リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

冬晴れの冬休み

作者 たはらさん 得点 : 0 投稿日時:


「あっ、空ってこんなに青かったんだ」
冬休みも後半。茨城(人)は滑り落ちた日本海から砂丘を見上げた。
この倭の国造り。功を焦り過ぎたのか。出雲の大国主神と言われてはいても。
「いばらぎ~あんた!正月から海なんて何処のサーファー?」
「違う!!イバラキ!俺だってこんな寒ぃ処やだよ!気がついたらここで伸びてたんだ」
「あらぁありがちな物語のオープニングね!」
元々上から見下ろす格好だった千葉(人)は砂丘を駆け下りて茨城の右腕を砂浜から拾い上げ点々と離れていた体をつなぎ合わせた。
「ダンケ、これで移動出来るよ」正月の日本海。
波濤と言うのはこれだよね的な世界を人である千葉と茨城は堪能した。
冬晴れの冬休み。俺たちは日本に居た。続く。
この物語の目次へ

追加設定(キャラクターなど)

古事記の国造り。にはならないかも。

他の小説の第1話

余命5か月後の君と5ヶ月間の物語。

作者 tunatukann 総得点 : 1

投稿日時:

「好きです。付き合ってください。」
放課後の教室にあまり聞かない言葉が響く。それから彼女はゆっくりと目を開き、笑顔で、
「ごめんね。私、彼氏とかつくる気もないから、、、でも言ってくれて、ありがとう。」
と答えた。そしてその相手は... 続きを読む >>

文字数 : 1,091 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

桜咲くその日までさようなら

作者 ちひろ 総得点 : 2

投稿日時:

「えぇ、まずは皆さん卒業おめでとうございます────」

あぁ、もう終わりか。

何もなかった高校生活だった・・・・
友達とのカラオケや店巡り、友達なんて一人もいなかった。
恋をして告白したり、そもそも気になる女子もいな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 754 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

不思議な雪

作者 ミチル 総得点 : 6

投稿日時:

 マミは学校から帰る途中に、不思議な景色に出会いました。
 雲がないのに、雪が降っているのです。青空に舞う雪は、お日さまの光でキラキラ光っていました。少しずつ、アスファルトが白く彩られていきます。
 マミにとって夢のようでした。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 0 投稿数 : 5 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

冬晴れの冬休みの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ