リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

深緑第2話 全4話で完結

お医者さん電車

作者 丸鶴りん 得点 : 1 投稿日時:


 この世ならざる電車。そんな言葉が文月の頭をよぎった。それに紐付けられるように、きさらぎ駅だかたす駅だといった、ネット上の都市伝説が次々脳裏に浮上する。
 そんな文月の思考を中断させたのは、車両の運転席から聞こえた、人の良さそうな声だった。
「あれ? 君たちどうしたんだい? 電車は行ったばかりだぞ?」
 ひょこりと顔を出した運転手は、文月が想像したような異形ではなく、ごく普通のおじさんだった。
「すみません、この電車って」
 紫鏡がおずおずと尋ねる。
「ああ。これは線路の点検用の車両でね。ほら、ドクターイエローって聞いたことないかい? あれの在来線版さ」
 なんだ、と、文月は溜息をついた。そりゃあそうだ。異界へ続く電車なんて本当にあるわけがない。暑さで頭がどうかしていたようだ。
「しかし……この暑さの中、三時間も待つのは無理だなぁ。どこかで時間を潰すにしても大変だろうし。仕方ない。隣の駅まで乗っていきなさい。そこからならバスが出ているから」
 運転手のおじさんが二人に声をかける。
「え、いいんですか?」
「ああ。と、言っても中は機材でいっぱいだし、座席もないから窮屈な旅になるかもしれないけどね。その上、線路に異常があったらそこで停車しなきゃいけないから、いつ着くかもわからない。それでもいいかい?」
 二人は一瞬顔を見合わせたが、すぐにおじさんに頷いた。何もないところで三時間待ちぼうけよりはマシという判断は一致したらしい。
「じゃあ、乗って乗って。出発するよ」
 おじさんは後ろのドアを開けた。電車の中から身震いするほど冷たい空気があふれ出て、文月の足に当たる。計器を冷やすために、がんがんに冷房をかけているようだ。

追加設定(キャラクターなど)

運転手のおじさん
線路を点検する車両を運転しているおじさん。人がよさそう。

他の小説の第1話

黒の箱庭

作者 羊色 総得点 : 0

投稿日時:

俺は如月陽介、今を輝く高校2年生だ。そして今幼なじみの新島翔かけるとともに古い洋館の謎を解かなくちゃいけない状況に陥っている。
明日までに解かなくちゃ依頼人に誘拐されてしまった友人の春川雅也が殺されてしまうらしい。
「翔、何か... 続きを読む >>

文字数 : 910 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

お前は「どこへ」いく。

作者 Yu 総得点 : 0

投稿日時:

信号が青に切り替わる。
横断歩道をすたすたと歩く青年がもう一人のぼろぼろな服を着た青年の方を見て言った。
『なぁお前はさ、将来どうするん?』
そう告げると。聞かれる事を見透かしていたかのように
『知らん。とりあえず卒業するわ。... 続きを読む >>

文字数 : 1,311 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

ホワイトルーム

作者 労働会議 総得点 : 3

投稿日時:

 気が付くと、そこは真っ白い部屋である。
「ここどこ?」
 私は懸命に周囲を見渡すが、はるか地平線まで真っ白である。空間感覚がマヒしそうだ。目の前にこれまた真っ白い小さな発券機がある。ボタンが一つあるだけで説明書きも何もない。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,597 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

深緑の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ