リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

314の死と再生第3話 全10話で完結

314の死と再生の第3話

作者 かえで 得点 : 0 投稿日時:


「僕がイジられてたのは……知ってるよね?」

芙蓉寺さんがチッと舌打ちする。

「あの猿共には我慢ならないわ……神聖な学舎でギャアギャアビイビイ……」

そう。そこだ。勉強オバケになったしまったのは、主に僕を苛めてたグループ。勉強などより遊びやスポーツに打ち込んでた人達。

「彼らに渡したチョコだけ……別のものだった」

僕は貰ったチョコレートの包み紙と、今や勉強オバケになった彼らが受け取ったチョコレートの包み紙を出した。
僕らのは緑、彼らの赤だ。

「僕のは、案の定盗られて食べられた。で、包み紙だけ"棄てとけよ"って押し付けられたんだ」

「なっ! そんな! 酷い!」

芙蓉寺さんが口元を抑え、数歩後ろに下がる。

「こんなの序の口だよ。一度トイレに入ってた時水を上から……」

「じゃぁ私のチョコ食べてくれなかったの!?」

あー……そっちか。うん、まぁそうなる。

「ごめん。僕も食べたかったんだけど」

「どうして!? どうして取られちゃったの!? 私が真心込めて作ったのに!!」

「四人がかりだったんだよ……いや、そんな話じゃなくて……」

「あいつら……こんな程度じゃ済ませないから……」

「もう自分で吐露してるよね? 」

すかさずツッコんだが、ぎりぎりと爪を噛んでて聞いてくれない。

「もしこれが恥ずかしい勘違いでないのなら……僕のため……と思っていい……のかな?」

でも勉強オバケになったのは苛めてた人物だけじゃないし、真意が酌みきれない。

芙蓉寺さんはポオッと頬を赤くしながら僕を見つめた。

「そうね……田中田くんとは絶対一緒の高校行きたいの……だから勉強の邪魔になる奴ら、みーんなチョコ食わせてやったの」

段々読めてきた。友達の多くもそうなってしまったのはそういう理由か。

「これで一緒に聖ヨハネに行けると思ったけど……まだ駄目みたい」

芙蓉寺さんが頬を赤くしながら眼を座らせる。雲行きが怪しくなってくる。

「田中田くんも一度勉強オバケになって貰った方が良さそうね……私の伴侶になるのだから、聖ヨハネくらいは出てないとね……」

「き、気持ちは嬉しいし僕も良ければ芙蓉寺さんと付き合えたらなぁ、なんて思って呼び出しをした訳だけど、伴侶て話が飛躍してないかなぁ……??」

今度は僕ろが後退る番だ。だがすぐさま屋上のフェンスに背中がぶつかる。僕が屋上に呼び出したのだ、当たり前だ。

芙蓉寺さんがポケットから取り出したのは赤の包み紙のチョコレートだった。

「ほら……これで一緒に合格して夫婦で高校生活送ろ……?」

じりしり、彼女寄ってきていた。
この物語の目次へ

他の小説の第1話

余命5か月後の君と5ヶ月間の物語。

作者 厨二病? 総得点 : 1

投稿日時:

「好きです。付き合ってください。」
放課後の教室にあまり聞かない言葉が響く。それから彼女はゆっくりと目を開き、笑顔で、
「ごめんね。私、彼氏とかつくる気もないから、、、でも言ってくれて、ありがとう。」
と答えた。そしてその相手は... 続きを読む >>

文字数 : 1,091 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

真飛幽利は一人で暮らしたかった。

作者 家節アヲイ 総得点 : 26

投稿日時:

――念願の一人暮らしのはずだった。

「ユーリ、そこの醤油とって」
「ん……、ん? いや待て、なんで人ん家のモノを勝手に食べてんの?」
「だってほら、ご飯は一人で食べるより二人で食べた方が美味しいもの」
「論点をすり替えるな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,580 投稿数 : 19 全話数 : 4話完結

テンプレ異世界転生記

作者 日本海のピラニア 総得点 : 0

投稿日時:

 原 翔は成績優秀なエリート大学の4年生だ。しかし、就職活動に行き詰っていた。筆記の試験なら得意だが会話が苦手なのである。口下手でアドリブが利かず、受け答えがヘタでいつも面接で落とされていた。翔は努力家で勉強は怠けずに毎日していたが、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,653 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

314の死と再生の第4話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ