リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

幻燈街の飴売り第2話 全6話で完結

幻燈街の飴売りの第2話

作者 まだあたたかい 得点 : 1 投稿日時:


 かつては自分も舞台の花としてもてはやされた時があった。あの父の名声にも届こうかという人気が。
「あの頃に戻りたいな……」
 しかし、それは叶わないこと。かつて手にしていたものの全ては、あの時に失なってしまったのだ。嘆いていても戻らない。今の自分には、この飴とチラシを配ることこそが「舞台」なのだ。
 だが。
「はあ……」
 大通りに背を向け、深いため息を一つつく。
 このまま、おばあさんになるまで飴とチラシを持って通りを歩くのだろうか。それが、あたしの未来なのか。
 ああ、なぜ神様はこうも残酷なのだろう。
 次のため息をつこうと息を大きく吸ったその時、足元に何かもこもこと柔らかいものが当たった。
「何?」
「にゃ」
 見下ろせば、やせた仔猫がまとわりついている。
「ネコか……」
「にゃ」
 もとは真っ白な仔猫だったのだろう。今は薄汚れて、ところどころ薄茶色に見える。
「にゃ」
「ねだられたって、何もないよ」
 やせた仔猫。きらびやかな大通りにまったくそぐわぬその風体。どうやって暮らしているのか。
「そうだ」
 ポケットに、ランチの残りのチーズがひとかけらあることを思い出した。
 スカートのポケットに手をいれて、油紙に包まれたチーズのカケラを探り当てる。
「ほら」
「にゃ」
 ほんのひとかけら。それでも仔猫はがつがつと食べ、次をよこせと鳴く。
「にゃ」
「もうないよ」
 空の油紙をひらひらさせるが、仔猫は動こうとしない。
「にゃ」
「他の、もっと優しい人を探しなよ」
これ以上あげられる物はないし、もちろん飼うことなどできない。すでにこうやってビラ配りしか能のない娘がいるというのに、これ以上居候を増やしてくれなどと父に頼めるはずもなかった。
「にゃ」
 仔猫は立ち去らない。
 しかし放置していけばこの子はどうなるのか。
 そして。
 あたしはこの先、いったいどうなるのか。
 どうにもできない。きっと何者でもないあたしには未来を創るなんてことできないのだ。涙がこみあげてくる。
「お嬢さん」
 背後から声がかかった。
 あわてて涙を払って、作り物の笑顔で振り返る。
「はい、なんでしょう!」
 そこに居たのは上等な衣服に身を包んだ紳士。背の高い紳士だ。上も下も黒づくめで、ところどころ赤と金の刺繍による複雑な模様が入っていた。黒づくめとは、神父さんだろうか。いや、神父にしては奇妙な感じ。
「そのチラシを一枚頂きたい」
「はい! ありがとうございます」
 珍しい人もいたものだ。どうぞ、とチラシを渡す瞬間、目があった。
 端正な顔つき、丁寧に手入れされた黒髪。
 そして瞳。
 黒い瞳。
 どこまでも昏い闇の瞳。
 それは普通であって普通ではない。
 その瞳を有希子は知っている。こんな春先、魚市場で稀に見かける魚の目。深い深い海の底から釣り上げられる希少な魚の目が、こんな色をしていた。
「その飴も貰おうか。代金はこれでいいかね」
 返事ができなかった。その瞳に射すくめられたまま、動けない。半開きの口は呼吸を止めている。
 一陣の風が吹き抜ける。
「にゃ」
 仔猫が鳴く。
 はっ、と我に返ってみると、すでに紳士の姿は消えていた。
 気が付けば手のひらには金貨が一枚置かれている。
 飴の代金とするには考えられない金額だ。
「か、返さなきゃ」
 通りを探し回ったが、もうそれきり、その奇妙な紳士の背中を見つけることはできなかった。
この物語の目次へ

作者コメント

ごめんなさい、怪しいおっさんを追加してしまいました。

他の小説の第1話

真飛幽利は一人で暮らしたかった。

作者 家節アヲイ 総得点 : 26

投稿日時:

――念願の一人暮らしのはずだった。

「ユーリ、そこの醤油とって」
「ん……、ん? いや待て、なんで人ん家のモノを勝手に食べてんの?」
「だってほら、ご飯は一人で食べるより二人で食べた方が美味しいもの」
「論点をすり替えるな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,580 投稿数 : 19 全話数 : 4話完結

永久樹の魔女

作者 あすく 総得点 : 1

投稿日時:

 それは、永久樹とわぎと呼ばれていた。
 ある者は天地創生より生える大樹と呼び、ある者は異なる世界へ通じる架け橋と呼んだ。
 しかして、その正体はいまだ不明。わかっているのは、永久樹が膨大なエネルギーを内部に循環させているとい... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,425 投稿数 : 2 全話数 : 4話完結

314の死と再生

作者 不二才 総得点 : 1

投稿日時:

「お兄ちゃん! 起きれる? もうとっくに朝だよ! お兄ちゃん!」

妹の声。明の声だ。
いつもの自分のベッド、春休みだからと惰眠を貪る朝。俺にとってありふれた平穏な日常。
しかし、今朝は格別に長く眠っていた気がする... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,266 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

幻燈街の飴売りの第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ