リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

Megaptera stratosfera

作者 三文山而 得点 : 3 投稿日時:


その世界は、空の上に“歌”が流れていた。
その歌は、雪よりも静かにゆっくりと、それでも確実に地上まで降りてきた。
地上では、運が良ければ“それ”が歌いながら空の向こうを漂うように飛ぶのが見えた。
“それ”を兵士たちが見つけてしまっただけで、戦争が止まってしまったこともあった。
戦争を止めざるを得ない程に美しく不思議な調べの、人間の心を癒す歌だった。
人間は山に登り、空を飛び、“それ”に少しでも近寄ろうとした。
だが幾ら昇れど遥か彼方の成層圏を往く“それ”に近づくことは、ついぞ叶わなかった。

“それ”は非常に大きな体を持っていた。世界中の学者がどうやって飛んでいるのかを考えたが、結論は出なかった。
“それ”は非常に高い場所を飛んでいた。世界中の技術者とパイロットがより高い空を目指したが、辿り着けなかった。
“それ”は非常に美しい声と姿をしていた。世界中の画家がその姿を描き、世界中の彫刻家がその形を掘り出し、世界中の音楽家がその歌を元に曲を作り、世界中の詩人がその存在を詠ったが、本物を超えることはありえなかった。
“それ”は謎に包まれていて、世界中の探検家が「ずっと飛び続けているわけではない筈だ」と降り立ちそうな場所を探したが、そんな場所は存在しなかった。
“それ”は非常に人を惹きつけ、世界中の人々がその正体について、「神の化身」とか「天使」とか「未知の生物」とか「かつて滅びた古代文明の遺産」「宇宙人の造った機械」と、自由に考察、想像、妄想したがどれも説得力に欠けた。
その歌すらも常に変わり続け、途切れたところを聞いた者は無く、“それ”についてわかっているのはどのような歌を歌っているのか、どのような形をしているのか、それと飛んでいるのがとてつもなく高い場所であり、そこから非常に大きな体であると推察されること、後は人間によってつけられた“それ”の名前くらいだった。

メガプテラ・ストラトスフェラ。成層圏を飛ぶ大翼。学者たちとしてはそのような言葉でしか表せなかった。その存在を賛美もせず、多彩な美辞麗句で飾り立てることもしない。だが、その名前は“それ”の実態をどんな詩人よりも的確に表していたのかもしれない。
凍りついたような蒼穹の空に包まれ、音速よりも速く空を駆け抜ける。その翼が休む日も来ないし、歌を止めることもない。永久に孤独なまま、“それ”は人々が聴いていようといまいと唯、歌うために存在し続けた。その世界の人々は“それ”がどれほど速く飛んでいるのかにも気が付かぬまま、魅了され続けた。
この物語の目次へ

作者コメント

文芸部で活動時間にやることがなくて毎週何かしら書いていたけど「冒頭部分だけのよう」と言われるしかなかった文の一つでフォルダの中に残っていたものです。
世界観を語っただけのWord一枚。もし何か思いつきましたら追いかけるでも芸術作品を作るでも研究するでも撃墜してしまうもご自由にどうぞ。

追加設定(キャラクターなど)

歌うザトウクジラに似た何かが空高くを飛んでいるだけの世界。
時代・技術その他一切未定。

・Megaptera stratosfera(成層圏のザトウクジラ)
属名に当たる部分はザトウクジラと同じになっているけど生物なのか無生物なのか人工物なのかよくわからない巨大な物体。この世界の技術ではまだ解析できていない。歌いながら超高空を超高速で駆け抜けているが遠く離れた地上からはゆったりと優雅に飛んでいるように見える。

他の小説の第1話

314の死と再生

作者 不二才 総得点 : 1

投稿日時:

「お兄ちゃん! 起きれる? もうとっくに朝だよ! お兄ちゃん!」

妹の声。明の声だ。
いつもの自分のベッド、春休みだからと惰眠を貪る朝。俺にとってありふれた平穏な日常。
しかし、今朝は格別に長く眠っていた気がする... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,266 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

私がアイツでアイツが私で

作者 なっしー 総得点 : 3

投稿日時:

ギャアギャア鳴き喚くカラスがうるさい。

勇者が目を覚ましたのは、異様なまでに大きくてふかふかしたベッドの上だった。立派な窓の向こうでは落雷が幾度となく光っている。薄暗闇を見渡せば、禍々しくも豪華な屋敷が広がっていた。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 363 投稿数 : 5 全話数 : 10話完結

謎の呪文ブリムーチョと謎の大地ブリフガルド

作者 ロミオ 総得点 : 0

投稿日時:

舞台は現代日本。

生涯の中で20回だけ、耐えられないウザい奴やイヤな奴が居る場合に、
(そいつが概ね加害者の場合に有効である)
(そいつが概ね被害者の場合は無効である)
祈りつつ「ブリムーチョ」と唱えると、
そいつを一瞬... 続きを読む >>

文字数 : 503 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

Megaptera stratosferaの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ