこ君のせい」の批評

添削した俳句: 春の夜潤むまなこ君のせい

純莉さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。切なさが漂います。春は別れの季節でもありますしね。

御句、二つの面からお伝えしたいことがあります。一つは構成です。上五の季語「春の夜」は、本来「はるのよ」と読み、あまり「はるのよる」とは読まないようです。ですから「春の夜に」とかにするといいですね。
次に、中七が「うるむまなこ」で六音、字足らずです。中七はその名の通り、七音でないとリズムが合わないです。「潤むまなこは」とでもすればいいと思います。

・春の夜に潤むまなこは君のせい

これで、リズム的なところは整いました。

次に大事なことですが、俳句は読み手に想像する余地がないと、「ああ、そうですか。」で終わってしまい、余韻の残らないものになってしまいます。
御句の場合、コメントでは、「花粉のせいでしょうか?」と、とてもいい投げかけをしているのに、「いや、君のせいだ」と、自分で答えを出してしまっている。それで終わりになってしまってつまらないです。

それよりも、読者に、なぜ目が潤んでいるんだろう?と悩ませてみませんか?

・目の潤み花粉じゃないよ春の宵
・春の暮ドラマなんかで泣かないよ

ちょっと話し言葉で作ってみましたが、イメージだけつかんでいただけたら嬉しいです。

このあと、多分、私よりもっとわかりやすくてちゃんとしたアドバイスがもらえると思いますので、私はこの辺で!

点数: 0

「南北の畝のまつすぐ葱畑」の批評

添削した俳句: 南北の畝のまつすぐ葱畑

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。これはいい句ですね。詠んでいる光景が清々しいです。「南北」と「まっすぐ」の効果でしょうか?

ただ、「南北の畝の」の「の」の重なりがちょっと重いような気がしました。

提案句はめでかやさんと同じになりましたが、かぬまっこさんのご提案句もいいと思います。どちらもまっすぐだけでなく広がりを感じます。

点数: 1

「プランタの葱の傍らハサミもち」の批評

添削した俳句: プランタの葱の傍らハサミもち

めいさん、こんにちは。
御句拝読しました。もう、ネギの抜く抜かないは、イサクさんのコメントで十分ですか?なおじいは余計でしょうか(笑)?

すみませんが、この三連休バタバタしていて、ちゃんと道場を見ていたような、見ていなかったような。

めいさんの最初の句は、コメントで、「薬味にします」とありますよね。これ、いいコメントだと思いましたよ。
その後、詠み直しをされたので、そのコメントは消えてしまいましたが。
要するに、なぜハサミを持ったかを言えば面白いのではと。傍にとかではなく。
例えば、

・プランタの葱の頭をチョキチョキと
・プランタの葱の先っちょ薬味とす
とかね!

点数: 1

「紅梅や吾子卵焼き上手く焼け」の批評

添削した俳句: 紅梅や吾子卵焼き上手く焼け

岡崎秀則さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。すでにイサクさんと慈雨さんから十分なコメントが出ていますので、出遅れ感が半端ないですが、厳しくしてくださいとのことですので、私からもお伝えさせてください。

御句、いいのですが、今後のために二点申し上げます。
一つ目、「卵焼きを焼く」という言葉の重複です。煮物を煮る、唐揚げを揚げる、みたいな響きがあります。
普段の会話ではさほど気になりませんが、たった十七音の世界では、重複感のある言葉は省いて、その分、何か他の要素を入れたいです。

二つ目、「上手く焼け」です。お気持ちはものすごくわかります。ただ、上手く焼けた、というのは作者の強い主観であり、一歩間違うと、美味しく焼けたという意味と取られ、親バカのように取られる恐れがあります。
それよりも、客観的な事実を詠んで、あとは読み手に想像してもらうという作りが効果的だと思います。

・紅梅や吾子初めての卵焼き

初めてかどうかは知りません、私は。でもそれはどうでもいいんです!
そしてそれが上手くできたかどうかは、見た目も味も読み手が想像してくれますよ!

また聞かせてください!

点数: 1

なおじいさんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ