短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

思い出す季節外れの春風に私の一句笑ってる君

作者 じぶらるたる  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

初投句です。よろしくお願いいたします。
しばらく寒い日が続いていましたが、先日、突然暖かい日がありました。
晴れていて気持ちがよさそうだからと家を出たところ、
春の生命力を思わせるさわやかな風を感じました。

春の訪れを感じるとともに、昨年の春、友達と過ごした光景を思い出しました。
以前から短歌・俳句に興味があり、思いのままにただ一句、詠んでみた私と、それを聞いて笑っている友達の姿が思い出されました。

その友達とは仲違いしてしまって今はもう関わりがありませんが、
その当時のことは今もかけがえのない思い出です。

最新の添削

「思い出す季節外れの春風に私の一句笑ってる君」の批評

回答者 いつあり

即興で歌を詠めるとは文化的な方ですね。添削するほど嗜んではいませんがコメントさせて頂きました。思い出にそっと寄り添う短歌のあるべき姿のように思いました。相手の方にとっても春の陽気のような温かい思い出として残っていて欲しいものです。

点数: 0

添削のお礼として、いつありさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

盛り塩で祓う人あり切り口の鮮やかな黄で柚子の声知る

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

パルテノン巷で出会う異邦人心はわかるその目を見れば

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

ランチ時乗りたる電車ポカポカで着膨れの客避暑地まで行く

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『思い出す季節外れの春風に私の一句笑ってる君』 作者: じぶらるたる
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ