リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

あなたの、本当に、欲しいもの。第2話 全5話で完結

楽しまなくちゃ、ね

作者 迷える狼 得点 : 2 投稿日時:


「ツンデレの方でお願いします」
 僕はそう答えた。
「ほう……」
 女神は、それを聞くと唇の端を少しだけ吊り上げて、愉快そうに微笑んだ。
「無論、それは叶えてやるが、あえて問おう。少年よ、なぜそちらを選んだ?」
 女神にそう尋ねられて、僕は答えた。
「ツンデレの方が、『面白そうだから』です」
「面白い?」
 女神が僕に聞き返す。
「はい。無条件で常に好意を寄せてくれる子よりも、そちらの方が面白いと思ったので」
 僕がそう答えると、
「なる程、な……」
 女神はそう言った。
「確かに、全てが思い通りに行くのは、逆につまらないだろう。人生も恋愛も、困難があるから面白いのだ。駆け引きがあるから、退屈しない。あい解った。お前のその願い、叶えてやろう。だが、後悔するでないぞ?」
 そう言うと、女神の姿が突如眩しい光に包まれた。
「うわっ」
 僕は思わず、顔の前で両手の平を女神の方に向けて、光から顔を背けた。

「もう平気であるぞ」
 そう声がするので、僕は手を下ろすと前を見た。するとそこには、青い髪の毛を頭の後ろで左右に分けた、美しい少女が立っていた。
 身長は、僕より微妙に低い。目は少し目尻が吊り上がっていて、気の強そうな顔をしている。
「あれ?女神様は……?」
 僕がつぶやくと、
「何言ってんの。あんたの前に立ってるでしょ」
 両手を腰に当てると、「馬鹿じゃないの?」という顔をして、その少女が言った。
「もしかして……女神様?」
 僕が聞くと、
「決まってるでしょ、他に誰が居るって言うのよ?」
「でも、その姿とその喋り方は……?」
「あんたの希望通りにしただけよ!何よ、文句ある訳?」
 ジト目でそう言われた。
「い、いえ、ありません!」
 思わず上ずった声で、首を左右にぶんぶん振りながら、僕はそう言った。
「あたしはね、恋の女神でもあるのよ。まだ、本当の恋を知らないあんたに、恋を教えてあげるのが、あたしの仕事でもある訳。解ったら、さっさとあたしに惚れなさいよね!」
 ビシっと人差し指を向けながら、少女の姿をした女神が言った。
「は、はあ……」
 僕は、どことなく気の抜けた返事をした。外見だけで言うなら、確かに文句無しの美少女だ。しかし、正体が解っている相手に本気で惚れる事が出来るだろうか。仮にも相手は女神なんだし……。
「それと、もう1つ。今のあたしに対して、敬語は無用だから」
 女神様はそう言うと、
「はい、解ったらあたしの名前を呼んでみて」
 言われて僕は、
「イ、イスチヨ……」
 と、おっかなびっくりで言った。
「あんた、馬鹿じゃないの?自分の彼女に、そんなにびびって話しかけてどうすんのよ!」
 イスチヨは、あきれながら言った。
「……まあ、いいわ」
 彼女が、(やれやれ……)といった表情をした。
「それじゃ、次はあたしね」
「う、うん……」
 僕が頷くと、
「それじゃ、あんたの名前を教えなさい」
 イスチヨはそう言った。
「あ、うん。そうだね……」
 僕はそう言うと、自分の名前を彼女に告げた。
この物語の目次へ

作者コメント

一応ですが、自分もなろう作家です。投稿作品は、今のところは内緒という事でw
HNも違いますので、あしからず。

追加設定(キャラクターなど)

主人公(名前未定。次の方、お願いします←丸投げ)
少女=イスチヨが姿をかえた存在。青い髪のツインテールで、ツリ目。体型はスレンダーだが、出るところはしっかりと出ている。元が女神だけに、かなりの美少女。服装は、袋状のノースリーブのロングワンピース(てるてる坊主をイメージしてみて下さい)。

他の小説の第1話

Megaptera stratosfera

作者 三文山而 総得点 : 5

投稿日時:

その世界は、空の上に“歌”が流れていた。
その歌は、雪よりも静かにゆっくりと、それでも確実に地上まで降りてきた。
地上では、運が良ければ“それ”が歌いながら空の向こうを漂うように飛ぶのが見えた。
“それ”を兵士たちが見つけてしま... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,076 投稿数 : 3 全話数 : 4話完結

待ち望んでいたモテ期がきたんだがくるの遅くね?

作者 犬神 菱 総得点 : 1

投稿日時:

俺は輝牙春希(きが はるき)普通の高校生だ。
だが今は違う、そう来たんだ。
やっと、この時が来た。待ち望んでいたんだ!俺の人生の中でおそらく大事なイベント10に入るくらいに。
その名は、モテ期。
だけど、気のせいだろう... 続きを読む >>

文字数 : 1,541 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

暖冬傾向の春休み

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「また?休み?」掃除機に身を委ねていた猫がむくりと起き上がる。
「毎年冬休みの次は春休みじゃないか」この流れだと俺、猫と話しているみたいだな。
母さんなんだけど。猫って掃除機に吸われるの好きだよね。悦楽している。
「だって毎日ご... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 339 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

あなたの、本当に、欲しいもの。の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ