リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ヒトリカクレンボ

作者 むらさき763 得点 : 1 投稿日時:


カンタ「一人かくれんぼって知ってるか?」
カンタは俺の小学校からの親友で高校も同じところに入った
俺「いきなりなんだよ?」
カンタ「俺さ、この間 図書室でそういう本見たんだよ、で俺んち今日親いないんだよね」
カンタはオカルトやホラー大好きだが俺は苦手。でも、バレるのは恥ずかしいから肝試しとかは休んできた
俺「まさか...一人かくれんぼする気なのかよ!?」
カンタ「だからさ、今日一緒にやらない確か今日お前の親もいないだろ?二人でも出来るから」
やってしまった...肝試しの時言い訳に使ったのが仇となった
ユウキ「おっ何話してんの〜」
俺「イヤなんでもない」
そう言おうとしたら先に
カンタ「一人かくれんぼやろうって話し」
ユウキに怖がりを知られたら学校のみんなに知られてしまう
ユウキ「おっいいね〜俺も行くぜ」
俺「(ハァーこれはもう行かないといけないなぁ」
午前0時カンタの家に行った
ピンポーン
俺「カンターーきたぞ早く開けろよ」
ん?ドアが開いている!?
俺「カンター入るぞー...」
‼︎‼︎カンタが床に倒れていた
俺「おい!カンタ!大丈夫か?」
肩に何者かの手が当たった
俺「ウワーーーワーーーーアーーー‼︎‼︎」
ユウキ「っるせぇよ!ビビりすぎだろ」
カンタ「ブッ、ククっ」
カンタは必死に笑いをこらえている
カンタとユウキ「そんなんで一人かくれんぼできんのか?」
ハァ見事に騙されたな
俺「もう早く始めろよ!一人かくれんぼ!」
恥ずかしさで強めに催促した
ユウキ「やり方は知ってんのか?」
カンタ「おう!最大レベルでやるぞー!」
俺「えっ。最初はそんなに高くしないほうが」
ユウキ「おーーやっるぞー」
...不安だ

追加設定(キャラクターなど)

主人公(ユウキ)この小説では俺 友達(コウキ)(カンタ)

他の小説の第1話

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)

作者 ロミオ 総得点 : 2

投稿日時:

高三の時,僕はクラスのA子さんと仲良くなった。
僕とA子さんはよく一緒に帰った。
A子さんは僕にとって生まれて初めて出来たガールフレンドだった。

四月の下旬の風が涼しい夕方学校が終わって僕はA子さんと一緒に帰っていた。
帰... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,072 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

~東方二次創作~吸血鬼と人間の夏

作者 曙改2 総得点 : 1

投稿日時:

~プロローグ~

8月の上旬、あれは暑い暑いある日の事、俺は学校終わりにアイスを買って家に帰っていた。
学校終わりにアイスを買うのは日常になっている、家について椅子に腰掛けて特に今までとかわりない生活だった、
そう、このあと、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 956 投稿数 : 6 全話数 : 10話完結

お前は「どこへ」いく。

作者 Yu 総得点 : 0

投稿日時:

信号が青に切り替わる。
横断歩道をすたすたと歩く青年がもう一人のぼろぼろな服を着た青年の方を見て言った。
『なぁお前はさ、将来どうするん?』
そう告げると。聞かれる事を見透かしていたかのように
『知らん。とりあえず卒業するわ。... 続きを読む >>

文字数 : 1,311 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ヒトリカクレンボの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ