リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

深緑第2話 全4話で完結

深緑の第2話・B

作者 石橋ゲル 得点 : 0 投稿日時:




 入ってきた電車には行先が書いてなかった。電光掲示板も、反転フラップの表示板もない。
「変な電車だね、これじゃ次の行先がわからないよね」
 紫鏡は何の躊躇なくドアボタンを押した。文月が引き留める間もなく、電車のドアを開いて、びゅう、と冷気が一気に吹き抜けた。
「うひゃ~、ずいぶん冷房が効いてるんだね」
 さみぃさみぃと文句を言いながら電車の中へ飛び込んだ紫鏡は、早く入れと言わんばかりにこっちを見ながらその場駆け足している。
「おい、待てよ。これは乗る電車じゃないだろ」
 文月は彼女が乗客の迷惑になってないか、気が気でなかった。文月の気もしらず、彼女はポニーテールを横に振り乱し、まるで子供のように無邪気に笑った。
「ううん、これが私たちが乗る電車だよ」
「冗談はよせ、早く降りろ」
 何度言っても聞きやしない紫鏡にしびれを切らし、無理やり降ろそうと文月も飛び乗った。
「ふざけんな、早くしろって」
 紫鏡の腕をつかみ、引っ張っていこうとするが――
「ドア閉まります」
 無情にも目の前で閉まるドア、降ります、と叫んでも遅い、ホームがどんどん流れていく。
「嘘だろ……」
 うなだれる文月をよそに、紫鏡のほうはさっさとボックス席でくつろぎ始めていた。
「お前なッ」「しっ!」
 文月の怒声は、急に立ち上がった紫鏡がひとさし指で遮った。そして空いた方の手で他の席を指さす。気にもしなかったが、まばらに座った乗客は、みな首をうなだれ、みな眠っているようだった。
 がたんごとん、がたんごとん、と電車が行く音だけが響く。
 怒る気力が急激にフェードアウトした紫鏡は、文月に向かいあうように腰かけた。
「……どうする気だよ」
「まあまあ、旅は長いよ。気長に行こうよ気長に」
「旅って……」
「あ、もうトンネルだね」
 我が道を行く紫鏡に振り回されるのは、今までも何度もあったし、もう慣れていた――だからと言って、いつでも自由にふるまってくれ、というわけではないのだが――今日に至ってもそれが全開なので、文字通り頭を抱えてしまった。
「なんか……疲れた……」
 文月は震える声で漏らした。どっと疲れが体中にのしかかってきたような思いがした。
「じゃあ、ゆっくり休めばいいよ」
 誰のせいで――そう文月は不満を抱いたが、それが言葉になることはなかった。
 瞼が重くなり、急激に微睡みに落ちていった。

他の小説の第1話

私っていらない子?

作者 ゆり 総得点 : 0

投稿日時:

「あなたはできない子ね!」
「わー!バカがうつる~」
そんな言葉が鋭い槍となって私を刺していく。
そんな私はもうボロボロの布のよう。
そう、私は誰からにも嫌われている、鈴木こころ。 
私は親にも嫌われて、クラスメイトからも嫌... 続きを読む >>

文字数 : 442 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

通い後輩を独り占めしたい

作者 羊色 総得点 : 1

投稿日時:

俺は今日は余裕もって起きることができた。
いつもはギリギリにしか起きれないのだがとある理由から朝早く起きると決めた。
それは「あっ先輩おはようございます。」そうこの後輩、栗原悠二(16歳男性)のおかげだ。
悠二は今日からわざわざ... 続きを読む >>

文字数 : 555 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

作者 冷えピタ丸 総得点 : 0

投稿日時:

出会ったあの日も雨が降っていた。

もうすぐ小学校も卒業という冬の時期。時計の針が16時を過ぎていた頃、家に帰宅した僕はランドセルをひっくり返していた。ランドセルにも無い。筆箱の中にも無い。体操着入れにも無い。どこで鍵を無くしたん... 続きを読む >>

文字数 : 1,990 投稿数 : 1 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

深緑の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ