短歌添削道場(投句と批評)

添削と批評一覧投稿の古い順の31ページ目

「妻のもと帰れぬまま日は過ぎて今日もひとりの夕食を摂る」の批評

回答者 ハクション大魔王

添削した短歌: 妻のもと帰れぬまま日は過ぎて今日もひとりの夕食を摂る

森田 広務様
こんな馬鹿が添削とは本当にお恥ずかしいですが、切ないですね、早く奥様と仲睦まじく過ごしてくださいね。離婚歴のある私が云うのも何ですが…💦前の主人は再婚しました、本当に今度こそは、幸せになってほしいと、心から願っている次第です。私にも彼はいますが、結婚はしていません。私は娘家族を優先にしているからかな?いや、彼に結婚するつもりは無いのかもしれません。

点数: 3

「君想い眠れぬ夜の魂魄は時空を飛んで君のもとへと」の批評

回答者 ハクション大魔王

添削した短歌: 君想い眠れぬ夜の魂魄は時空を飛んで君のもとへと

佐渡様
いいですね、こんな恋をしてみたい。夏に怖い話でなんですが、私が可愛がっていた孫がいつもの家族旅行に行った。たまたま私はその旅行に行かなかった。そうしたら孫が転んで顔に怪我をする夢を見た、本当にそうなってしまった。予知夢、本当にあるんだな、あとはインドで修行した人の紫色の光がある人影が、はっきり見えた。まあ普通の人のは見えなかったが、不思議なことはいろいろあるんだな。私事をつらつらとすみません。

点数: 1

「夢を持つ失敗しても夢を持つ諦めなければ叶うはずさ」の批評

回答者 佐渡

添削した短歌: 夢を持つ失敗しても夢を持つ諦めなければ叶うはずさ

ハクション大魔王さん!
こんにちは!
Yさんは短歌も詠まれるですね。
私はたまたまトイレに起きると夜眠れなくなることがあり、妄想で詠みました。
俳句の方にどうぞ!
よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ