リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

終末少年ジャンプ第2話 全6話で完結

終末少年ジャンプの第2話・IFルート

作者 あすく 得点 : 2 投稿日時:


「あの、至高神様。これはどうかと思いますが……」
「言うな、副神よ……」

天界だとか神界だとか人間が呼び習わしているらしい世界の、一番高そうな山のてっぺん付近、今正に神と呼ばれる者たちが2柱、恐ろしいほどに途方に暮れていた。

「よもや、エンタメ番組である『チキチキ天界ラジオ・地獄編
地上滅亡へのカウントダウン 』の思念電波が、手違いで地上人類へ届いてしまうとは……」

至高神と呼ばれた、うねうねするエネルギーの塊が、空間そのものを侵食するような重々しい声で、脱力しそうな事実を告げた。
「いやはや本当に。どこをどうまかり間違えたら、地上人のすべてが同時受信するほどの強思念波となってパルス放射されるのでしょうか?」
続くのは、幼女の姿の副神である。ただし、その視線は極寒の冷気を伴って、至高神へと注がれていた。

「というか、いい加減そのうねうねボディはやめませんか?」
「話しづらいか?」
「いえ、目がチカチカするので」
「まぁ、お前の視線が冷たいから、それから逃れるための変身なので、余が望んだ結果ではあるのだがな」

至高神は、副神の視線から逃れようとしているようだ。実際は目がチカチカするせいで、副神の視線は鋭さを増しているので、本末転倒ではあったのだが。

「珍しく貴方が呼ばれたからと言って、張り切りすぎたらこのザマですよ。どうするんです、コレ?」
「仕方なかろう。よもや余の思念が強すぎて地上まで届くとは夢にも思わなんだ……」
「もっと御自分の力を把握なさってくださいな。地上人がアレを聞いたせいで、全地上はもう終末ムード一直線ですよ」

呆れた声の副神は、事実呆れ返っていた。この至高神の行動で、惑星一つが緩やかに壊滅しようとしているのだから、それも仕方のないことかもしれないが。

事の顛末はこうだ。天界だか神界だかで放送されている思念電波ラジオ番組の1企画として、『文明が終焉を迎える中を最期の瞬間まで力強く生き抜く知的生命体の感動物語』が音声ドラマ化されることとなった。その中で、文明に終焉を告げる神の配役として至高神がゲスト出演したのだ。
その際、『汝等の文明は、後一月で終焉を迎える。これは変えようのない事実、甘んじて受け入れよ、戦を止めぬ愚かな知的生命体よ!』という台詞に熱が入り、ノリノリの演技でつい思念を全開にして無差別に地上へ向けて放ってしまったのである。それを全人類が一斉に受信したのだからたまらない。これは真の神のお告げに違いない、と人類揃って認め、終焉の訪れを運命だと諦めてしまったのである。

「これを期に、全天評議会では、かねてより人類を良く思っていない保守派でタカ派の一部議員による地上殲滅のための『神の雷作戦』が立案されるに至ってしまいました」
「頭の痛い問題だ」
「ええ、まったく」

2神揃って深くため息。

「そう言えば、その神の雷作戦とやらはどうなったのだ? 実行部隊として派遣するのは、インドラかトールかで意見が割れていた所で情報が止まっているのだが……」
「それでしたら……」

副神は手元の資料をパラパラとめくると、あー、と呆れた声を出した。

「どうした?」
「話はそこから、『ヴァジュラとミョルニルのどちらが強力か』という方向に反れた結果、インドラ神とトール神が直接対決をして決めることになったようです」
「アホだな」
「ええ、まったく」

至高神のうねうねが激しくなった。苦悩しているようだ。

「ちなみに、対決は今日とのことです」
「うむ。 …………え? 今何と?」
「対決は今日、今まさに戦いの火蓋が切って落とされようとしているところだそうです」

つかの間の沈黙。至高神はうねうねをやめて発光し始めた。

「聞かなかったことにしようか」
「おい」

コントのようなやり取りだが、本人たちは至って真面目である。そこへバタバタと足音がして、茶番劇に乱入者が現れた。

「た、大変でございます、副神様!」
「どうしたのだ、副神の腹心よ。そんなに慌てて」

入ってきたのは、黒髪でスーツ姿の美人だった。副神の腹心と呼ばれた彼女は、至高神へと目を向け、

「あ、至高神様もいらっしゃったのですか。 って、眩し! 目がチカチカします消滅してください今すぐ」
「いや、ここは余の部屋であるぞ? というか、そなたは余が至高神だという認識があるのかと小一時間……」
「そんなことより!」

至高神の言葉をバッサリと切り捨てる、副神の腹心。そのまま、副神へ頭を垂れて報告する。端から見れば親子のように見える2神のため、こうしていると親が子供の言いなりになっているようで、どことなく微笑ましい。だが、報告の内容は微笑ましいを通り越して、馬鹿馬鹿しかった。

「先程始まった『ヴァジュラvsミョルニル! 最強はどっち!? 壮絶じゃんけん3本勝負!』なのですが」
「それはどこに突っ込むべきなのかしら……?」
「ええ、本当に。 って、そうじゃなくて! 会場となった雲海の上に、突如としてゼウス様が出現、『貴様ら、俺のケラウノスを差し置いて雷神最強を名乗るとはどういう了見だ!』とか言って乱入した模様です!」
「おい主神何やってんの!?」

これには副神も叫んでしまう。しかし副神の腹心の報告は止まらない。

「それを見ていた保守派議員たちが、揃ってゼウス様派へ転換、満場一致で地上へケラウノスが放たれることになりました!」
「あの、クソバカ愚神どもがァァァッ!」

至高神は激昂した。対照的に、副神は落ち着いて指示を出す。

「今すぐ、とびきりの美女をありったけ集めて、ゼウス神の所へ行きなさい。あの色ボケはそれで足止めできます。さぁ、早く!」
「は、はい!」

副神から指示を受けた美人秘書は、踵を返して走り去って行った。その足音が聞こえなくなってから、副神がポツリと一言。

「ゼウス神を足止めできる時間は、あてがう女の美しさに比例します。頼みましたよ、我が腹心よ」
「ゼウス相手に色仕掛けは、まさに最高の一手だな」
「ええ。そして、この情報をヘラ神へ流せば、ヤンデレ彼女の報復攻撃でさらに拘束できますからね。そっちの苛烈さも女の美しさに比例しますから、まさにうってつけです」

清々しい笑顔で鬼畜なことを言う副神に、至高神は戦慄した。そして、いつかゼウスにワインの1本も奢ってやろうと心に決めた。

「それで、肝心の地上は如何なさいますか? これで中々責任感のある貴方のことです、まさかこのまま放置ということもないでしょう?」
「うむ、それなのだがな」

至高神は、自身の体から更なる光を発して、壁に映像を写し出した。

「これは……。どこかの学校の一室ですね。男女の学生が一組いますが、彼らをとうするつもりですか?」

副神が問うと、至高神は答えた。

「余が小遣い稼ぎのために地上の漫画雑誌へ連載していたラブコメだ。どうやら彼らはこの話の最終回を予想するゲームをするらしい」
「随分と俗な関わり方をしてらっしゃるのですね……」

副神は本日何度目になるかもわからぬため息をついた。

「で、それがどうしたのです?」
「何、最終回の予想結果が、余の考えていたものと同じ、または極めて近かったなら、『人間は至高神と同レベルの知性の持ち主だと証明されたので、終末から救ってやる』という大義名分ができるではないか」
「こじつけもいいところですね」
「ケラウノスを食らって全滅するよりは、マシな未来であろうに」
「いやまあ、そうかも知れませんが……」

肩を竦める副神。だが、彼女に異論そのものは無いようだ。映像の中の名も知らぬ男女へ向けて、呟く。

「至高神様の目に敵った者たちよ。勝手に選んで済まぬが、お主らに託すぞ。人類は、しぶといのだろう」

そんな様子を見ていたか、至高神の輝きが光量を増した。

かくして、人類の命運は、二人の学生に託されることとなったのである。

作者コメント

趣味全開で書きました。
絶対に本線とは違う脱線した内容なので、分岐ルートということでひとつお願いします。

追加設定(キャラクターなど)

至高神
姿形は自由自在、今は輝くプラズマボールのような形状の、天界最高の神。天界は三権分立であり、いわゆる大統領的な立場の神様。うっかり地上へ思念を飛ばしたせいで大変なことになってしまった。漫画雑誌へラブコメを連載しているらしい。

副神
幼女の姿の副神。つまりは副大統領。腹心の美人秘書神と並ぶと、まさに親子のように見えるが、ちっこい方が偉くて賢くて仕事もできる。

副神の腹心
美人秘書風味の姿の神。見た目通りに副神の秘書として動いている。どっちかというと、苦労人なお方。

雷神トリオ
この話では争っているが、元来仲が悪いわけではないようだ。個性的であり、特にゼウスの色ボケは有名。

以上の設定を追加しました。
趣味に走りすぎたかも?

他の小説の第1話

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜

作者 鷹人 総得点 : 2

投稿日時:

...........眩しい。

ぼくは白い、ただ真っ白な光の中を漂っていた。

ぼくという存在を優しく受けとめてくれる。
そんな光。

ここは何処なのだろう?

ぼくは.............
ぼくという存在は.......... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 3,843 投稿数 : 14 全話数 : 4話完結

~東方二次創作~吸血鬼と人間の夏

作者 曙改2 総得点 : 1

投稿日時:

~プロローグ~

8月の上旬、あれは暑い暑いある日の事、俺は学校終わりにアイスを買って家に帰っていた。
学校終わりにアイスを買うのは日常になっている、家について椅子に腰掛けて特に今までとかわりない生活だった、
そう、このあと、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 956 投稿数 : 6 全話数 : 10話完結

首無し姉妹

作者 粘膜王女三世 総得点 : 10

投稿日時:

 カブトムシという生き物は、死んだ後何もしなくても首が胴体から勝手に外れてしまう。それはというのは、首と胴体を繋いでいるゼラチン状の物質が死後に壊れてしまうからなのだけれど、当時の幼い私はそれを知らなかった。だから、朝目を覚ました時飼... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,745 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

終末少年ジャンプの第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ