リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)第2話 全10話で完結

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)2

作者 咲玖タライ 得点 : 1 投稿日時:


「ね、そういえばあそこ取り壊されるらしいよ~」
「え、あそこってどこ?」
 僕は久々に開いた小説に目を通しながら、女子たちの会話を盗み聞きしていた。
「ほらっ、あそこあそこ……花枝の家のすぐ近くの神社!」
「えっ、神社なんてあったっけ」
「鳥居あるでしょ? あそこ抜けたとこだよ~」
 えっ、と思わず声が出てしまった。
 小説を取り落としそうになりながら、慌てて二人の元へ行く。
「鳥居って、まさか西方面の⁈」
「え、あ、うん」
 二人はきょとんとした顔で僕を見つめ返した。当然だ。僕はクラス内ではそんなに目立つ方ではないし、ましてやこの二人と話したことなんて数回しかない。
「ご、ごめん……」
 僕はハッと顔を上げると、そそくさと席に帰った。
「何君だっけ」
「幹雄くんじゃなかったっけ? どしたんだろ……」
 二人の会話に顔を赤らめながらも、僕は頭をフル回転させて考えた。
 神社が……取り壊される?
 僕の脳裏にあの光景が蘇る。しかし何とか忘れようと頭を必死にふった。
 ―――じゃあ、あれ・・は一体どうなるんだ?
 カメラを持ってもう一度あそこに行こうか? ―――いや、精神的にそれは無理だ。じゃあどうする? でもあの事実を誰にも知られないままでいいのか?
 そうだ。
 A子さんに言おう。

 放課後、僕はA子さんのクラスをノックした。いや、本当ならノックする必要などないのだが、今日はなぜかしなければいけないような気分になったのだ。
「A子、さん?」
 小声でそう呼びかけると、小さな返事が返ってきた。
「よかった~、いつもの席にいた」
 僕はいつもA子さんが座っている席にA子さんの姿を見止めると、安堵の声を漏らした。
「どうしたのよ、いつもいるじゃない」
 A子さんは笑いかけながら小さな声で言った。誰もいない教室に響き渡る。
 僕はゆっくりとA子さんの席に近づき、いつものように隣の椅子を拝借してA子さんの隣に並んだ。
「……あのさ」
「何?」
 深刻な様子を察知したのか、シャーペンを持っている手を止めてこちらを向いた。
「鳥居……の奥の神社が…………その、……壊されるんだってさ」
「!」 
 周りの空気が止まった……ような気がした。
 A子さんは僕の右を見たまま動かない。
「だから……その、どうするかなって」
「壊されるんだ」
 いつもの笑顔をなくしたA子さんは、少し不気味に感じられた。
「あれ・・……どうなるんだろ」
 A子さんが乾いた唇を動かして言う。
「か、カメラとかで撮っといた方がいいのかな」
 僕は少しでも場を明るくしようと声を上げて言ったが、声が裏返ってしまい逆効果だ。
 お互いが俯き、しばらくの沈黙が流れた。
「……でも、幹雄君……つらいんじゃない?」
「そ、そんなこと……」
 「そんなことないよ」と最後まで言い切ろうとして、言葉が途切れた。
「なら、私が一人で行くよ。写真とかやっぱ残しといたほうがいいでしょ。もしかしたらなんか重大なことかもしれないし、さ」
「え、A子さんが行くなら僕も行くよ! A子さん一人に行かせるなんて……」
 またも言葉が詰まってしまった。
「……多分もう一度見たらあなたはおかしくなってしまうわ。きっと」
「……」
 僕は何も反論できなかった。
「いつ取り壊されるの?」
「分からない」
 A子さんはそれだけ聞くと、シャーペンを置いて勢いよく立ち上がった。
「A子さん!」
 僕は悲痛な叫び声をあげた。
 そして何気なくA子さんの足元を見た。
 ひざから下が消えていた。
この物語の目次へ

作者コメント

もうオチまで考えちゃいました。。

追加設定(キャラクターなど)

僕(幹雄)……主人公
A子さん……ガールフレンド

他の小説の第1話

ソドム市警察殺人課

作者 とおせんぼ係 総得点 : 6

投稿日時:

 古今の怪物、モンスター、伝説的殺人鬼が住むこの平和なソドム・シティに30年ぶりの殺人事件が起こった。
 勤続三十年の吸血鬼の刑事、銀福栄は、夜半に一報を受けてすぐに現場に向かった。そこは町外れのマルコス=オズ=フランの丘の斜面... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,987 投稿数 : 3 全話数 : 4話完結

わちゃわちゃお泊まり会

作者 ミナト川 総得点 : 0

投稿日時:

 とても気持ちのいい晴れた朝。
 一匹のウサギが、机つくえに向かってハガキをせっせと書いています。
 しかし、次の瞬間しゅんかん、書く手が止まりました。

 「う〜ん…… これでいいのかなぁ……」

 難(むずか)... 続きを読む >>

文字数 : 882 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

作者 冷えピタ丸 総得点 : 0

投稿日時:

出会ったあの日も雨が降っていた。

もうすぐ小学校も卒業という冬の時期。時計の針が16時を過ぎていた頃、家に帰宅した僕はランドセルをひっくり返していた。ランドセルにも無い。筆箱の中にも無い。体操着入れにも無い。どこで鍵を無くしたん... 続きを読む >>

文字数 : 1,990 投稿数 : 1 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ