リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

私がアイツでアイツが私で

作者 なっしー 得点 : 1 投稿日時:



ギャアギャア鳴き喚くカラスがうるさい。

勇者が目を覚ましたのは、異様なまでに大きくてふかふかしたベッドの上だった。立派な窓の向こうでは落雷が幾度となく光っている。薄暗闇を見渡せば、禍々しくも豪華な屋敷が広がっていた。

「起きよっと...」


バキャ。






勇者歴まだ一週間。昨日は山賊に捕まって金目の物を盗まれ、このあと彼等が飼育しているモンスターのエサとして儚く人生を終えるところだった。

その自分が、軽い気持ちで跳ね起きたらベッドに大穴を開けていた。目の前の姿鏡を見て、勇者は固まる。


そこに映っているのは、足を突っ込んで抜け出せなくなっている、あまりにも間抜けな魔王の姿だったーー












この物語の目次へ

作者コメント

煮るなり焼くなりカオスにして下さい!

追加設定(キャラクターなど)

勇者と魔王が入れ替わる小説です。

一人称↓
勇者...私
魔王...吾輩

他の小説の第1話

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「聞いてみようか?泥棒したん?って」心なしか少し嬉しそうだ。どうやらこの国の人々にとっては《泥棒》と言うワードはとんでもなく心に響くらしい。
「お母さんが500円とったん?」お年玉の使い込み?そんなの判るわけないじゃない。そんな風評... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 345 投稿数 : 11 全話数 : 10話完結

冬晴れの冬休み

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「あっ、空ってこんなに青かったんだ」
冬休みも後半。茨城(人)は滑り落ちた日本海から砂丘を見上げた。
この倭の国造り。功を焦り過ぎたのか。出雲の大国主神と言われてはいても。
「いばらぎ~あんた!正月から海なんて何処のサーファー?... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 326 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

夕暮れの街角~冬晴れの冬休み第2話~

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「ダメだ…思い出せないよ」
削除された記憶。俺たちは何でここに居る?砂丘を後にして。神々が集える出雲大社にやって来た。と言うことは神有月。十月?どうやらサーフィンではなかったようだ。
「…大分混乱しているよね」千葉が珍しく心配そう... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 408 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

私がアイツでアイツが私での第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ