リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

桜がまた咲く頃、私はきっと消えている。第2話 全10話で完結

桜がまた咲く頃、私はきっと消えている。の第2話

作者 労働会議 得点 : 0 投稿日時:


「ねえ、私が死んだら悲しんでくれる?」
 白川は突然にそう言う。
「はっ?」
 白川はすぐに首を横に振る。
「ううん。やっぱり何でもない」
 何なんだ?白川の奴。死んだら悲しむ?そりゃあ、悲しむだろうが!だって、お前のことをよ……ずっと前から……
「そういえば、サッカーの調子どう?もうすぐ大会なんでしょ?」
 サッカーと聞き、目の奥に灯がともる。
「調子?愚問だな。いいか。よく見とけよ。あの無能な部長がいない今、部の勝利は確実だぜ。なんて言っても、この天才が部長なんだからな!」
「そうだよね。樹は天才だもんね」
「当たり前だ。今に見てろよ!紅蓮学園の奴ら。全大会の雪辱、目にもの見せてやる」
「練習頑張ってね」
「ああ!」
 この頃、白川との時間が格段に減った。すべては因縁の紅蓮学園に勝つためだ。勝つために、あらゆる犠牲を払った。醜聞を流して部長を失ったし、審判を買収するためにお金も失った。反感を抱く部員の多くも失った。そして、白川との時間も。
 だから、気づかなかった。白川の笑顔が減っていることに。白川がやせ細っていることに。白川の家が小さなアパートに引っ越したことに。入学以来一度も欠席しなかった白川が休みがちになっていることに。
 それでも、白川はいつも笑って見送ってくれた。

他の小説の第1話

もしも今日世界が滅亡するとしたら

作者 リー 総得点 : 8

投稿日時:

1話世界が終わる日の朝

2017年10月10日その日は突然とやってきた。朝起きていつものように学校の準備をしながらテレビを
見て居ると、いきなり番組が緊急ニュースへと移り変わった。
(緊急ニュースをお伝えします。
今日、巨... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 487 投稿数 : 5 全話数 : 5話完結

ホワイトルーム

作者 労働会議 総得点 : 3

投稿日時:

 気が付くと、そこは真っ白い部屋である。
「ここどこ?」
 私は懸命に周囲を見渡すが、はるか地平線まで真っ白である。空間感覚がマヒしそうだ。目の前にこれまた真っ白い小さな発券機がある。ボタンが一つあるだけで説明書きも何もない。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,597 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

314の死と再生

作者 不二才 総得点 : 1

投稿日時:

「お兄ちゃん! 起きれる? もうとっくに朝だよ! お兄ちゃん!」

妹の声。明の声だ。
いつもの自分のベッド、春休みだからと惰眠を貪る朝。俺にとってありふれた平穏な日常。
しかし、今朝は格別に長く眠っていた気がする... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,266 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

桜がまた咲く頃、私はきっと消えている。の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ