リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

桜がまた咲く頃、私はきっと消えている。

作者 なっしー 得点 : 1 投稿日時:


きらきらと夕日を映して輝く川沿いを、二人乗りの自転車が通り過ぎる。顔にかかった髪を払いながら、深く染まったオレンジ色の空を見上げていた。

「あー腹減ったな。帰り何か食ってこうぜ」
「お、いいね!もちろん君の奢りでしょ?」

自転車をこいでいた相手がジト目で振り返る。

「はあ?誰がお前のコネになんか…」
「…だめ?」
「……っわ、わかったわかった!奢ればいいんだろこん畜生!」
「わーいやった、ありがとう!」

しゅんとしたのを一転して喜ぶと、いつものように呆れため息をつかれた。こちらが明るく笑い飛ばす。

「まあまあ、親しいからこそ言えるんだよ」
「なるほどな、じゃあお前と距離とるわ」
「もーそんな事言って~!照れるなよー」
「いやどんな解釈したらそうなるんだよ」
「あはは。……ねえ」
「…ん?」

再び、空を見上げる。
舞っていた桜の花びらが、空に消えてゆく。

ーーああ。
こんな何でもない日常が、ずっと続けば良かったのに。


「…桜、もうじき終わっちゃうね」



ーーもっと、君と一緒にいたかったな。
この物語の目次へ

作者コメント

気合いを入れて書いたものの、展開が思い付かずにお蔵入りしちゃった小説です。
どなたかこの子を拾ってやって下さいませ
( ´ ▽ ` )

追加設定(キャラクターなど)

白川 事理...余命一年だが周りに言えずに隠している。天真爛漫な癒し系女子。
小戸森 樹...琴理の幼馴染で、何だかんだ彼女に甘い。サッカー部で部長の男子。

幼馴染で親友だからこそ、余命一年であることを隠し続けている。
でも、それもいつか終わりが来る。

二人の仲が今後どうなってゆくのかーーー

後は皆さんにお任せします!!

他の小説の第1話

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「聞いてみようか?泥棒したん?って」心なしか少し嬉しそうだ。どうやらこの国の人々にとっては《泥棒》と言うワードはとんでもなく心に響くらしい。
「お母さんが500円とったん?」お年玉の使い込み?そんなの判るわけないじゃない。そんな風評... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 345 投稿数 : 11 全話数 : 10話完結

ソドム市警察殺人課

作者 とおせんぼ係 総得点 : 6

投稿日時:

 古今の怪物、モンスター、伝説的殺人鬼が住むこの平和なソドム・シティに30年ぶりの殺人事件が起こった。
 勤続三十年の吸血鬼の刑事、銀福栄は、夜半に一報を受けてすぐに現場に向かった。そこは町外れのマルコス=オズ=フランの丘の斜面... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,987 投稿数 : 3 全話数 : 4話完結

謎の呪文ブリムーチョと謎の大地ブリフガルド

作者 ロミオ 総得点 : 0

投稿日時:

舞台は現代日本。

生涯の中で20回だけ、耐えられないウザい奴やイヤな奴が居る場合に、
(そいつが概ね加害者の場合に有効である)
(そいつが概ね被害者の場合は無効である)
祈りつつ「ブリムーチョ」と唱えると、
そいつを一瞬... 続きを読む >>

文字数 : 503 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

桜がまた咲く頃、私はきっと消えている。の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ