リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ヒトリカクレンボ

作者 むらさき763 得点 : 1 投稿日時:


カンタ「一人かくれんぼって知ってるか?」
カンタは俺の小学校からの親友で高校も同じところに入った
俺「いきなりなんだよ?」
カンタ「俺さ、この間 図書室でそういう本見たんだよ、で俺んち今日親いないんだよね」
カンタはオカルトやホラー大好きだが俺は苦手。でも、バレるのは恥ずかしいから肝試しとかは休んできた
俺「まさか...一人かくれんぼする気なのかよ!?」
カンタ「だからさ、今日一緒にやらない確か今日お前の親もいないだろ?二人でも出来るから」
やってしまった...肝試しの時言い訳に使ったのが仇となった
ユウキ「おっ何話してんの〜」
俺「イヤなんでもない」
そう言おうとしたら先に
カンタ「一人かくれんぼやろうって話し」
ユウキに怖がりを知られたら学校のみんなに知られてしまう
ユウキ「おっいいね〜俺も行くぜ」
俺「(ハァーこれはもう行かないといけないなぁ」
午前0時カンタの家に行った
ピンポーン
俺「カンターーきたぞ早く開けろよ」
ん?ドアが開いている!?
俺「カンター入るぞー...」
‼︎‼︎カンタが床に倒れていた
俺「おい!カンタ!大丈夫か?」
肩に何者かの手が当たった
俺「ウワーーーワーーーーアーーー‼︎‼︎」
ユウキ「っるせぇよ!ビビりすぎだろ」
カンタ「ブッ、ククっ」
カンタは必死に笑いをこらえている
カンタとユウキ「そんなんで一人かくれんぼできんのか?」
ハァ見事に騙されたな
俺「もう早く始めろよ!一人かくれんぼ!」
恥ずかしさで強めに催促した
ユウキ「やり方は知ってんのか?」
カンタ「おう!最大レベルでやるぞー!」
俺「えっ。最初はそんなに高くしないほうが」
ユウキ「おーーやっるぞー」
...不安だ

追加設定(キャラクターなど)

主人公(ユウキ)この小説では俺 友達(コウキ)(カンタ)

他の小説の第1話

Sonata

作者 木倉かなこ 総得点 : 0

投稿日時:

 【不幸】という言葉は何もない日常に、突然降って湧いてくる物である。
それは今までの日常をあっさりひっくり返す出来事でもある。
 そのど真ん中に立った時、とんでもない力と、ありえない事が生まれる事がある。
それが【不幸】なのか【... 続きを読む >>

文字数 : 2,141 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

満月の夜、お前は俺を襲う

作者 エスビー 総得点 : 1

投稿日時:

 ちび共が待つ自宅への帰路を急ぐ途中。立ち止まったこうたは、ふと夜空を仰いだ。
 秋の夜長によく似合う、大きくまん丸い月。今まで見てきた月の中でダントツのサイズを誇るであろうそれは、普段風情など欠片も意識しないこうたですら、思わず見... 続きを読む >>

文字数 : 1,423 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

不思議な雪

作者 ミチル 総得点 : 6

投稿日時:

 マミは学校から帰る途中に、不思議な景色に出会いました。
 雲がないのに、雪が降っているのです。青空に舞う雪は、お日さまの光でキラキラ光っていました。少しずつ、アスファルトが白く彩られていきます。
 マミにとって夢のようでした。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 0 投稿数 : 5 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ヒトリカクレンボの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ