リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

待ち望んでいたモテ期がきたんだがくるの遅くね?

作者 犬神 菱 得点 : 1 投稿日時:


俺は輝牙春希(きが はるき)普通の高校生だ。
だが今は違う、そう来たんだ。
やっと、この時が来た。待ち望んでいたんだ!俺の人生の中でおそらく大事なイベント10に入るくらいに。
その名は、モテ期。
だけど、気のせいだろうか?なんだか思っていたモテ期と違うんだが。

今の季節、少しずつ温かくなってきている。
5月の下旬、俺は中学校を卒業し今は高校生活を過ごしていた。
「よっ、おはよう。」
「うわっ、もう驚かさないでよー。」
高校に入ってからというもの、気のせいだろうかカップルがふえている気がする。
ふっ、カップルがなんだ。と思うけど実際は彼女が欲しくてしょうがないこの気持ちを分かってくれる奴は、居てくれないだろうか。1人くらい居てくれてもいいと思う。
そんなことを考えながら、毎日を過ごしていると何だか悲しくなってくる。
「・・・・・・わっ。おはよう、价。」
「うおっ。ビビったー、何だ綾花か驚かすなよ。」
綾花はふふっと怪しげに笑う。
風間綾花(かざま あやか)は、俺と同じ高校に通う小学校からの幼なじみだ。
「だっていっつも一緒に学校に行こうって言ってるのに、全然話聞いてくれないじゃん!」
綾花はぷぅと頬を膨らませてこっちを見ているが、全然こわくない。
幼なじみのひいきなどではないが、綾花はけっこう可愛い方だと思う。男子からの人気も高いらしい。
俺はしみじみそんな子と仲良くできて幸せだと思う。

学校ではいつも1人。
別に友達が欲しくないわけではない。ただ1人が好きなだけだ。

HRが終わりいつものように帰りの準備をしていると、騒がしかった教室が一気に静まり返った。
特に気にはしなかったが、前に人の影が写ったからとりあえず前を見てみる。
そこには入学以来試験でずっと1位でしかも可愛いと評判の優等生の、雪乃 千智(ゆきの ちさと)が立っていた。
「えっと、俺に何か用?」
すると雪乃は、
「今から屋上に来て。待ってるから。」
それだけ言って、教室を出ていってしまった。
「何だったんだ、一体。」
でも呼ばれたからには、屋上には行く。行かないといけない気がした。
屋上に出ると、
「遅いじゃない。」
おぉ、ちょっといきなり不機嫌ってどういうこと?!
「ごめん。で俺に何か用でもあるの?」
すると雪乃は急に顔をそむけたかと思うと、
「輝牙春希君よね。」
「そうだけど、どうしたの?」
雪乃の顔ははっきりとは見えないが、少し赤くなっている。
「やっぱり、春希なのね。」
そう言ったかと思った瞬間、いきなり抱き付いて来た。
「えっ、ちょっ雪乃さん?!」
「会いたかったー。春君に会いたかったよー!」
俺は戸惑いを隠せなかった。
まぁ、普通可愛い女の子に抱き付かれたら、健全な男子高校生なら当然のことだ。
「えっと、どういうこと?」
「もしかして私のこと忘れてるの?」
忘れたでは済まされない気がして、俺は脳をフルに使って考えた。
けど、結果は同じ。いくら考えても思い出せなかった。
「ごめん。わかんないや。」
すると雪乃は頬を膨らませ、上目ずかいで睨んできた。
うん、文句なしに可愛い。
「まぁ普通忘れちゃうよね。」
「?」
「私は春君と10年前に結婚の約束をした千ーちゃんです。」
そのとき、俺は思い出した。
確かにした。10年前、結婚の約束を。
「本当にあの千ーちゃん?」
すると雪乃は笑顔でこう言った、
「うん、10年間ずっと会いたかったんだよ。春君。」

この出来事を切っ掛けに、俺の高校生活は大きく変わっていくことになる。

作者コメント

良かったら読んでみて下さい。

追加設定(キャラクターなど)

主人公…輝牙春希
幼なじみ…風間綾花
婚約者…雪乃千智
主人公がモテまくる話です。

他の小説の第1話

死世の戦 

作者 fk 総得点 : 4

投稿日時:

???「ん…?ここは?」

目を覚ましたとき男性が現れた。

???「やっとお目覚めだね。赤童拳(しゃくどう けん)くん。」

拳「初対面なのに俺の名を…っ!?だ…誰だよ?そしてここは何処?」

骸木「僕の名前は骸木大... 続きを読む >>

文字数 : 1,493 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

わちゃわちゃお泊まり会

作者 ミナト川 総得点 : 0

投稿日時:

 とても気持ちのいい晴れた朝。
 一匹のウサギが、机つくえに向かってハガキをせっせと書いています。
 しかし、次の瞬間しゅんかん、書く手が止まりました。

 「う〜ん…… これでいいのかなぁ……」

 難(むずか)... 続きを読む >>

文字数 : 882 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜

作者 鷹人 総得点 : 2

投稿日時:

...........眩しい。

ぼくは白い、ただ真っ白な光の中を漂っていた。

ぼくという存在を優しく受けとめてくれる。
そんな光。

ここは何処なのだろう?

ぼくは.............
ぼくという存在は.......... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 3,843 投稿数 : 14 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

待ち望んでいたモテ期がきたんだがくるの遅くね?の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ