リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ボクの転生物語第3話 全4話で完結

ボクの転生物語の第3話

作者 松本ゲカイ 得点 : 0 投稿日時:


 一体、どうなっているんだ。
 異世界の公園のベンチに座り、ボクは考えていた。
 ルミナスが、邪神扱いされている。まあ、地球の反対側にいるボクがうっかり殺されるほどの攻撃、確かにシャレにならない事態だ。
 そしてそれ以前に、ボクはどうすればいい。
 地球は大変な大災害だが、そもそもここは地球ですらない。帰る家がない。
「あなた、もしかして……人間?」
 そこに声をかけてきたのは、犬耳で鼻や口も犬っぽい女性警察官。いぬのおまわりさんというやつか。艶のあるダークブラウンの髪が、そのまま犬を連想させながらも凛々しく美しい。
「実は、そうなんです。地球にいたはずが、気付いたらここに……」
 行き場もないため、ルミナスのことには触れずにそう答えると、彼女は驚く。
「! それじゃあ、まさか……いえ、とにかくあなたを保護します。来てくれますか?」

 犬のおまわりさんに連れてこられたのは、警察署。ではなく、広い体育館だった。
 そこには大勢の人間が、集団生活をしている。
「これは……」
「見ての通り、人間のための避難所です。邪神ルミナスが起こした大災害に伴い、地球から多くの人がこの世界に迷い込んでしまいました」
 彼女にうながされるまま、ボクはそこで漂流転移民としての登録をする。
「光を司るルミナスはこの世界や地球において、唯一エイリアンへの対抗手段となる光子ビーム砲を操れる。……ただどうしても周囲に被害が及んでしまうため、助けているはずの人々からも恨まれているんです」
「そうなのか……」
 もしかしたら彼女は、それが原因であんなだらしない態度をするようになったのか。先ほどの交差点での光景も浮かび、そう思うと、少しだけ同情する。
 しかしそれなら、自分は彼女から直接生き返らせてもらえたのか。
「あなたも、ルミナスに会ったんでしょ?」
 そんな思考を見透かすように、おまわりさんは言った
「ど、どうしてそれを」
「ここに来た方は、みんなそうですよ。光子ビームが全身に直撃した人間であれば、彼女の光子デバッグで復元できるけれど、建物の倒壊や火災で間接的に失われた命は、元に戻せないの」
 そのとき、大声が響いた。
「俺たち、いつになったら帰れるんだ!」
「何が生き返らせるだ、ふざけんじゃねえ!」
 転移民たちの声が向かった先は、体育館に現れたルミナス。
 周囲をSPに囲まれながらも、あのだらしない恰好、うなだれた様子で前方に立ち、話し始めた。
「地球のみなさん、この度は大変ご迷惑をおかけしました。改めて直接お詫びを……」
「声が聞こえねーぞ!」
「そうだそうだ!」
 ヒートアップする怒号に、ルミナスはみるみる涙目になる。
 犬のおまわりさんは同情するような表情をしていたが、地球人たちはさらに直接の非難をぶつけ続ける。ボクだって、境遇は彼らと同じだ。
 それでも。
「ちょっと……待ってください!」
 気付けばボクはそう叫んでいた。
 周囲の視線が一気に集まる中、ルミナスのいる前方に向かって、駆けだした。

他の小説の第1話

猫が死んだ。

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

うちに帰った。何時もなら。「にゃーん」て出迎えてくれるのに。名前を呼ぶ。気配すら無い。そうだ。縁側で日向ぼっこでもしているんだ。「ねーこー」障子を開けた。白いねこが横になっていた。「ねこ!どしたん!ぴーんとなっているよ?」返事しない。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 311 投稿数 : 2 全話数 : 3話完結

314の死と再生

作者 不二才 総得点 : 1

投稿日時:

「お兄ちゃん! 起きれる? もうとっくに朝だよ! お兄ちゃん!」

妹の声。明の声だ。
いつもの自分のベッド、春休みだからと惰眠を貪る朝。俺にとってありふれた平穏な日常。
しかし、今朝は格別に長く眠っていた気がする... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,266 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

異世界帰りの中指勇者

作者 星宮 薟 総得点 : 1

投稿日時:

異世界ガルガドア アラド王国歴29年 夏 西東暗黒大陸『ソンファ』魔国の魔王城

「なぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだぁぁ──────ッ!?たかが人間ひとりにこの私がぁぁ!!」

二本あった角の片方を折られ、左腕を無く... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,992 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ボクの転生物語の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ