小説のプロット相談掲示板

ファンタジア・レコード 第一章(仮) ver1.1

スレ主 明日田錬武 投稿日時:

目的:趣味で書く

要望:欠点の指摘歓迎!

カテゴリー:ラノベ(中高生向け)

あらすじ

 遠未来、幻想と科学が共存する惑星「エデン」は戦争の真っ最中だった。
 世界を統治する「ヤルタ連邦」と反政府勢力「アヴァランチ」による戦争だ。
 戦闘には科学の象徴たる人型機動兵器「VS」と、幻想の象徴たる「魔法」が投入され、それらは戦乱を長引かせる一因となる。
 開戦より十年の月日が経とうとしていた。
 主人公のブレンは第三勢力「中立傭兵連合」に属する組織、傭兵団「オルフェンズ」の傭兵である。
 オルフェンズには「エクスソルジャー」と呼ばれる強力な兵士がおり、ブレンもその一人だった。
 ある日、オルフェンズはその実力を見込んだとある人物から極秘の依頼を打診される。
 その人物の名はエミール・フェリス。ヤルタ連邦の高官だった。
 依頼内容は連邦の施設から脱走した強力な新型VS(仮称X)を回収してほしいというものだ。
 オルフェンズの団長アルザールはこれを辞退する。
 理由は中立傭兵連合に属する組織は両勢力に組入ってはいけないというルール的な面もあったが、何よりも怪しい依頼を受けて団員を危険にさらすわけにはいかない為であった。
 数日後、事件は起こる。
 依頼から帰還中のチームがXに襲撃され、半数が死傷する大惨事となったのだ。
 団員達からは報復を求める声が挙がったが、アルザールはこれ以上の被害を出すわけにはいかないとこれを却下。アルザールと団員は対立する。
 その後、副団長始め幹部らの説得によりアルザールが覚悟を決めたことでオルフェンズは再び団結、打倒Xに向けて動き出す。
 エミールに依頼受注の意を伝えた後、オルフェンズが行ったことは情報収集だった。
 そして他のXによる襲撃を受けた傭兵団や街などの証言を元に片っ端から討伐隊を送り込む作戦を行った。
 何回目かの遠征を経たある時、ついにオルフェンズは目標のXを発見し戦闘に入る。
 Xの戦闘力は凄まじく、討伐隊は次々と倒されてゆく。
 しかしオルフェンズの執念はこの状況を押し返し、Xを徐々に追い詰めていく。
 あと一歩で撃破できる。止めを刺そうとしたその時、連邦軍部隊が現れ戦闘に乱入してきた。
 討伐隊は撤退を余儀なくされ、Xは乱入してきた連邦軍部隊を突破して逃げ出し、見失ってしまった。
 アルザールは連邦軍乱入の件をエミールに問いただす。
 そしてエミールから連邦軍乱入の理由、ヤルタ連邦内の権力争い、この依頼の真の目的、そしてオルフェンズ内に内通者がいる事を知らされた。
 内通者を特定しなければ、この先再びXを発見してもその度に妨害を受けることになる。そこでアルザールはある作戦を考えた。
 それは五人いるエクスソルジャーそれぞれを隊長として五つの討伐隊を編成し、特定のルートに沿って独自の探索をさせる、というものだった。
 各隊にはXとの戦闘データから逆算した最低限戦える戦力を与え、会敵した際には他の隊を合流させることでこれを仕留める。そして、その間に本部では内通者を探しだすという二つのことを同時に進める仕組みだ。
 各隊は順調に進行し、本部での内通者探しも大詰めを迎えようとしていた。
 その時、ブレン率いる討伐隊がXを発見する。
 すぐさま他の隊に応援要請がかかるも、運悪くすべての隊が各々のアクシデントに見回れ合流できない。
 やむを得ず討伐隊は単独でXへと戦闘を仕掛けた。
 移動しながら戦闘する一団はやがて近くにあった街に侵入し、市街戦を繰り広げる。
 戦闘に一切の躊躇を持たないXと市民を配慮しながら戦わなければいけない討伐隊。
 圧倒的不利な状況に置かれたにも関わらず討伐隊は善戦を続け、ブレンとXの一騎討ちを経て遂にXを撃破する。
 Xを回収したブレン達討伐隊の帰還後、本部では特定された内通者の処刑が団員達の前で行われた。

キャラクター

主人公 ブレン・アスター
 本作の主人公。戦争初期に戦闘に巻き込まれ家族を失った戦争孤児。その後オルフェンズに保護されて傭兵となる。
 オルフェンズに五人いるエクスソルジャーの一人。近接戦闘に特化した強化を施されている。

アルザール・ガモフ
 傭兵団オルフェンズを率いる団長。元ヤルタ連邦軍特殊部隊候補生で元孤児。
 とある理由で部隊を離反した後、現副団長の義平・ウォーレンと共に孤児保護団体オルフェンズを立ち上げる。

エミール・フェリス
 ヤルタ連邦大佐。ヤルタ連邦主国アインテクスの隣国ニブルテクスの次期当主。
 十年にも及ぶ意味のない戦争を続ける他の高官に嫌悪感を持ち、クーデターを画策する。

X
 ヤルタ連邦VS設計局が開発途中の実験機。機体構材に自己修復機能を搭載している他、搭乗パイロットとVS本体を融合する新型インターフェースシステムを持つ。
 自己修復機能、新型インターフェースシステム共に完成度40%に到達した頃、突如暴走を起こし施設から逃走した。

設定(世界観)

VS
 五メートル級の人型兵器。人類が惑星エデンに入植する以前から使われている。
 様々な種類が存在する。

魔法
 生物の特定細胞によって発生する量子レベルの現象。
 五十年前の魔法使い来訪事件で一番最初に確認された幻想的現象である。

エクスソルジャー
 とあるウイルスを利用して心身を強化した特殊兵士。
 その能力は科学的、幻想的に脅威のレベルである。

ヤルタ連邦
 三百年前の戦乱終結時に建国された連邦国家にして統一国家。
 十年前、アヴァランチの決起に応じた南部の国々が離脱した。

アヴァランチ
 三百年前の戦乱によって生まれた特殊人種「アストレイ」によって結成された反政府勢力。
 十年前、長くにわたって迫害を受けてきたアストレイ達の総意を示すためヤルタ連邦に戦線布告をした。

参考作品

機動戦士ガンダムシリーズ、東方projectシリーズ、ブラック・ブレッド、エクストルーパーズ など

作者コメント

 こんちには、明日田錬武と申します。
 先日(といっても何ヵ月も前に)投稿させていただいたファンタジア・レコード 第一章(仮)のver1.1になります。
 ひとまず前verで書けなかった部分を書き加えた形ですが、正直自分でもあまり完成度は高くないと感じています。
 あらすじの形にするにあたりいくつかの削られている要素(ライバルに関すること、他の傭兵団との関わりなど)も多くあります。

 次のver1.2を書くに向けて必要な要素などや意見などをお願いいたします。

スレッド: ファンタジア・レコード 第一章(仮) ver1.1

返信する!
コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「ファンタジア・レコード 第一章(仮) ver1.1」の返信一覧

他の相談依頼

▼おすすめ小説!

ある大学生の生態 メイドカフェ編

投稿者 ラ研の無惨 返信数 : 13

投稿日時:

鍛錬投稿室に掲載した作品の続編です。 私にしては感動できるプロットを書けたような気がしますが、不安なところや相談したいところもあり... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

▼おすすめ小説!

夜野燈は怪人である

投稿者 蛇鷲 返信数 : 9

投稿日時:

改訂ついでにタイトル変えました(没タイトル:怪奇鬼火ボタル(時々女装))。 今度は物語の大トリまで示しました。状況描写を減らし、要... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

5人の透明人間

投稿者 タンボ 返信数 : 7

投稿日時:

まだ、話は固まってはいませんが、よろしくお願いします。一緒にかいてください。 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ