リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

314の死と再生第2話 全10話で完結

告白開始

作者 家節アヲイ 得点 : 0 投稿日時:


___2015/3/14/AM11:25

 春休みということもあってか、普段はカップルで賑わっている学校の屋上も今はひっそりと静まり返っていた。
そんな状況とは裏腹に、俺の心臓はうるさいくらいに脈打っている。
そろそろ待ち合わせの11:30。真面目で几帳面な芙蓉寺さんなら時間に遅れることはまずないと思った方が良いだろう。

間もなく、屋上に繋がる唯一の鉄扉がギィと開く。
姿を現したのは、想像通りの待ち人だった。

「あら、おはよう田中田くん。もう来ていたのね」
「おはよう芙蓉寺さん、春休み中だっていうのに呼び出してごめん」
「別に構わないわ、私も田中田くんに用事があったの」

 屋上に吹く春風が、芙蓉寺さんの黒曜石のように煌めく髪をさらう。強めに吹いた風になびく髪をおさえながらにこりとほほ笑む芙蓉寺さんの顔を見ると、心臓が、血管が、熱くなる。

「それで、大事な話って何?」
「あのさ……」

 言うことは決めてきた。あとはこの考えを、目の前の彼女に告白するだけ。
決戦の時だ。

「……クラスの男子がおかしくなった原因、芙蓉寺さんが原因だよね?」
「……。急にどうしたのかしら? 話がつかめないのだけれど」
「とぼけないでよ。一ヶ月前、バレンタインの日から、クラスの男子の様子がおかしくなったでしょ」

 一か月前のバレンタインの日を境に、クラスメイトから感情……人間味のようなものが希薄になった。
それに加え、授業中どころか休み時間に至るまで一心不乱に勉強を続けていた。
俺が仲の良かったクラスメイトに話しかけても、
「今勉強で忙しいから」
の一点張りで、各々が一切誰とも交流をしようとしない。
この一ヶ月、そんな勉強マシーンと化したクラスメイトと同じ教室にいて、気が狂いそうになった。

「確かに急にみんな勉強に熱心になったけれど、受験も近いことだし、焦ってるんじゃないかしら」
「それだけで、野球部キャプテンが! 女子バレー部のエースが!
部活を放り出して放課後にまで勉強するわけないじゃないか!」

勉強マシーンになっていたのは何も時間割の合間だけではなかった。
放課後、部活動の時間になっても椅子に張り付いてしまったかのように、席を立つことなく勉強を続けていた。

異常以外の、何物でもなかった。

「……まあ、確かにクラスメイトのみんなの様子が少しおかしいかなとは思っていたけれど……どうして私のせいだと言うの?」
「チョコレート」
「え?」
「芙蓉寺さん、バレンタインの日、クラスみんなにチョコを渡したよね。俺はあれが原因だと思ってる」
「チョコが原因? でも、クラスのみんなにチョコをあげた子は私以外にもいるし、勉強ばっかりじゃない子も他にいるじゃない」
「ああ、それはね……」

一ヶ月間の情報収集の成果、秘めた情報の告白の時だ。
この物語の目次へ

作者コメント

なろうの方に同P.N.でアカウントを持っています。気が向いたらおいで下さい。

追加設定(キャラクターなど)

クラスの現状(2015/3/14時点)
・クラスの『大部分』が勉強マシーン

こんな感じです。

他の小説の第1話

クールなキミは私だけに甘えたがり

作者 ひよこ 総得点 : 4

投稿日時:

今日もキミは、、、教室の人気者。
いつもクールで長い前髪の奥から覗く青い切れ目はクラスの女子を虜にする。
サラサラとした黒髮に深く澄んだ青色の眼光。
性格もクールで、、、基本誰とも会話もしない、、。
なのに、、、なのに、、、、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 925 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

ヒトリカクレンボ

作者 むらさき763 総得点 : 1

投稿日時:

カンタ「一人かくれんぼって知ってるか?」
カンタは俺の小学校からの親友で高校も同じところに入った
俺「いきなりなんだよ?」
カンタ「俺さ、この間 図書室でそういう本見たんだよ、で俺んち今日親いないんだよね」
カンタはオカルトや... 続きを読む >>

文字数 : 754 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

お前は「どこへ」いく。

作者 Yu 総得点 : 0

投稿日時:

信号が青に切り替わる。
横断歩道をすたすたと歩く青年がもう一人のぼろぼろな服を着た青年の方を見て言った。
『なぁお前はさ、将来どうするん?』
そう告げると。聞かれる事を見透かしていたかのように
『知らん。とりあえず卒業するわ。... 続きを読む >>

文字数 : 1,311 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

314の死と再生の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ