短歌添削道場(投句と批評)

添削と批評一覧最新の投稿順の29ページ目

水色に泳ぐ魚の向こうには僕を見つめる君が揺れてる

回答者 夏目吉春

添削した短歌: 君は僕ボクはキミだけを見ている水族館の水槽越しに

よしはむさん今晩は
揺らめいていて幻想的な表現を私なりに考えると、水族館の水槽越と言う現実的な表現を除きました。
また、手が届かなくなったような感覚をと思い”水色に泳ぐ魚の向こう”としました。
おそらく、水色の水槽に光が差し込んでユラユラ揺れているんでしょうね。
ユラユラ揺れながら彼女は僕を見つめて居ます。
これも添削という事でなく、よしはむさんの説明と歌を下に私の心のカンバスに浮かんだ場面を読んだのです。
ありがとうございました。

点数: 0

母を呼ぶ子猫の願い傍らにかいなにいだく人のあるかと

回答者 夏目吉春

添削した短歌: 名も知らぬ捨て猫見かけ立ち止まる誰か拾ってくれるだろうか

よしはむさん今晩は
子猫がにゃーにゃー鳴いていると、誰だって愛おしくてたまらないですよね。
添削と言う事でなく、私自身の鍛錬のために詠み直してみました。
ヤマト歌に惹かれておりまして、出来るだけ古めかしい言葉使いにしました。

点数: 0

好きだよがゼロとイチとに羅列され君の画面に素直な気持ち

回答者 腹胃壮

添削した短歌: 好きだよと素直な気持ち羅列して伝わるはずかこんな想いが

よしはむさん明けましておめでとうございます。
僭越ながら原句をイメージして自分なりに直してみました。短歌には不慣れですのでこの程度で御勘弁を。

点数: 1

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ