短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

君想い眠れぬ夜の魂魄は時空を飛んで君のもとへと

作者 佐渡  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

夢想です。

最新の添削

「君想い眠れぬ夜の魂魄は時空を飛んで君のもとへと」の批評

回答者 ハクション大魔王

佐渡様
いいですね、こんな恋をしてみたい。夏に怖い話でなんですが、私が可愛がっていた孫がいつもの家族旅行に行った。たまたま私はその旅行に行かなかった。そうしたら孫が転んで顔に怪我をする夢を見た、本当にそうなってしまった。予知夢、本当にあるんだな、あとはインドで修行した人の紫色の光がある人影が、はっきり見えた。まあ普通の人のは見えなかったが、不思議なことはいろいろあるんだな。私事をつらつらとすみません。

点数: 1

添削のお礼として、ハクション大魔王さんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

カーテンの隙間から漏れる日光が僕らを起こす目覚まし時計

作者名 Riri 回答数 : 0

投稿日時:

好きだよと言えないままにあの人は夏の暑い日旅立った

作者名 マーチ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:褒めてください

班長に列ぶ子たちの穏やかさ田間宮小の校風歴史

作者名 緑のおじさん 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『君想い眠れぬ夜の魂魄は時空を飛んで君のもとへと』 作者: 佐渡
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ