リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

私がアイツでアイツが私で第2話 全10話で完結

私がアイツでアイツが私での第2話

作者 まだあたたかい 得点 : 2 投稿日時:


「き、貴様は魔王! しかしなぜ魔王が鏡の中に? ……いや、それどころではないな! 魔王よ、聞いて驚け。私こそがかの有名な勇者である。ふふふ、怖かろう。よいか、ここで会ったが百年目、今その首もらい受ける!」

 どうだ、魔王よ。いきなり目の前に魔王の姿があったものだから動揺してしまったが、まあ、これでなんとか恥ずかしくない程度の口上は述べられたはずだ。
 だいたい状況は飲み込めた。ようするにこの姿鏡の中に魔王がいるのだろう? なぜか私と同じようにベッドに空いた穴に片足を突っ込んでいる情けない恰好だが……

「ふはは、無様だな魔王、いいかげんにベッドから出てきたらどうだ? 命乞いなら聞いてやろう」

 挑発気味にそういっておきながらこちらは間合いを取ろうと一歩下がるのだが――ずてん! 派手に転がってしまった。

「あいた」

 間抜けな声が上がってしまう。しまった。ベッドの穴に突っ込んだ脚がもつれて。命のやりとりたる戦闘中になんという失態。
 殺られる!
 振り下ろされるであろう魔王の一撃を倒れたまま受けんと腕で防御の型をとる。
 あれ? なんだこの目の前のゴツい腕。これが私の腕?
 幻覚の魔法だろうか。
 魔王の攻撃はこなかった。薄暗い室内には奇妙なまでに静寂が満ちている。
 おそるおそる立ちあがると、やはり姿鏡には魔王が。しかしその表情は不安げだ。今の私のように。
 まさか、と思いながらも自分の物ともつかぬゴツい腕を伸ばし、そうっと姿鏡に触れる。こつん、と鏡の冷たい感触が指先に伝わった。鏡の中の魔王もまったく同じ動きを、まさに鏡写しに……
 って、えええええ?? もしかしてこれが、この鏡に映っている姿が私なのか?

「これって、これって……」

 いや、ありえない。だが、しかし。
 正常バイアスにしたがってこの状況を認めたくないという心と、現実を認めろというクレバーな心が頭の中でせめぎあう。

「もしかして、私がアイツになってる……?」

 答えるかのように窓の外でカラスが一羽、ぎゃあ、とひとつ鳴いた。
この物語の目次へ

作者コメント

冒頭のシーン、ちょっと引っ張ってみました。しつこかったかな?

他の小説の第1話

私の思い

作者 のとりあす 総得点 : 0

投稿日時:

キーンコーンと鐘の音がして私の意識が戻る。
「起立、礼」と授業を終わらせた、いつもどおりの退屈な変わらない日常。
だが、そんな私の日常はある一つの人によって変わる。
「まいっちー!起きてる〜?」
と、陽気に彼女、一ノ瀬(いちの... 続きを読む >>

文字数 : 2,285 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

通い後輩を独り占めしたい

作者 羊色 総得点 : 1

投稿日時:

俺は今日は余裕もって起きることができた。
いつもはギリギリにしか起きれないのだがとある理由から朝早く起きると決めた。
それは「あっ先輩おはようございます。」そうこの後輩、栗原悠二(16歳男性)のおかげだ。
悠二は今日からわざわざ... 続きを読む >>

文字数 : 555 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

初めまして、目鏡コノミです。好物はメガネ男子です!

作者 百模モモ 総得点 : 2

投稿日時:

「初めまして、目鏡コノミです。好物はメガネ男子です、よろしくお願いします!」

高校デビュー、大失敗しました。

遡ること、数時間前。

新しい制服に腕を通し、昨日切りに行ったばかりの髪を念入りにブラシでとかす。スタイリン... 続きを読む >>

文字数 : 917 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

私がアイツでアイツが私での第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ