リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

終末少年ジャンプ第2話 全6話で完結

終末少年ジャンプの第2話

作者 氏号一 得点 : 1 投稿日時:


 この漫画雑誌の発売日は月曜日だ。
 だけど俺は毎週土曜日に購入していた。昔なじみの本屋の爺さんは少し早く買わせてくれる。
 土曜日が最後、といってもその日が来てすぐに滅亡ってなわけでもないかもしれない。だから次で本当の最後の刊だろう。
 部室を出た時、開けっ放しのカバンから覗く雑誌を見てそう思った。
「先輩、さっき漫画の終わりについて聞きましたよね?」
 少し前を歩く先輩はゆっくりと振り返った。空いたままの扉から、夕方に吹く冷たい風が遊んでくれ。 と言わんばかりに彼女の髪と戯れている。
 恥ずかしそうに髪を抑えて「そうだね」と頷いた。
「今回はこの漫画雑誌で、いつもみたいにちょっとした『遊び』をしませんか」
「君も物好きだね。最後くらいはもっと有意義なことに時間を割けばいいのに」
 クスリと笑う先輩。
「これも単なる暇つぶしかい?」
 いつもこういった遊びをする時だけは人形めいた感情の見えない目が潤う。学校の不良品なんぞに近づいてまで片っ端から暇つぶしを模索する。それが先輩の有意義な時間の使い方だった。
 そうですよと大きくアピールするも先輩はもうスイッチが入ってしまったみたいだ。
 好きな漫画を熟読している時みたいに思考の海を漂っている、そんな思案顔。でもすぐに切り替えられるその目は爛々と輝いて見えた。
「よし、ではこうしよう。来週で最終話のラブコ「却下します」え、君酷いよ!」
「それ先輩しかわかんないです。俺でも知ってるものってなるとあの漫画でしょ」
 あの漫画、先輩が最後に読んでいた漫画はこの雑誌の花形だ。
 俺と先輩はこの作品の最後は何かを考えることにした。だけどそれじゃあゲームにはならない。だから。
「終わらない作品だったとしてもどこかで途切れるなら、そこが最終回なわけです」
「君が言いたいのは次の刊を最終話として、物語の最後を考えるということか」
「一番終わりに近いものを考えたほうが俺らの最後をどうするか決めるってわけですよ」
 だからこの作品のあらすじから話していこう。そして最後を決めてしまおう。

「俺、知りたいことがあるんですよ。だから勝ちますよ」

 俺の提案を飲んだ先輩に指を突きつける。大きく開いた目は少しの間制止し、静かに閉じる。俺と先輩の遊びは今この瞬間から開始のチャイムが鳴った。

作者コメント

不良設定どう活かせばよかったんだ……と後悔はある。先輩の無情の意味を理解できて二話を作れているかも不安もある。
私が深読みしなくていい部分を深読みしてる感があるがここから繋げてくれる方がいたら一話をよく読んでほしい。そして主人公のアレが気になって仕方がないならぜひ続きをお願いしたい。別の二話でも良いから読ませてほしい。

追加設定(キャラクターなど)

『遊び』日常的に行っているのであろう暇つぶし。今回は最後を決めるらしい。
『漫画』月曜発売だが、土曜日にはこっそり並んでいる漫画雑誌。

他の小説の第1話

プリズンチルドレン

作者 たろー 総得点 : 1

投稿日時:

「死ねやおらぁ!」
 わたしことミキはゆっくんに殴りかかった。
 ゆっくんは悲鳴を上げながらも実に楽しそうに逃げ回る。それにわたしが追随し駆け回るため、わたし達ひまわり組の部屋は凄惨な有様だ。こうきくんが半年かけて組み上げたレゴの... 続きを読む >>

文字数 : 2,138 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

ボクの転生物語

作者 あすく 総得点 : 8

投稿日時:

 暗かった。
 一寸先も見えぬ闇の中だ。
 最初、ボクが感じることができたのはそこだけだ。
 少しだけ時間が経ち、目が慣れてきたと思ったころに、変化があった。
 暗い空間の奥の方に、何かが見えた。視線を集中すると、空間に負けな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,408 投稿数 : 15 全話数 : 4話完結

真飛幽利は一人で暮らしたかった。

作者 家節アヲイ 総得点 : 26

投稿日時:

――念願の一人暮らしのはずだった。

「ユーリ、そこの醤油とって」
「ん……、ん? いや待て、なんで人ん家のモノを勝手に食べてんの?」
「だってほら、ご飯は一人で食べるより二人で食べた方が美味しいもの」
「論点をすり替えるな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,580 投稿数 : 19 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

終末少年ジャンプの第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ