リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

満月の夜、お前は俺を襲う

作者 エスビー 得点 : 1 投稿日時:


 ちび共が待つ自宅への帰路を急ぐ途中。立ち止まったこうたは、ふと夜空を仰いだ。
 秋の夜長によく似合う、大きくまん丸い月。今まで見てきた月の中でダントツのサイズを誇るであろうそれは、普段風情など欠片も意識しないこうたですら、思わず見惚れるほどだった。
「あんだけでかきゃ、家うちからでも見えるだろう。特に〈しほ〉と〈せい〉のやつ、星が好きだからなぁ……」
 自分でも親馬鹿、ならぬ兄馬鹿だなと思うが、実際こうたの行動理由の半分以上は家族のため。特に父親の居ない、金持ちでもない家で弟妹きょうだいに不自由させたくないという、兄の意地のようなものが、日々こうたに力を与えていた。
「……なんだ、あれ」
 近道としていつも通る、人通りの少ない路地裏。その奥に、何やら人の気配……しかも、少々正気でない様子のが、一人。
 ビルの隙間を縫うようにして行くこの道は、ただでさえ薄暗くてうす気味が悪い。
 普段なら気にならない暗がりも、得体のしれないものが潜んでいるとなると、訳が違う。荒い息遣いと、それに合わせて揺れる影。
 数秒迷った末、こうたが踵を返した途端、……それは動いた。
 背を向けていたこうたは瞬時に身体の向きを変え、足を踏ん張って衝撃に備える。すると影は大きく跳躍し、頭上からこうたの身体を組伏せに掛かる。──しかし
「おらッ、捕まえた」
 想像の三分の一以下の衝撃しかこなかったことを幸いに、こうたは落下してきた身体を受け止め、かつ身体を翻して、逆にその影を組伏せた。その間、わずか三秒足らずである。
 微かな月明かりで見ると、それは同年代の青年のようだった。しかし仕事で鍛え上げられたこうたの身体に比べると、まるで大根とごぼう。オウムとスズメ並みの体格差がある。
 彼からすれば巨漢と言っても過言ではない相手にマウントを取られているにもかかわらず、青年の闘志は冷める気配がなく、むしろ血走った眼で、背中越しにこうたの方をにらみつけてくるのだ。
「おい、しっかりしろ! ……クソッ、正気に戻らねぇか」
 空いた方の手で眼下の頬を数回叩いてみるも、その瞳から狂気の気配が消えることはない。
「こうなったら……一か八か、だ」
 こうたは組敷いていた身体を己の下から解放すると、腕は離さないまま、引き寄せて自分の胸に青年を抱いた。これは弟妹きょうだいがグズったとき、こうたがよくやるあやし方だった。
 しかし今抱いているのは、非力な幼児でもやんちゃなガキでもない。正気をなくした青年なのだ。
 抵抗は覚悟しているつもりだったが、背中に回させた両腕が爪で引っ掻き回り、耳元で聞こえるうー、うーといった唸り声は、なかなかに恐怖感を煽ってくる。
「落ち着け……落ち着け……」
 自己暗示とも、青年を宥めているとも判断のつかない言葉を繰り返しながら、逃さないように、そして痛みに耐えるようにしてきつく抱きしめる。
「痛っ……!」
 突如として、こうたの首筋を熱く、鋭い痛みが襲った。
 身長差で視界となっていたそこを覗き見ると、青年がこうたの首へと噛み付いて、血を啜っているではないか。
「はぁっ!? ……ちょ、待て、一旦離れ……」
 息継ぎのためか、啜っていた口が束の間こうたから離れる。月明かりに照らされた赤い唇の間には……一瞬だがたしかに二本、鋭く尖る犬歯が、血に塗れて鈍く光っていた

作者コメント

はじめまして、エスビーです。他サイトでは別名義でやってます。
本腰を入れているはずの執筆に行き詰まり、どうにか息抜きできないかと、リレー小説なるものを検索した結果、ここへ至りました。
完全なるアマチュア。短編以外、まともに完結させた経緯がございません(^_^;)
何卒温かい目で、読んでやってくださいませ

↓本腰を入れているはずのサイトで書いている作品の一つ
(いずれ改稿するため、内容が大幅に変わる予定ですが……よければよ読んでやってくだせぇ)
【快楽研究所】
https://www.alphapolis.co.jp/novel/817266880/613090807
#アルファポリス

追加設定(キャラクターなど)

・三山こうた(17才)
五人兄弟の長男。父親を幼少期になくし、過労で入院中の母を見舞いながら四人の兄弟(弟二人、妹二人。そのうち末二人は男女で双子)の世話をする苦労人。バイト帰りに謎の青年に襲われかけるも、仕事で鍛えた腕っぷしで返り討ちにする。
好きなのは子供と金稼ぎ、嫌いなものは理不尽。

・佐島みつる(17才)
財力のある両親は、実は父方が吸血鬼の家系。人間社会の裏で多大な影響力を誇る吸血鬼一族の末裔として、父の経営する会社の跡取りとなることを強いられているが、本音では大好きな動物を診る獣医師になりたいと思っている。
勉強は嫌いではないが、運動が大の苦手。進学校で科学部に所属しているが、男子だからと重いものを運ばされるとすぐに息切れする。
満月の夜、吸血鬼の血が強くなったときだけは身体能力が大幅に上昇する(しかし元々が運動音痴なので、強化されたとしても腕っぷしの強いこうたには素手で沈められてしまう)。
好きなことは興味のある知識を身につけること。嫌いなのは運動と吸血鬼呼ばわりされること。

【あらすじ】
大きく黄色い月の出た満月の夜。バイト帰りに我を忘れた様子の華奢な青年に襲われたこうたは、襲ってきた相手……みつるが半吸血鬼であることを知り、秘密をバラされたくなければ言うことを聞けと、脅しをかける。
こうたの奴隷となったみつる。態度も粗暴で人遣いの荒いこうただが、一緒にいる内に彼の境遇、故の優しさや信念が見えて、そんなこうたに惹かれている自分に戸惑うみつる。
しかしある日。こうたと二人でいるところを、みつるの母親に目撃されて……

他の小説の第1話

初めまして、目鏡コノミです。好物はメガネ男子です!

作者 百模モモ 総得点 : 0

投稿日時:

「初めまして、目鏡コノミです。好物はメガネ男子です、よろしくお願いします!」

高校デビュー、大失敗しました。

遡ること、数時間前。

新しい制服に腕を通し、昨日切りに行ったばかりの髪を念入りにブラシでとかす。スタイリン... 続きを読む >>

文字数 : 917 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

お前は「どこへ」いく。

作者 Yu 総得点 : 0

投稿日時:

信号が青に切り替わる。
横断歩道をすたすたと歩く青年がもう一人のぼろぼろな服を着た青年の方を見て言った。
『なぁお前はさ、将来どうするん?』
そう告げると。聞かれる事を見透かしていたかのように
『知らん。とりあえず卒業するわ。... 続きを読む >>

文字数 : 1,311 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

作者 冷えピタ丸 総得点 : 0

投稿日時:

出会ったあの日も雨が降っていた。

もうすぐ小学校も卒業という冬の時期。時計の針が16時を過ぎていた頃、家に帰宅した僕はランドセルをひっくり返していた。ランドセルにも無い。筆箱の中にも無い。体操着入れにも無い。どこで鍵を無くしたん... 続きを読む >>

文字数 : 1,990 投稿数 : 1 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

満月の夜、お前は俺を襲うの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ