小説のプロット相談掲示板

絵描き少年と桃少女(仮) (No: 1)

スレ主 ソラナキ 投稿日時:

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

キャッチコピー:旧く甘い恋物語を

カテゴリー:キャラ文芸

あらすじ

久宝家という名家に産まれた忠臣は、帝都で問題を起こし、宮城の山中の爺が住む別荘へと放逐された。
そこで腐っていた忠臣は、爺によって絵を描くことを教わったが、すぐに爺が死に一人となってしまう。
爺の言いつけを守り灰色の日々を過ごしていた忠臣だったが、ある日庭に生えている桃の木から桃を盗もうとする少女と出会う。ほんの気まぐれで少女に桃を与えた忠臣は、その次の日にまたやってきた少女——桃から、「美味しい桃をくれた分、あなたさまにご奉仕します!」と告げられ、奇妙な生活が始まった。

最初は同年代の少女にどう接すればいいのかわからなかった忠臣は、ひたむきな彼女に絆され、徐々に世界が色を取り戻していく。そして桃のことを大切に思うようになっていくが、ある日家が強盗に押入られ、桃が穢されそうになったその時に、祖父から使うなと言われていた「神の右手」の力で、絵から生物を生み出して強盗を撃退する。
平穏が訪れたと思いきや、忠臣が本邸に呼び出され、桃と離れ離れになってしまう。
そして桃にも魔の手が伸びた時、忠臣が怒りのまま右手の力で数多の鳥を生み出し、帝都を大混乱に陥れる。そして桃とともに空を泳いで別荘へと戻り、また平穏な日々が戻った。

キャラクター

・主人公
久宝忠臣(くぼうただおみ)
名家である久宝家に生まれた双子のうち、弟の方。13歳。名の由来は、『主人に仕える「忠」実なる「臣」下』。すなわち弟のために生きることを義務付けられている。
一度自分の道を切り開こうと書道で賞を取ったが、その功績を兄のものにされたことで激怒し、その結果事件を引き起こして別荘送りとなる。そこで爺に絵を教えられ、孤独を癒すが、すぐに爺が死んだことでまた一人になってしまう。
そこから荒んだ生活を送っていたが、桃と出会ったことで日々がまた色づいていく。
→能力
「神の右手」という、右手で描いた命あるものが本当に生物となって這い出てくる力を持つ。この能力は制御できず、爺には「右手で生き物を描くな」と言われていた。
ただしそれがなくても非常に器用なので、絵は非常に上手く、美しい。
→性格
人生でまともな成功をしていないことからひねくれている。両親から愛情をまともに受けたことがないため、非常に爺を慕うおじいちゃんっ子。しかし割合素直で、なおかつ基本的に善性。
「自分を愛してくれる人が好き」。

・ヒロイン
桃(仮)
その土地の管理者である家系……の非常に貧乏な傍流の生まれ。「仙桃のように家族を癒してほしい」という気持ちを込めて名付けられた。
飢え死にしそうな中で、一縷の望みをかけて桃を盗もうとする。しかし忠臣に見つかった上で桃を与えられ、それを家に持ち帰ると、家族から桃の分だけその家でお世話になりなさいと言われ、素直に受け取って忠臣の世話をする係になる。
→能力
家事万能で人の心を読むことに長ける。異能などは特になし。
→性格
ひたむきで一途、淑やかな一面もあるが基本的には元気がある。人に任せるよりも自分で動くタイプ。
ただ貧乏生活で苦しんできたため、自分を救ってくれる王子様などは一切期待していない。しかし生来の明るさで未来を信じ、そして信じさせられる強さを持つ。

設定(世界観)

基本的に大地震前の大正。
ただし呪術や異能が存在する。久宝などの名家は大概がそういう家。一般には知られていない。
帝都の蘇芳院(すおういん)、京都の淤加夜橋(おかやばし)、大阪の御津瞑(みとくら)の三家が最高峰の呪術家。
久宝はそれより二枚か三枚は劣る。ただし何世代かに一人化け物を生み出す家系。今代が忠臣だが、双子であり右手で生き物を描く機会がなかったため知られていない。
この世界では、たまに「神代回帰」という神の力を一部持つ者が生まれる。忠臣の「神の右手」も神代回帰であり、有名な神代回帰では「夜逆言葉(言霊。世界に聞かせて意のままに操る)」、「神の血肉(絶大な身体能力)」などが存在する。

参考作品

大正処女御伽話など

作者コメント

どういう展開を入れたら面白くなるか、など。

この小説に意見を書く!

絵描き少年と桃少女(仮)の返信 (No: 2)

投稿者 ふじたにかなめ : 1 No: 1の返信

投稿日時:

話の趣旨が恋愛ものなら、冒頭で二人が出会うシーンを描き、
「最初は同年代の少女にどう接すればいいのかわからなかった忠臣は、ひたむきな彼女に絆され、徐々に世界が色を取り戻していく。」のところで、主人公の心情の変化を丁寧に描いてヒロインにどんどん惹かれていく過程や、主人公も活躍してヒロインに好かれる過程を描けば、恋愛ものとして面白いと思いますよ。

長所。良かった点

溺愛系というテーマがしっかり決まっているところ。

絵描き少年と桃少女(仮)の返信 (No: 4)

投稿者 t : 0 No: 1の返信

投稿日時:

死期を悟った爺は、忠臣に、
この家のどこかに開かずの間が隠されている(※爺の呪術か異能が使われている)
そしてその部屋に入る方法を忠臣に教えた。

(中略)
忠臣が部屋に入ると机の上に、手紙とは別に、鉢に入った植物の苗が置いてある。
その後、爺の亡骸を埋葬した場所に忠臣は植物を植える。
植物はたった1日で立派な木に成長する。2日目には小さな桃の実がなった。
やがて桃が食べられる大きさになると、忠臣はヒロインの桃と出会う。

という展開を、「(本文)すぐに爺が死に一人となってしまう。」
このあたりにいれてみるのはいかがでしょうか。

長所。良かった点

読者が知る必要はあるかどうかは別として、主人公やヒロインに名の由来があることや。設定(世界観)で、有名な神代回帰では……といったように、とても良い設定の書き方をされています。
今後も無理のない範囲でこのような書き方を続けていくことで、
将来自分自身を助けてくれる命綱になります。

「右手で描いた命あるものが本当に生物となって這い出てくる力を持つ。この能力は制御できず、爺には「右手で生き物を描くな」と言われていた。
神の右手の設定も面白いと思いました。(=゚ω゚=)

良かった要素

ストーリー キャラクター 設定 文章 オリジナリティ

絵描き少年と桃少女(仮)の返信 (No: 6)

投稿者 ラ研の無惨 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

恋愛ものには疎い見ですが、悪くはないのではないでしょうか。
成功経験に乏しい主人公がクライマックスで活躍するところなどは、ハッピーエンドものの基本を押さえていると思いますよ。

長所。良かった点

ほぼコメントに書いた通りです。キャラクターも魅力的に感じました。

良かった要素

ストーリー キャラクター

この小説に意見を書く!

他の批評依頼

たすけて想い屋さん。

投稿者 紫村果汁 返信数 : 0

投稿日時:

無感情者の過去等の描写がとても難しいです。どうかアドバイスを。 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

▼おすすめ小説!

商店街での死闘(仮)

投稿者 ラ研の無惨 返信数 : 5

投稿日時:

どうもこんにちは。プロット相談掲示板では初めまして。マリン・Oと申します。 リアルが多忙な中、なけなしの習作プロットを作ってきまし... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

▼おすすめ小説!

夢を食む

投稿者 エニシダ 返信数 : 4

投稿日時:

こんにちは。エニシダといいます。 オムニバス形式のあやかし事件モノの、第1話として考えた短編になります。 雅巳が主人公なので... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:絵描き少年と桃少女(仮) 投稿者: ソラナキ

どういう展開を入れたら面白くなるか、など。

コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ