小説のプロット相談掲示板

転生魔王の再転生~俺の平穏を返してくれ~ (No: 1)

スレ主 あすく 投稿日時:

目的:趣味で書く

要望:欠点の指摘歓迎!

キャッチコピー:この男、元魔王

カテゴリー:なろう系ラノベ(大人オタク向け)

あらすじ

主人公、九耀揚葉はとっても平凡な男子学生。狙ったようにすべての能力が平均値というある意味凄い人物であった。しかしてその実態は、異世界から転生した元魔王。人間との終わりなき戦にうんざりした彼は、死後の異界転生権を得ることを条件に、全魔族の戦闘停止を厳命して勇者に倒されたのである。
今は力を隠して平凡に暮らす、そんな彼の元に、突如としてかつての世界から彼を転生させた神が現れる。神は異世界において超魔王を名乗る者に率いられた超魔族なる集団が暴虐の限りを尽くしており、勇者の子孫が立ち向かっているが、何とかして加勢して欲しいと言い出す。平穏な生活を壊されたくない揚葉はすっぱり断るものの、転生前の秘密を握られていたために、半ば脅される形で参加を承諾させられてしまう。
折しも異世界では勇者一行と超魔王が最終決戦の真っ最中。超魔王の目の前に送り込むのでそのまま攻撃しろとの指示を受け、スタンバイする揚葉。しかし、転移が済んだ彼の目に飛び込んできた光景は、予想外のものであった。目の前に勇者一行、足元には倒れた超魔王とおぼしき怪物。なんと揚葉が現れる直前に決着は着いていたのだ。突如として現れた揚葉に臨戦態勢を取り、斬りかかる勇者。条件反射で反撃してしまう揚葉。これにより元々激闘でボロボロだった勇者は意識を失い、勇者一行は退却する。
かくして、揚葉は『超魔王が死に際に召喚した究極大魔王に違いない』という、とんでもない認識が広まってしまったのだった。
超魔族は既に1体残らず壊滅していたため、とにかくここで生活を、と手始めに超魔王城を改築することから始めた揚葉。超魔王城は揚葉の居城の廃墟を再利用していたのである。そこで彼は、超魔王が人質として拐っていたとある王国の姫が牢屋でソリティアしているのを見つけてしまう。とりあえず牢からだしてやることに。
彼女を国へ帰さんと、王国へ連れていくも、人質を連れての襲撃と勘違いされる揚葉。城では勇者一行が待ち構えており、物々しい雰囲気である。面倒な争い事は御免だと、あえて抵抗せずに捕らえられる揚葉だったが、生活しているうちに彼のことを気に入ってしまったお転婆な姫が、なんと彼の拘束を解いて脱走させるという暴挙に出た。そこへ揚葉の帰還を知った魔王時代の部下の1人が、囚われた主君を助け出さんとして城へ攻撃、成り行きに巻き込まれてどんどん面倒な方向へ事態が進んでいく。
脱走姫君、元部下の女悪魔を引き連れて、超魔王城へと帰った揚葉だったが、なんということか、超魔王は蘇生しており、超魔王城は奪還されていた。超魔族から、超魔王にトドメを刺した挙げ句、人質まで奪還した憎むべき相手と認知されていた揚葉は、超魔族たちの猛攻に曝され、やむなく撤退。
再び王国へ戻り、下町に身を潜める彼らの元へ、神が現れて超魔王を倒せと空気を読まない発破をかけてくると、自棄になった揚葉は神を戦いに巻き込んだ。
かくして、揚葉と成り行きの仲間たちは勇者の攻撃をかわしつつ、超魔王を倒すために奔走するテロリストとなったのである。
やがて城から姫を追いかけてきたメイド、下町に迷い込んできた獣人などを巻き込んだ彼は、潜伏生活を満喫しつつも、神にせっつかれる毎日を過ごす。しかし、超魔族は人類と再び全面戦争を起こさんと画策し、各地で小競り合いを散発させていた。
いつしか下町にすっかり馴染んだ揚葉たちだが、超魔族の襲撃の際に正体が割れてしまう。しかし隣人たちは気付かぬふりをして、彼らを受け入れた。
揚葉は超魔王城の地下にある、魔王時代に仕込んだ自爆用爆弾を起爆し、超魔王を始末する計画を立案。起爆のために誰が行くかで揉めるものの、結局誰も折れずに仲間全員で突入する。
超魔族と戦いながら、勇者一行もまた侵入していることに気付いた揚葉たちは、三つ巴の状況下において、勇者を逃がしつつも超魔王を倒すという困難なミッションを強いられる。
超魔王城の地下では、彼らの動きを察した超魔王が待ち構えていた。一足先にそこへ辿り着いた勇者一行は戦いを挑む。だが、揚葉たちがやってきた頃には、勇者パーティは壊滅状態になっていた。揚葉の狙いを知った超魔王が、勇者もろとも彼を消そうとして、爆弾を逆に利用する策略を立てていたのである。爆弾を起爆し、自身は悠々と空へ飛翔する超魔王。
万事休すと思われたが、神の機転により仲間たちと勇者一行が協力して爆弾を掘り起こす。揚葉は覚悟を決めた。仲間、神、そして勇者の前で魔王としてのすべての力を解放し、掘り起こした爆弾を彼方の空を舞う超魔王へ向けて投げつける。閃光が空を染め上げ、超魔王は墜落した。
勝利した勇者一行は王国へ凱旋する。彼らに城へ誘われるが、揚葉はもっと平穏に暮らしたいからと、部下だけを引き連れて、潜伏生活を営んでいた下町へとさっさと引っ込んだ。
一抹の寂しさを感じながらも、部下と平穏を噛み締める揚葉。街はお祭りムードが続いている。そして数日後。所用で出かけていた揚葉が戻ると、そこに仲間入りたちと勇者一行までが寛いでいた。勇者は超魔王討伐の報酬として、この建物の所有権を得たのだ。そして、無賃居住の揚葉に対して、滞納していた家賃の支払いを迫る。思わず逃げ出した揚葉は、「俺の平穏を返せ!」と叫ぶが、その顔はどこか楽しそうだった。

キャラクター

主人公
九耀揚葉(くようあげは)
異世界の元魔王。戦いに明け暮れる毎日に疲れたため、神と契約。魔族に戦闘停止を厳命し、自らは死後の転生を確約させた上で勇者によって倒される。その後現代日本へ転生を果たして九耀揚葉の名を得た。しかし超魔王なる輩が異世界を席巻したために、戦力として神に再召喚される。
再召喚されたそばから勇者に究極大魔王と間違われ、姫を連れて行ったら王国に捕らえられ、脱走したら復活した超魔王に住処を奪われて襲われる、中々の苦労人。

ヒロイン
姫(名前はまだない)
王国のお姫様。超魔王に拐われて超魔王城に捕らえられていたが、超魔王が倒され、揚葉に見つかって解放される。勇者のことは知っているため、揚葉を最初は新しい世話魔族と思って警戒していたが、生活していくうちにコロッと落ちてしまう。後に揚葉が王国に捕まった際も、牢の門番を殴り倒して鍵を奪って逃がすなど、結構見境がなくなっている。実はかなり強い。

ヒロイン
元部下
かつて魔王時代に部下だった女悪魔。部下だったと言っても、かなり末端であり、魔王の姿など月に1度見るかどうか、といったところだった。しかし魔王には完全に一目惚れしており、魔王が居なくなってからも鍛え続けて今では超魔族の幹部とも互角に渡り合う剛の者になった。魔王のためなら例え火の中水の中という忠臣だが、妄想も激しく嫉妬も激しい。

ヒロイン
獣人の少女
下町潜伏時代に現れた、猫の獣人の少女。空腹のあまり揚葉の潜伏先に侵入し、食料品を漁っているところを取っ捕まった。その後腹一杯食事をさせてくれた揚葉の度量に感激し、勝手に居着く。揚葉のことは何も知らないが、その力は何となくわかっている。

サブヒロイン
メイド
王国の城から姫を追ってやってきたメイド。姫様命で、1にも2にも姫様の言うことが絶対。実力も高いが、超魔族の襲撃時に負傷してしまい、姫の誘拐を阻止できなかったことに深い後悔の念を抱いている。揚葉のことは、姫様をたぶらかす悪い男と見ていたが、姫が彼に手を出すことを強く禁じているため、歯痒い思いをしている。

サブキャラ

揚葉が魔王時代に取引を持ちかけた神。時が下り、新たな脅威である超魔王とその軍団が現れたため、勇者だけでは心許ないと揚葉を異世界へ呼び戻した。しかし、目測を誤ってまるでラスボスのような出現のさせかたになってしまい、揚葉の誤解連打の引き金を引いてしまった張本人でもある。意外とドジではあるが、神の名に恥じぬ実力を持つ。しかし地上での力の行使は制限されており、迂闊な性格も手伝って戦果は散々になることが多い。


超魔王
魔王である揚葉が姿を消してから数百年後に現れた、新たな世界の脅威。自身の力を使って超魔族を生み出し、世界を席巻している。正体や思想などは不明。

設定(世界観)

主人公の転生先(再転生前)は現代日本。異世界は所謂中世ヨーロッパ風。

参考作品

この素晴らしい世界に祝福を、ドラゴンクエスト(特に1や4)、その他ファンタジー作品

作者コメント

キャッチコピーの通り、主人公が異世界で無双するにあたって、『元はその異世界の魔王(先代)』というバックボーンを持たせました。でもすっかり毒は抜けており、昔の仲間や部下や勇者には腑抜けと言われつつ、不運に見舞われてもめげずにぶれずに目標へ向かってまっしぐら、という展開を目指しました。

タイトル投票結果を見る

  • 4点転生魔王の再転生~俺の平穏を返してくれ~ ( )
  • 0点魔王をやめたはずの僕が、超魔王に間違われて追いかけられてます ( )
  • 0点転生したら最恐の究極大魔王だった! 元ヘタレ最弱魔王のチート世界征服記! ( )

一番興味を惹かれるタイトルを選んでください

  • 転生したら最恐の究極大魔王だった! 元ヘタレ最弱魔王のチート世界征服記!
  • 魔王をやめたはずの僕が、超魔王に間違われて追いかけられてます
  • 転生魔王の再転生~俺の平穏を返してくれ~
この小説に意見を書く!

転生したら最恐の究極大魔王だった! 元ヘタレ最弱魔王のチート世界征服記! (No: 2)

投稿者 うっぴー : 0 No: 1の返信

投稿日時:

あすくさん、どうも投稿ありがとうございます!

まず、気になった点は、キャッチコピーが弱いことです。

「この男、元魔王」というキャッチコピーですが、元魔王というのはありふれた設定ですので、元魔王で何なのか?というところまで書いてもらえると、良いかと思います。

「この男、元魔王。だが腑抜け」
「この男、最強の魔王。だが腑抜け」

>かくして、揚葉は『超魔王が死に際に召喚した究極大魔王に違いない』という、とんでもない認識が広まってしまったのだった。

この設定はおもしろいのですけど、その後の展開が行き当たりばったりなのが気になります。
主人公が何をしたいのか、わかりません。
勇者と戦うのか、神と戦うのか、超魔王と戦うのか。

私としては主人公の性格から、究極大魔王として魔族に平伏されて、自身は手を下さず、人間の王国と戦うような展開にした方が、良いかなと思いました。
超魔王は復活せず、彼の築いた城、部下、さらった姫などをそっくりそのままいただきます。
そして、かつて叶えられなかった世界征服を叶えるというストーリーです。

前前世では、人間との戦いが嫌になったのではなく、無能な部下たちのせいで追い詰められて、もっとスゴイ部下たちがいてくれたら、世界征服ができたのに。と思っていたことにしてはいかがでしょうか?
実際にスゴイ部下や難攻不落の名城が手に入って、夢が叶えられますし、対象読者となる30代男性にも共感してもらいやすい設定かと思います。

なろうの異世界転生は、承認欲求の充足と、ストレスフリーがキワードなので、究極大魔王として恐れられることを主とすることで、承認欲求を満たし、ストレスフリーな作品になると思います。

タイトル案

転生したら最恐の究極大魔王だった! 元ヘタレ最弱魔王のチート世界征服記!

長所。良かった点

主人公は『超魔王が死に際に召喚した究極大魔王に違いない』という、とんでもない認識が世界に広まってしまったという設定が良かったです。
ここからアイディアを広げいくことをオススメします。

良かった要素

設定

再転生へのコメント (No: 3)

投稿者 家節アヲイ(もふ) : 0 No: 1の返信

投稿日時:

あすくさんへ

プロット拝見いたしました。
うっぴーさんがかなり詳細に改定案を書いてくださっているので、私はキャラの性格などを変えない場合の提案をさせていただこうと思います。

『超魔王が死に際に召喚した究極大魔王に違いない』
ここから、誤解によって厄介なことに巻き込まれる。うっぴーさんもおっしゃっていましたが、この設定は面白いと思います。
そして、ヒロインが設定案を見る限り『脳筋』っぽいので、ここは一つヒロインをもっと派手に暴れさせて、その対処にいやいやながらも奔走する羽目になる、なんて物語にしてみてはいかがでしょうか。
参考文献に『このすば』があるので、読まれたものだと仮定させて頂きますが、あの作品の面白い所は異世界転生アンチな各種設定だけでなく、次々に面倒事を呼び込んでくるヒロインにもあると思うのです。
なので、超魔王の復活というのはなしにして、究極大魔王として恐れられるハメになった主人公が誤解を解くために奔走するけど、ヒロインが邪魔するせいでことごとく失敗するといったテイストの物語にしてみてはいかがでしょうか。
『戦いに疲れたから、命を捨ててまで異世界に転生する』ほど、戦いを嫌っている主人公なら、そっちの方が良い気がするのです。

あと、初めの方になりますが、
”神は『勇者に加勢して欲しい』という名目で主人公を異世界に引っ張ってきたのに、既に最終決戦に決着がついていた。”
というのは、ちょっとどうなのかなと思いました。それなら転移させる必要なかったやん、と。ドジっ子神様という設定ありきにしても、話の導入にするには少し残念過ぎるのでは、と感じました。

長所。良かった点

キャラがしっかり掘り下げられているのが素晴らしいと思います。
ちゃんと経歴も考えられていて、リアリティを感じました。

良かった要素

キャラクター 設定

魔王をやめたはずの僕が、超魔王に間違われて追いかけられてます (No: 4)

投稿者 白猫 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

こんにちわ。
他の方がすでにお話していることの重複となってしまうかもしれませんが…
主人公がどんどん何かに巻き込まれたり、誤解が膨らんでいく型の映画を見たことがあるのですが、その映画だと、はじめは、本当にささやかな主人公の欲を叶えようと、ちょっと悪いことをしたら、どんどん事件が起こるというふうになってます。
このお話も、主人公の目的があると、面白かったんじゃないかと感じました。
なろうに寄った感想ではなく、自分の好みとなりますが。
コメディ調に物語が動いていて、面白かったです。
短いですが、以上になります。

タイトル案

魔王をやめたはずの僕が、超魔王に間違われて追いかけられてます

良かった要素

ストーリー 設定

転生魔王の再転生~俺の平穏を返してくれ~の返信 (No: 5)

投稿者 t : 0 No: 1の返信

投稿日時:

こんばんは高い筆力を感じさせるプロットで、『超魔王が死に際に召喚した究極大魔王に違いない』まではとても魅力的になっています。残念なのはそこから先は展開を追うのではなく、キャラをどうやって物語に取り入れれば面白くなるかにもっと目を向けてみましょう。

長所。良かった点

実力があります。

良かった要素

ストーリー 文章 オリジナリティ

転生魔王の再転生~俺の平穏を返してくれ~の返信 (No: 6)

投稿者 ワルプルギス : 0 No: 1の返信

投稿日時:

こんばんは。プロット読ませていただきました。
ぱっと目に付いたのは「究極大魔王と誤解された」設定なんですが、残念ながらあまり生きていない。
究極大魔王が残っているのに、復活した超魔王を倒したぐらいで勇者が満足するわけがないじゃないですか。
そして、主人公は「平穏な生活が欲しい」と言う割には、物語中でそれに向けた行動が無く、状況に流されて事態に深く関わっている。
語られている動機と行動が一致しないのでうっぴーさんの言うとおり「主人公が何をしたいのか、わかりません」

主人公の身になって考えてみますと、平穏に過ごしたいからってわざわざ殺されてまで現実世界に転生したぐらいの人物です。
弱みをタネに、元の世界に連れ戻されて超魔王討伐に協力はしましたが、終わったならさっさと平穏が待つ現実世界のほうに帰りたいと考えるのではないでしょうか。
しかしここで帰ると話は終わってしまうので、帰れない状況にするか、まだ帰れないと思う動機を与える必要がある。

異世界移動というジャンルとしては帰れない状況の方が王道パターン。
しかし、今回の場合は神に直接乞われて来ているわけで、無駄に呼んだ上に帰すこともできないとなると神の株はガタ落ちです。
登場人物紹介を読んでいると、それでもいい気はしますが、残る動機の方を考えて見ます。

平穏という軸は残した方がいい、というか残さない場合一から考え直しになるので要素を追加します。
最終的に超魔王に敵対することも考えると、魔族に対する義務感が素直かと。
つまり、主人公は「元部下である魔族の皆にも平穏に過ごして欲しい」と願っている。
最初に「勇者に倒されて異世界に転生」という手段を選んだのも、部下たちの命を考えての決断。自分だけ平穏に生きるなら魔王の座を放り出して逃走でも良かったわけですから。
そして、こうすると究極大魔王に間違われているのが問題になります。
神の力で現実世界に戻れば、主人公自身は平穏な生活に戻れるでしょう。
しかし、勇者たちはしばらく存在しない究極大魔王を倒すための冒険の旅を続けることになります。
その冒険の中で倒されるのは魔族たち。これではダメです。
つまり、主人公はもう一度、今度は究極大魔王として勇者に倒される必要がある。
そうすれば、勇者たちは満足して旅を終わりにし、魔族たちはこっそりしたたかに生き延び、主人公は現実世界で心置きなく平穏な生活をむさぼれる。
よし、頑張って勇者に倒されるぞ。

なろう系とか無双とかとは大きく離れてしまった感があるので、この辺で自重しておきます。
素直になろう系するなら、うっぴーさんの言うように、いつの間にか回りに盛り立てられてる方が面白そうです。
いずれにせよ、主役級のキャラの立場で物語を眺めなおすのはやった方がよろしいかと。

長所。良かった点

「究極大魔王と誤解された」点

良かった要素

設定

転生魔王の再転生~俺の平穏を返してくれ~の返信 (No: 7)

投稿者 ふじたにかなめ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

平穏に暮らしたい主人公だけど、周囲の騒動に巻き込まれて、そうはいかないドタバタコメディとして、流れはとても良かったと思います。
爆弾というピンチによって、上手く山場も作られていたと思います。

うーん、これに何か指摘するのは、難しいですね(;^ω^)
あらすじだけでは分からなかったかもしれませんが、
平穏ラブ!の主人公以外のキャラクターに、もっと印象に残るような個性的な人がいたら個人的に嬉しいかな?と思いました(あくまで私の好みです)。

全然参考にならなくてごめんなさい。
ではでは、失礼しました。

長所。良かった点

平穏ラブ!という分かりやすい主人公に共感しやすいと思います。
色々と誤解されて騒動が起こっている話も良かったです。

良かった要素

ストーリー

転生魔王の再転生~俺の平穏を返してくれ~の返信 (No: 8)

投稿者 ドラコン : 0 No: 1の返信

投稿日時:

 ドラコンと申します。プロットを拝見しましたので私見を申し上げます。

 だいたいイメージはできますが、どんな国なのか、どんな魔法があるのか、といった舞台設定ももう少し練られても良いかと存じます。

 また、うっぴーさんおっしゃっている、前前世で「部下があまりに無能だった」との設定はおいしいですね。主人公が戦いに嫌気がさした動機の一つになるかと存じます。
 

長所。良かった点

 魔王のくせに、「戦いが嫌」との設定に吹き出しました。魔王は戦いを望む存在であるはずなのに、その正反対な設定が良いですよ。

良かった要素

設定

この小説に意見を書く!

他の批評依頼

王国を救ったのは、元悪役令嬢でした。

投稿者 月永みつか 返信数 : 2

投稿日時:

初めまして、月永みつかと言います。 小説をサイトに投稿してみたいと思い、初心者なりに設定等を考えているのですが、気になる点が幾つか... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

二年前に死んだ幼馴染と三途の川を渡る話。

投稿者 とのこ 返信数 : 1

投稿日時:

3日くらい前に思いついたやつ。 ひまりのセーラー服のスカーフの鮮やかな真紅が、彼女のいない2年間の長さを表しているーーーみたい... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

夜野燈は怪人である(短編用)

投稿者 蛇鷲 返信数 : 12

投稿日時:

まず短編から挑戦した方がいいとご指導いただいたので。 悩んでいる点は大きく三つ 1)変身するか否か 長編予定のアイデアからキャ... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:転生魔王の再転生~俺の平穏を返してくれ~ 投稿者: あすく

キャッチコピーの通り、主人公が異世界で無双するにあたって、『元はその異世界の魔王(先代)』というバックボーンを持たせました。でもすっかり毒は抜けており、昔の仲間や部下や勇者には腑抜けと言われつつ、不運に見舞われてもめげずにぶれずに目標へ向かってまっしぐら、という展開を目指しました。

コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ