リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

彼は____。

作者 酢飯 得点 : 0 投稿日時:


カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

「まだやってんの?それ」
「それじゃない、趣味」
「そんなめんどくさい微調節が趣味なのか?」
「そうともいうし、違うといえば違う」
「じゃあどっちなんだよ…」
「うpした後が最高なんだよ」
「出た!うp、意味わかんない言葉」
「なぜ意味が分からない、お前の方が意味わからんぞ」
「はぁ~?絶対に俺が正しいって!そうですよね皆さん!」
「誰に話しかけてんだ、頭おかしいぞ」
「ブーメランって知ってるか…?」
「…」
「どっ、どうしたんだよミナト」
「いや、いいネタが思いついてな」
「そのネタなんだ?」
「ん?教えるわけがないだろ?」
「は?!なんでだよ~おしえろよ~!」

「……駄目だ!」
「いやなんで溜めたし」
「?気分だ。」
「気分かよ…」

ピーンポーン

「はーい。」
「ミナトなんか頼んだか?」
「いや、何も、ちょっと見てくる」
「おう」







『あなたが、水無月 港さんですね?こちらに来てくれますか?』

追加設定(キャラクターなど)

設定、構想、大方お任せします。
好きなように解釈して好きなように書いてください。
最初に話した子:雨降(あまふり)宿(やどる)
明らかにネット使ってる子:水無月(みなづき)港(みなと)
二人はシェアハウスしてます。

他の小説の第1話

314の死と再生

作者 不二才 総得点 : 1

投稿日時:

「お兄ちゃん! 起きれる? もうとっくに朝だよ! お兄ちゃん!」

妹の声。明の声だ。
いつもの自分のベッド、春休みだからと惰眠を貪る朝。俺にとってありふれた平穏な日常。
しかし、今朝は格別に長く眠っていた気がする... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,266 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

幻燈街の飴売り

作者 フレデリカ 総得点 : 9

投稿日時:

 街の大通りの隅を、大きな籠とビラの束を持って一人の少女が歩いている。春の穏やかな陽光が人々に降り注ぐ中、彼女はひなたに出るのを躊躇しているようだった。脚はガタガタ震え、指を強く握りしめている。
 しかしそれでは仕事にならないと、少... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 440 投稿数 : 4 全話数 : 6話完結

夕暮れの街角~冬晴れの冬休み第2話~

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「ダメだ…思い出せないよ」
削除された記憶。俺たちは何でここに居る?砂丘を後にして。神々が集える出雲大社にやって来た。と言うことは神有月。十月?どうやらサーフィンではなかったようだ。
「…大分混乱しているよね」千葉が珍しく心配そう... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 408 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

彼は____。の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ