リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

もしも貴方の元に可愛い吸血鬼が訪れたなら…

作者 曙改2 得点 : 0 投稿日時:


そう、今日もまた一日が始まろうとしていた、俺は学校ではいじめられっ子で、親も早くに失った、今はバイトを掛け持ちしてなんとか一人暮らし、そんなつまらない俺の人生に一筋の光が差し込もうとしていた…
(アラームの音が聞こえる…)
(はぁ…また今日が始まるのか…)
俺はそんな事を考えながら重い腰をあげる、寝癖がついた髪をポリポリとかきながらのしのしと布団から起き上がる、洗面台に来た俺は歯を磨き顔を洗い、時計を見て遅刻しそうな事に気がつく、そう、ここまではいつもと変わらない朝だった…
「やべぇ、遅刻する!」
そう叫びながらドアを勢いよく開けると、
(ドンッ!)ドアが何かにぶつかって止まった
俺は恐る恐るドアの向こうを覗くと、そこには…
「いったーい!もう何よいったい!なによこの壁!いきなり動いたら…」
「………」
俺はドアの向こうで座り込む少女と目が合ってお互いに黙り混んだ
「あの、大丈夫、ですか?」
「あなた、今どこから現れたの!?」
「え?いや、そりゃあここ俺の家なんで、玄関から?」
「あら、ここ貴方の家だったの…ってことは、今この壁を動かしたのもあなたってこと?」
「壁?ドアだけど、あぁそうだよ、それより大丈夫か?いい勢いでぶつかっただろ」
「まぁ、少し痛かったけど、なんてことないわ、それより、何か食べ物あるかしら、お腹すいてて…」
俺は遅刻しそうな事をすっかり忘れていた、とにかく一つ言えることは…
なにこの子、超可愛い!!
「食べ物?無いことは無いけど、あんた家出でもしたのか?」
「違うわ、もともと私この世界の生き物じゃ無いのよ、そうね…」(バサッ!)
目の前の少女がおかしな事を言い出したと思った瞬間、少女はとんでもないスピードで俺の後ろに回り込み、俺の首に人間とは思えない程長い爪を突きつけた、
「お前、なんの真似だ…それにこの世界の生き物じゃ無いって…」
「とりあえず、寒いのだけど、貴方の家に招待してくれるかしら?話はそれからよ。」
こうして俺の新たな人生が幕を開けようとしていた…
この物語の目次へ

作者コメント

みなさんお初にお目にかかります😊
今回から小説を投稿させていただきます曙と申します🙇何かとおかしなてんあるかと思いますが、暖かなコメント、返信お待ちしております😊

追加設定(キャラクターなど)

少女、年齢、人種ともにまだ不明、可愛い顔の   裏には黒い顔が?…

俺、17歳の高校生、この年で一人暮らしをしてるいじめられっ子、得意なのは料理

他の小説の第1話

Sonata

作者 木倉かなこ 総得点 : 0

投稿日時:

 【不幸】という言葉は何もない日常に、突然降って湧いてくる物である。
それは今までの日常をあっさりひっくり返す出来事でもある。
 そのど真ん中に立った時、とんでもない力と、ありえない事が生まれる事がある。
それが【不幸】なのか【... 続きを読む >>

文字数 : 2,141 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

私がアイツでアイツが私で

作者 なっしー 総得点 : 4

投稿日時:

ギャアギャア鳴き喚くカラスがうるさい。

勇者が目を覚ましたのは、異様なまでに大きくてふかふかしたベッドの上だった。立派な窓の向こうでは落雷が幾度となく光っている。薄暗闇を見渡せば、禍々しくも豪華な屋敷が広がっていた。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 363 投稿数 : 5 全話数 : 10話完結

夕暮れの街角~冬晴れの冬休み第2話~

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「ダメだ…思い出せないよ」
削除された記憶。俺たちは何でここに居る?砂丘を後にして。神々が集える出雲大社にやって来た。と言うことは神有月。十月?どうやらサーフィンではなかったようだ。
「…大分混乱しているよね」千葉が珍しく心配そう... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 408 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

もしも貴方の元に可愛い吸血鬼が訪れたなら…の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ