リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

死世の戦 

作者 fk 得点 : 4 投稿日時:


???「ん…?ここは?」

目を覚ましたとき男性が現れた。

???「やっとお目覚めだね。赤童拳(しゃくどう けん)くん。」

拳「初対面なのに俺の名を…っ!?だ…誰だよ?そしてここは何処?」

骸木「僕の名前は骸木大毅(むくろぎ だいき)。ここはあの世。君は死んで死人となったのさ。」

拳「え…?まさかあの世!?えぇー!?」

一体赤童拳に何があったかを少し前の出来事になる。

骸木と一人の青年がテレパシーで通じ合っていた。

???「骸木先生。勘弁してくださいよ。」

骸木『駄目だ…。死霊の品を前世の人間から触れる前に見つけなければ周りの人間は死神に食い殺されるよ。一刻も早く探すんだ。』

???「でも、どうすりゃーいいんすか?」

骸木『死相で見ればいい。死相が見えれば所持している事がわかる。見つからない限りあの世の帰還は許さないから。それじゃーね。』

???「えっ…ちょ!?」

テレパシーが切れ、彼は骸木の依頼に少し呆れ気味になっていた。

???「仕方がない、死相を見ながら探すか…。」

その頃赤童拳は…。

「赤童って凄くない?」
「野球でホームラン打ちまくったり、サッカーで得点入れまくったり、更には陸上で100メートルで8秒も…」
「超人過ぎる…」

赤童は高校生でありながらスポーツ万能であった。

生徒からも異常過ぎる身体能力を持つ彼に話題沸騰中であった。

そんな彼の様子を覗く中、死霊の品を探す青年が気づく。

???「っ!?…こいつの死相が見える…!?」

学校を過ごした赤童は家に帰宅してすぐに仏壇で唱えた。

拳「親父、おふくろ。今帰ってきたぞ。」

赤童拳の家庭は非常に貧しく、幼少期では両親を失いずっと一人暮らしである。

拳「さて、そろそろ買い出しに出かけるか…」

拳が買い出しに出かけるために外を出ようとした時、一人の青年と出会う。

???「君が赤童か…。」

死霊の品を探すために死相で探った青年だった。

拳「何故俺の名前を…?てか誰だよ。お前…。」

拳は彼の名前を問われた。

死上「死上透(しがみ とおる)。死人だ。」

拳「あー!なーんだ死人ね……って、えっ?死人?」

拳は死上の事を死人だと知り驚く。

死上「そうだが、それがどうした?」

拳「いや…死人と喋るなんて…。」

拳は彼が死人だと知ってかなり困惑する。

死上「ところで死霊の品と言うアイテムは知らないかな?」

と、死上から探し求めていた品の話を聞く拳は…、

拳「今朝、道端に珍しいもん拾ってさぁ〜。触ったんだけどな。」

それを聞いた死上は激怒した。

死上「……お、お前何触れてんだ!!このままじゃ被害がでるぞっ!!」

拳「何で?」

ガシャーン!!

二人が話し合う最中に突然地面に強い揺れが出た。

拳「何だ!?何だ!?」

死上「まずい…このままだと現世の人間が…!!」

直様に死上が直様一目散で走った。

拳「おい、待てよ!!」

詳しい事情を知らない拳は死上の跡を追う。


一方その頃死上は拳が通う学校に到着し…

死上「糞っ…!!手遅れか…!!」

死上が見た光景は人を食い殺す巨体の死神がいた。

巨体死神「グガガァッーーー!!」


















作者コメント

小説の描写がかなり苦手です。できるだけ易しめにお願いします。是非とも参加してください。
荒らしや誹謗中傷はやめてください。
例え僕が悪くても個人情報や住所特定といった行為は絶対にやめてください。

台詞を書くときに
〇〇「」
と書き込んで頂ければ幸いです。
モブの場合は「」のみでお願いします。

序章の話数は10と予定してます。

追加設定(キャラクターなど)

【あらすじ】
現世の人間には目にも見えない死神がいた。死神が人間を襲う。その死神を殲滅する為に死人が立ち向かうダークファンタジー。

【主要キャラ】

赤童拳
本作の主人公。死霊の品を拾った原因で死神が出現する要因を作る。死神を殲滅する為に、稀に見るアイテムである悪魔の心臓を食べて死人になる。死人になった後は骸木の提案により死霊高等学校の1年に転入する。魂の属性は「炎」

死上透
死霊高等学校の1年生。冷静沈着で無愛想。感情を表に出さなく、非情な考えを持つ。死神を出現させた原因で赤童とは犬猿の仲となる。魂の属性は「風」。

骸木大毅
死霊高等学校の教師。常に明るく、生徒に対して優しく振る舞う。史上最強の死人と呼ばれており、死神を殲滅に追い込む。魂の属性は「時間」。

【用語】
死人
死神に殺された理由以外の死んだ人間を指す。死相が強い者以外の現世の人間は死人の姿が見えない。死人には魂の属性があり、属性を生かした技も存在する。
悪魔の心臓
12つ存在する貴重なアイテム。食べれば即座に死人となり、より強い戦闘力を持つ。『悪魔喰いの死人(デビルイーター)』とも呼ばれている。
死神
現世の人間を食い殺す神。死人同様、死相が強い者以外の現世の人間には見えない。高い戦闘力を持つ。死霊の品を触れた者の命を狙っている。
死霊高等学校
死人達が通う学校。現世の平和の為に、また死神を殲滅する為に創設した。1年生は拳、死上を含む6名、2年生は5名、3年生は12名が在席している。
死霊の品
現世の人間が触れると死神が出現する程危険なアイテム。触れた者は死相がかなり強い。

他の小説の第1話

悪夢狩り

作者 花太郎 総得点 : 1

投稿日時:

 A県A市、人口数万人が暮らすとある一つの高校で奇妙な噂が広がっていた。『夢の中で死ぬと現実でも死ぬ』そんな話が実しやかに囁かれていた。実際、A市ではここ一ヶ月に渡って不審死が相次ぎ、それは年端もいかない高校生が主な被害者だった。もち... 続きを読む >>

文字数 : 4,133 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

彼は____。

作者 酢飯 総得点 : 0

投稿日時:

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

「まだやってんの?それ」
「それじゃない、趣味」
「そんなめんどくさい微調節が趣味なのか?」
「そうともいうし、違うといえば違う」
「じゃあどっちなんだよ…」
「うpし... 続きを読む >>

文字数 : 477 投稿数 : 1 全話数 : 9話完結

私の思い

作者 のとりあす 総得点 : 0

投稿日時:

キーンコーンと鐘の音がして私の意識が戻る。
「起立、礼」と授業を終わらせた、いつもどおりの退屈な変わらない日常。
だが、そんな私の日常はある一つの人によって変わる。
「まいっちー!起きてる〜?」
と、陽気に彼女、一ノ瀬(いちの... 続きを読む >>

文字数 : 2,285 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

死世の戦 の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ