リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ボクの転生物語第2話 全4話で完結

ボクの転生物語の第2話

作者 花太郎 得点 : 1 投稿日時:


 気がつくと、そこは見慣れぬ街だった。
「あ、そうそう言い忘れてたけど」
 不意に声が聞こえる。女神ルミナスだ。突如、僕を手違いで殺してくれた悪魔のような女神だ。
「どっから声かけてるんですか? というか、ここはどこなんですか?」
 イライラしながら僕がそう尋ねると、ルミナスは僕のことを小馬鹿にしたように鼻で笑いながら僕の質問を一切無視して言った。
「まぁまぁ、落ち着いて。君にどうしても伝えなくてはならないというか、伝え忘れていたことがあるのよ」
「は?」
「君に、あらゆる者(生物、非生物を問わず)が無条件に惚れる呪いをかけたから」
「は......ハァ!?」
 これは喜んでいいのか、文句を言うべきなのか。今まで生きてきて異性に惚れられたことなんて一度もない。いわゆるモテ期というものを僕は経験したことが無かったのだ。しかし、ルミナスの言っていた『あらゆる者』という部分が気になる。呪いという響きに、嫌な予感が止まらない。
「あと、告白されたら即死する呪いもかけたから」
「な、なにやってんだアンタァ!」
 やはり、嫌な予感は的中した。何が目的でこんなことをするのか、僕には全くわからないが、彼女が人でなしだということはハッキリと分かった。
「だって、普通に生き返ったらつまんないじゃん」
「僕はあんたの手違いで殺された挙句、あんなの都合でこんな呪いを受けることになっっているんだぞ! つまんないってなんだよ! 僕をなんだと思っているんだ!」
「ただの人間」
「ぐっ......!?」
 僕がいくら文句を言っても、姿の見えない女神には何も響かず、ましてや僕はただの人間。英雄であれば別かもしれないが、ただの人が神相手に何ができるというのか。何もできない。ただ、この理不尽を受け入れることしかできないのだ。
「それじゃ、頑張ってね!」
「あ、おい待て! 女神ルミナス! ルミナスさん? ルミナス様ぁぁぁ!」
 このあと、僕がどれだけ叫んでも女神が再び現れることは無かった。
「ど、どうすれば......いや、悩んでも仕方がない。前に進もう」
 意を決して僕は異世界の町の中を進む。この先何が僕に待ち受けるのか、それは全くもって想像できない。しかし、僕にはある決意があった。あの女神ルミナスをギャフンと言わせてやる。絶対にこの世界で生き残ってやる! そう心に誓ったのだ。
「あの、すいません」
 猫耳の小柄な少女が僕に話しかけてきた。やはり、現実とはいえ、未だに実感のわかない感覚だ。ここは本当に異世界なんだなと、痛感した。
 とはいえ、僕に話しかけて切ったこの女の子は、青い澄んだ大きな瞳で僕を見つめ、頬を少し赤らめながら何かを言いたそうにしている。
 まさか......な。
「私と付き合ってください!」
「グハァ!?」
 突如、僕は口から噴水のように血を吐いた。そして、血を吐いた勢いで僕は背中から仰向けに倒れた。僕は死んだ。
「は!?」
 気がつくと、そこは見慣れた光景。というか、さっきまで僕がいたスタート地点に戻っているではないか。何が起きたんだ? まさか、僕はさっき本当に死んだのか? そしてリスポーンして最初に僕がいた、この場所に戻ってきてしまったのか?
 無限ループ......しているのか?
 自分の顔がみるみる青ざめていくのが分かった。僕は告白されると死んで、また何もかも最初からやり直す羽目になる。これが、女神ルミナスが僕にかけた呪い。
「負けられるかよ......あの性悪女神なんかに負けてたまるかよ! 僕は必ずこの地獄を乗り越えてみせる。そして、生き返って元の世界で平和に暮らすんだ!」
 僕の孤独な戦いが、今幕をあける。
この物語の目次へ

作者コメント

転生ものって、話を考えるの難しいですよね......

追加設定(キャラクターなど)

ボク:どんより系女神様の手違いで死んじゃったけど、蘇生させてもらえることになった。年齢、性別は不詳。
女神様:一応、女神様。どんより系美人。納豆好きは譲れない嗜好。ルミナスと呼ばせてる。不滅永剣・地殻断壊はレンタル品。八代将軍とか好きみたい。
敵:どんより系女神様にぶっ飛ばされた敵さん。詳細は未定。
小柄な猫耳の少女:いきなりボクに告白してきた。

他の小説の第1話

わちゃわちゃお泊まり会

作者 ミナト川 総得点 : 0

投稿日時:

 とても気持ちのいい晴れた朝。
 一匹のウサギが、机つくえに向かってハガキをせっせと書いています。
 しかし、次の瞬間しゅんかん、書く手が止まりました。

 「う〜ん…… これでいいのかなぁ……」

 難(むずか)... 続きを読む >>

文字数 : 882 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)

作者 ロミオ 総得点 : 2

投稿日時:

高三の時,僕はクラスのA子さんと仲良くなった。
僕とA子さんはよく一緒に帰った。
A子さんは僕にとって生まれて初めて出来たガールフレンドだった。

四月の下旬の風が涼しい夕方学校が終わって僕はA子さんと一緒に帰っていた。
帰... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,072 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

ヒトリカクレンボ

作者 むらさき763 総得点 : 1

投稿日時:

カンタ「一人かくれんぼって知ってるか?」
カンタは俺の小学校からの親友で高校も同じところに入った
俺「いきなりなんだよ?」
カンタ「俺さ、この間 図書室でそういう本見たんだよ、で俺んち今日親いないんだよね」
カンタはオカルトや... 続きを読む >>

文字数 : 754 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ボクの転生物語の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ