俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

軒下の豆掃き終へて春立ちぬ

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「セーター」にはたくさんのコメントおよびご提案句を有難うございました。おかげさまで、読み手側としては色々な想像をしてくださり、作者が自分では気付けなかった点を知ることができました。

本句は節分の後のことを詠んだつもりですがいかがでしょうか。よくあるパターンですか。ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「軒下の豆掃き終へて春立ちぬ」の批評

回答者 やん

句の評価:
★★★★★

なおじい様
 こんにちわ🎵
 骨折の俳句にコメントて提案句、有り難うございました。
 そうですよね~自分の感情をダイレクトに入れてしまうのは俳句ではタブーですよね。
 精進します。
 御句、節分が終わるといよいよ春到来、というワクワク感が感じられて良い句ですね😃
 

点数: 2

添削のお礼として、やんさんの俳句の感想を書いてください >>

「軒下の豆掃き終へて春立ちぬ」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

なおじい様こんばんは。
御句拝読しました。
第一印象は丁寧な感じ・・・がしました。
また、セーターの句に新たにコメントさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「軒下の豆掃き終へて春立ちぬ」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

なおじい様 おはようございます。
お世話になります。
こぼれた豆を掃除してまた新たな年の始まりを感じさせて佳いと思います。
勉強のために提案させてください。
語順を変えて
立春の軒下豆を掃きにけり
又は
立春の軒下豆を掃き終えぬ
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「軒下の豆掃き終へて春立ちぬ」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

なおじい様おはようございます。
拙句寒明けにコメント頂きありがとうございます。
誤読の可能性があるんですね!
それはまったく気づきませんでした。
ご指摘ありがとうございます。
早速手直しさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「軒下の豆掃き終へて春立ちぬ」の批評

回答者 もんこ

句の評価:
★★★★★

なおじいさま
いつも丁寧なコメントありがとうございます。
なおじいさんは道着を着るスポーツ、武道をされていたのですね。
どうりで。。
深い意味での礼儀というものを身に着けていらっしゃる。

見習いたいなと思いますが、どうも私は心が狭いかもしれません。

拙句へのコメント、ありがとうございます。提案句も参考になります。やはり具体的に現したほうが良いですね。それから『逢いたき』は『逢ひたき』ですね!俳句を始めて1年経ちますから、表記もなれていきたいです。

なおじいさまの句

日々の暮らしの中に、なおじいさんの丁寧な生き方が出ていますね。
『春待つや』と上五の方が良いか?とも思いましたが、やはり終わりがあって始まりがある原句が良いと思います。

また宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

「軒下の豆掃き終へて春立ちぬ」の批評

回答者 もんこ

句の評価:
★★★★★

なおじいさま
いつも丁寧なコメントありがとうございます。
なおじいさんは道着を着るスポーツ、武道をされていたのですね。
どうりで。。
深い意味での礼儀というものを身に着けていらっしゃる。

見習いたいなと思いますが、どうも私は心が狭いかもしれません。

拙句へのコメント、ありがとうございます。提案句も参考になります。やはり具体的に現したほうが良いですね。それから『逢いたき』は『逢ひたき』ですね!俳句を始めて1年経ちますから、表記もなれていきたいです。

なおじいさまの句

日々の暮らしの中に、なおじいさんの丁寧な生き方が出ていますね。
『春待つや』と上五の方が良いか?とも思いましたが、やはり終わりがあって始まりがある原句が良いと思います。

また宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

「軒下の豆掃き終へて春立ちぬ」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

なおじい様おはようごぜます。
拙句朧月にコメント頂きありがとうございます。
いつも深く吟味されていて、頭の下がる思いです。
私自身、少しくどさを感じながら詠みました。
ご提案句『夢おぼろ色づく頃や朧月』素晴らしいですね。
詠みたいことがすべて表現されています。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「軒下の豆掃き終へて春立ちぬ」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

なおじいさま、帽子屋さんの添削感謝いたします。
商店街にポツンと時代に取り残されたような小さな帽子屋さんに、冬ざれを、見ました。
伝えたいことを見事に表現してくださり、本当にありがとうございます🙇。
サインポールも、なおじいさまの、残された豆も
スポットライトを浴びさせてあげたかった。
これからもよろしくお願い申し上げます。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「軒下の豆掃き終へて春立ちぬ」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

なおじいさま。お願いなのですが、私の飴の俳句
なんか、ちがう、と思いながら、投句しました。
どうか、詩的、文学的に、手直ししていただけないでしょうか?
他の諸先輩方、なにか、思いついたら、なんでもいいので、御指導お願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「軒下の豆掃き終へて春立ちぬ」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

なおじいさま。綺麗な俳句にしてくださってありがとうございます🙇
私も自分で作って置きながら、微妙だなあ、、と。でも、季語が背景になっていたからかあと、合点がいきました。
私自身でも、ない頭をしぼりながら、考えたのですが、結局、飴に焦点が、いってしまった句しか、作れませんでした。
雪が、背景ってホントそのとおり。
人の句は、わかるのに、なんで、自分が、作句したものは、わからないんだろう?
恥ずかしいですね。
これからもよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ひと握り消えちゃいそうな雪掴む

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

初鰹捌いて夕餉の賑わえり

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

笹鳴や観音堂の裏あたり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『軒下の豆掃き終へて春立ちぬ』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ