リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

幻燈街の飴売り第3話 全6話で完結

幻燈街の飴売りの第3話

作者 得点 : 2 投稿日時:


廃棄物よりもチョッと上等といえる朝食を済ませ、今日も代わり映えのないチラシ配りが始まる。チラシの中の瀟洒に着飾った父の姿も普段と変わらない。通りすがる人々の忌避するような視線も、ジクジクと幻痛のするこの傷痕も。
あァ、ひとつだけ。ひとつだけ、いつもと違う。あの男の眼睛が今も此方を覗いているような気がしてならないの。果てのなく暗い視線が具象化し鎖となって心臓を縛りつけているような感覚がするの。肌が粟立つ感覚が気持ち悪いわ。胴体から鎖を生やした不細工な操り人形になった自身を想像すると少し、笑えてくると思わない?そして、観客は私を指差しながら嗤うのよ。「なんテ醜い人形だ。あれでは廃棄物の方が上等に思えるよ」ってね?
観客の紳士が嗤う。仄暗い視線を此方に突き刺してくる。私は人形。赤い血が流れることはないわ。鎖にザリザリと擦れながら視線が、闇が溶け込むように、体に沈みこんでいくの。紳士は嗤う。セルロイドの皮膚を突き進み闇が流れ込んでくる。伽藍堂の中身が満たされていく。けれど、鎖の結合部から闇が溢れ出してしまうわ。まるでこれこそが私の血液であるといわんばかりに。それを見て、紳士は嗤う。
あァ。可笑しいわ。昨日までチラシを配ることに必死だったのに、そのことをすっかり忘れてしまうなんて。現実に引き戻されたら、不細工な人形は薄汚れた少女に元通り。
さァ、チラシと飴を配りましょ。気取った眼をした奥さんに。淀んだ眼をした商人に。飴はいかが?チラシはいかが?
誰も見向きもしてくれないわ。唯一此方を覗くのは長く伸びた影法師。
あァこんなに残ってしまっているわ。これでは、あの濁った油のような双眸をした劇団の支配人にまた怒られてしまうわ。どうしたものかしら?
こんな時でも規則的に並ぶ街灯は街を照らし続けているのね。闇を掃いて裏通りに棄てさったような明るさが、眼に眩むようだわ。私に居場所はないというのね。裏通りこそが私が居るべきトコロなの。街を照らす幻燈から眼を反らして、あの男の視線のように暗い裏通りを進む。
いっそ操り人形にでもなれたのなら気が楽になるのかしらね?

他の小説の第1話

Sonata

作者 木倉かなこ 総得点 : 0

投稿日時:

 【不幸】という言葉は何もない日常に、突然降って湧いてくる物である。
それは今までの日常をあっさりひっくり返す出来事でもある。
 そのど真ん中に立った時、とんでもない力と、ありえない事が生まれる事がある。
それが【不幸】なのか【... 続きを読む >>

文字数 : 2,141 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

変なひと。

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

タイトルが重い。とても変わったひと。と言う曲。確かShe fak’n it.サイモン&ガーファンクル。綴り違ってそうだからカタカナ表記にしよう。スカボロウフェアが【調味料の羅列】って、まるで国家機密みたいな顔して教えてくれたっけ。毎月... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 506 投稿数 : 4 全話数 : 3話完結

死世の戦 

作者 fk 総得点 : 4

投稿日時:

???「ん…?ここは?」

目を覚ましたとき男性が現れた。

???「やっとお目覚めだね。赤童拳(しゃくどう けん)くん。」

拳「初対面なのに俺の名を…っ!?だ…誰だよ?そしてここは何処?」

骸木「僕の名前は骸木大... 続きを読む >>

文字数 : 1,493 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

幻燈街の飴売りの第4話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ