リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)第3話 全10話で完結

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)3

作者 ロミオ 得点 : 0 投稿日時:


A子さんの足元を見た時、A子さんの膝から下が消えていた。
僕は怖くなって一旦その場を去って自分の教室に帰ってしまった。
少し考える時間が数日だけでも欲しい。
僕は教室でふと思い出した。
そういえば鳥居の向こうに行ってしまった人がもう一人居るんだよな・・・。

あれは数日前・・・。
僕とA子さんが鳥居を越えた3日後だった・・・。
僕は1人で鳥居の前に来ていた。
そこにクラスメートのB子さんが通り掛かった。
「あ、幹雄くんじゃない、ここに鳥居なんてあるんだ・・・」
B子さんは鳥居の向こうに行こうとした。
「待って!行かないほうがいいよ」
「なぜ?」
B子さんは僕の説明を聞きもしないで鳥居を越えて行った。
B子さんは数分後に鳥居の向こうから戻って来た。
B子さんは顔が少し青くなり冷や汗をかいていた。
「見た・・・?」
「うん・・・」

そして・・・。

B子さんは翌日から上履きを履かなくなった。
B子さんの足元は翌日から白の靴下のままだったのだ。
B子さんも上履きを履いていない事なんて一度も無かったのに・・・。
そしてなんでA子さんと儀式が同じなの・・・?

もしかしてB子さんの足元も消えているのだろうか・・・?
僕はB子さんが所属する生物部の部室に行ってみた。
はたしてB子さんがそこにいた。
B子さんの足元は上履きを履いておらず白の靴下のままだった。
B子さんの足は消えていない・・・。

A子さんは鳥居を超えた時から上履きを恐らく自ら失った。
B子さんも鳥居の向こうに行った時を境に上履きを恐らく自ら葬った。
そこまでは同じ・・・。
だが・・・。
A子さんの足は消えている。
B子さんの足は消えていない。
B子さんのほうが3日だけ後だったから経過日数の問題か?
それともそういう問題ではないのか?

つづく か おわり

作者コメント

まさか続きを書いてくれる人が居るとは・・・
もともと私は1話しか書かない予定でしたが、
とりあえず3話を書いてみました。
もしかして私はこれ以上書かないかもしれませんが、
私に構わずどんどん書き進めて終わらせてくださいね。

追加設定(キャラクターなど)

僕(幹雄)・・・主人公
A子さん・・・・主人公のガールフレンド
B子さん・・・・主人公のクラスメート

他の小説の第1話

~東方二次創作~吸血鬼と人間の夏

作者 曙改2 総得点 : 1

投稿日時:

~プロローグ~

8月の上旬、あれは暑い暑いある日の事、俺は学校終わりにアイスを買って家に帰っていた。
学校終わりにアイスを買うのは日常になっている、家について椅子に腰掛けて特に今までとかわりない生活だった、
そう、このあと、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 956 投稿数 : 6 全話数 : 10話完結

魔王様はお困りです

作者 通り猫 総得点 : 6

投稿日時:

ここは魔王城。暗雲立ち込める魔界を統べる王の居城にして魔界を支える柱とも言うべき存在だ。魔界の空に浮かぶ浮島に堂々と建っていた。空に常時走る稲妻に負けぬくらい大きなため息がその謁見の間に響く。
音の主は魔王。かれこれ千年は魔界を... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,394 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

謎の呪文ブリムーチョと謎の大地ブリフガルド

作者 ロミオ 総得点 : 0

投稿日時:

舞台は現代日本。

生涯の中で20回だけ、耐えられないウザい奴やイヤな奴が居る場合に、
(そいつが概ね加害者の場合に有効である)
(そいつが概ね被害者の場合は無効である)
祈りつつ「ブリムーチョ」と唱えると、
そいつを一瞬... 続きを読む >>

文字数 : 503 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)の第4話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ