短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

音のみが交差する夜の病室十三夜の月が照る

作者 竹島博  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

看護師さんを呼ぶブザー、そのあと急ぐ靴音、遠くから聞こえる救急車のサイレンのなかでわたしは。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「音のみが交差する夜の病室十三夜の月が照る」の批評

回答者 はしづめ

竹島博さんの短歌を拝読しました。
余韻があって、参考にしたいと思いました!
音を具体的に書いて、十三夜の静けさとの対比みたいなのがあってもよかったかなと思います。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、はしづめさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

今日限りならぬ夢限りの逢瀬もう少しだけもう少しだけ

作者名 冴えない人 回答数 : 1

投稿日時:

思い出す季節外れの春風に私の一句笑ってる君

作者名 じぶらるたる 回答数 : 1

投稿日時:

東京の空は今夜も輝きを夜景に譲り静かに雲流

作者名 やなかひさ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『音のみが交差する夜の病室十三夜の月が照る』 作者: 竹島博
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ