リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

冬晴れの冬休み

作者 たはらさん 得点 : 0 投稿日時:


「あっ、空ってこんなに青かったんだ」
冬休みも後半。茨城(人)は滑り落ちた日本海から砂丘を見上げた。
この倭の国造り。功を焦り過ぎたのか。出雲の大国主神と言われてはいても。
「いばらぎ~あんた!正月から海なんて何処のサーファー?」
「違う!!イバラキ!俺だってこんな寒ぃ処やだよ!気がついたらここで伸びてたんだ」
「あらぁありがちな物語のオープニングね!」
元々上から見下ろす格好だった千葉(人)は砂丘を駆け下りて茨城の右腕を砂浜から拾い上げ点々と離れていた体をつなぎ合わせた。
「ダンケ、これで移動出来るよ」正月の日本海。
波濤と言うのはこれだよね的な世界を人である千葉と茨城は堪能した。
冬晴れの冬休み。俺たちは日本に居た。続く。
この物語の目次へ

追加設定(キャラクターなど)

古事記の国造り。にはならないかも。

他の小説の第1話

桜がまた咲く頃、私はきっと消えている。

作者 なっしー 総得点 : 1

投稿日時:

きらきらと夕日を映して輝く川沿いを、二人乗りの自転車が通り過ぎる。顔にかかった髪を払いながら、深く染まったオレンジ色の空を見上げていた。

「あー腹減ったな。帰り何か食ってこうぜ」
「お、いいね!もちろん君の奢りでしょ?」

... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 495 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

テンプレ異世界転生記

作者 日本海のピラニア 総得点 : 1

投稿日時:

 原 翔は成績優秀なエリート大学の4年生だ。しかし、就職活動に行き詰っていた。筆記の試験なら得意だが会話が苦手なのである。口下手でアドリブが利かず、受け答えがヘタでいつも面接で落とされていた。翔は努力家で勉強は怠けずに毎日していたが、... 続きを読む >>

文字数 : 1,691 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

私の思い

作者 のとりあす 総得点 : 0

投稿日時:

キーンコーンと鐘の音がして私の意識が戻る。
「起立、礼」と授業を終わらせた、いつもどおりの退屈な変わらない日常。
だが、そんな私の日常はある一つの人によって変わる。
「まいっちー!起きてる〜?」
と、陽気に彼女、一ノ瀬(いちの... 続きを読む >>

文字数 : 2,285 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

冬晴れの冬休みの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ