短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

風船の行方気にする人たちは空の青さを改めて知る

作者 亜牛  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

特にありません。

最新の添削

「風船の行方気にする人たちは空の青さを改めて知る」の批評

回答者 電脳ヴードゥー

完璧な情景描写。空の青さに吸い込まれていく小さな点となった風船、それを見上げる人々、それら全てを包み込む蒼穹といった風景が立ち上がり、アオリのアングルで見えます。

点数: 0

添削のお礼として、電脳ヴードゥーさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

過ぎてこし もどらじの冬 惜しむらむ 春待つ心 嘘はなけれど

作者名 河口亨 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

カラコロと後ろに迫るバギーカー道を譲るとスッと我抜く

作者名 鴨長迷 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

初日の出上々吉や九十四現役歯科医達者の如し

作者名 笙染 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『風船の行方気にする人たちは空の青さを改めて知る』 作者: 亜牛
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ