リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

私がアイツでアイツが私で第3話 全10話で完結

私がアイツでアイツが私での第3話

作者 労働会議 得点 : 1 投稿日時:


私が倒すべき魔王!
その仮説は受け入れがたく、現実逃避をすることにした。
「あっ。食べ物いっただき~~!」
目の前を通り過ぎようとした食材を素手でつかんで口の名に放り込む。

 勇者心得その123
  迷ったら、とりあえず何か口に入れよう!

バリバリ。ごっくん。何かすごく苦くて、変な味が味がして、ねっとりするが気にしない。気にしない。
 何故なら、私は大業を成す勇者だからだ!
「しかし、驚いた。こんなに素早かったっけ?」
 この世界でカサカサ動くあれを素手で捕らえられる域に達するのは十五人と数えるほどしかいない。無論、勇者歴一週間の私はまだその域に達していない。
 空腹がわずかに満たされ、考え込む。
「それにしても、この状況は何だろう?」
 目の前の光景に今更ながら、気づく。昨日、私をとらえたはずの人相の悪い山賊たちが上半身裸。腰みのをつけて踊っている。
 しかも、両脇では翼をはやした悪魔たちがヤジを飛ばしている。
 悪魔の一人が私のほうへ駆け寄る。
 こいつ、早速勇者である私を排除しようと動いたな。
 けれど、そいつは
「魔王様。ご指示通り、あの人間どもに裸踊りさせています」
「魔王の指示だと?魔王はどこだ??勇者はここにいるぞ」
「何をご冗談を。魔王様は貴方様の事でしょう」
「私を魔王と呼ぶな!」
 気に食わないその悪魔にビンタを食らわす。勇者が、この偉大な勇者があの極悪非道な魔王と呼ばれてなるものか!この勇者には夢があるんだ!
 魔王を倒して、その財産を奪って、王様から財産をゆすって、そのお姫様を手籠めにするというなっ!
 ビンタされた悪魔は部屋の端まですっころぶ。周囲のものは騒然とする。
 ビンタされた悪魔は向くりと起き上がる。感激で目をウルウルさせている。
「ようやく。ようやく。ヒッキーから目覚めたのですね」
 それを境に、周囲の悪魔たちはさめざめと泣く。
「長年の苦労が報われたぁあ~~」
「本当に長かった。人間たちの目をそらすのも一苦労だったな」
 こいつら、何を言ってやがる。
「おい。クズども。お前ら、何者だ?」
 すると、悪魔たちは一斉に頭を下げる。
「私どもは貴方様の忠実な臣下で御座います」
 プライドが非常に高く、人族に一切媚びない悪魔どもから臣下と呼ばれるのはこの世で魔王しかありえない。
 つまり、私は魔王になったのだ。どうしてこうなった?

 ———直前の記憶を探る。あれは山賊に捕らわれ、恐怖のあまりちびっていた時だ。武器を奪われ、大のほうを漏らしてしまいそうな絶体絶命の時。ポケットから、先ほど助けた村から献上されたものが目に入る。

他の小説の第1話

悪夢狩り

作者 花太郎 総得点 : 1

投稿日時:

 A県A市、人口数万人が暮らすとある一つの高校で奇妙な噂が広がっていた。『夢の中で死ぬと現実でも死ぬ』そんな話が実しやかに囁かれていた。実際、A市ではここ一ヶ月に渡って不審死が相次ぎ、それは年端もいかない高校生が主な被害者だった。もち... 続きを読む >>

文字数 : 4,133 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

窓を開けたい第6限

作者 しとるんご 総得点 : 0

投稿日時:

外で、桜が舞っている。
高校に入学してから一週間が経った。
中高一貫校だから、友達の心配はない。
今日も相変わらず瑞稀と話している。
「高校の制服、やっぱ可愛いよね」
「中学の制服とは全然違うや」
談笑して、休み時間が終わ... 続きを読む >>

文字数 : 400 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

深緑

作者 あすく 総得点 : 25

投稿日時:

「暑い……」
三国文月は、駅のベンチでぐだっていた。薄いTシャツ1枚に、ハーフジーンズというラフな姿。頭の帽子は海外の野球チームのイニシャルが縫い込まれている。
文月の座るベンチから見えるのは、むき出しの改札口とホーム。そ... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,499 投稿数 : 18 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

私がアイツでアイツが私での第4話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ