リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~第2話 全10話で完結

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~の第2話・A

作者 たはらさん 得点 : 0 投稿日時:


あれは【青春の1page】と片付けて。なんで国会議事堂前だったのか。皇居前で「天皇陛下万歳!」ってフツーだろ?人間だもの。火薬がダイナマイトではなく爆竹なのもご愛嬌!死んだら気の毒だし。『威力業務妨害容疑』で逮捕されたけど。厳重注意で解放された。…警察も関わりたくなかったんだろうね。事件はなかったことにされた。週刊誌もテレビも取り扱っていない。ネットで出かけたけど、すぐ削除対象とされた。
表向きは【未成年者】だったから。それ以来議事堂前は警備が強化された。
で解放されたので皇居前で割腹して内臓脂肪を差し出した。いらない?結構深い傷でさ。「此が小腸、大腸…うわっホント長いな小腸!」って所まで思い出した。そうか、俺死んだのかな。って意識がフェードアウト。黄色い猫型ロボットが俺の名前を呼んだ。「ハイ!どこでもドア!しっかり捕まって!」ドラミちゃん…?いや、違う。この声は「ちばとおまえ?」「良かった、まだ助けてあげられる!」「助けなくって良いから。このままにして。もう15年も生きたんだから。もう良いんだ」「しっかりしろ!いばらきとうまえ!」…で。夢から覚めたら。君が居た。愛ぶら下げて。
「歌詞そのまま流用すんな!」ってちばとおまえ本当にロボットだったんだな…。
そして組み立て直された俺もロボットだったんだな。(人)ってそう言う事か。
冬晴れの冬休み。あの頃で俺達終わってたんだな。どうする?何処にも人居ないよ。
人類なんてとっくに滅びてたんだな。《スタバはないけどスナバはあります!》2018年、マヤ文明の預言は正しい情報だったんだな。そうか…。そして俺は途方に暮れる。了。
この物語の目次へ

作者コメント

支離滅裂を目指してみました!

追加設定(キャラクターなど)

猫型ロボットのヒューマノイドです。しかし矛盾した設定だなぁ。

他の小説の第1話

初めまして、目鏡コノミです。好物はメガネ男子です!

作者 百模モモ 総得点 : 2

投稿日時:

「初めまして、目鏡コノミです。好物はメガネ男子です、よろしくお願いします!」

高校デビュー、大失敗しました。

遡ること、数時間前。

新しい制服に腕を通し、昨日切りに行ったばかりの髪を念入りにブラシでとかす。スタイリン... 続きを読む >>

文字数 : 917 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

真飛幽利は一人で暮らしたかった。

作者 家節アヲイ 総得点 : 26

投稿日時:

――念願の一人暮らしのはずだった。

「ユーリ、そこの醤油とって」
「ん……、ん? いや待て、なんで人ん家のモノを勝手に食べてんの?」
「だってほら、ご飯は一人で食べるより二人で食べた方が美味しいもの」
「論点をすり替えるな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,580 投稿数 : 19 全話数 : 4話完結

暖冬傾向の春休み

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「また?休み?」掃除機に身を委ねていた猫がむくりと起き上がる。
「毎年冬休みの次は春休みじゃないか」この流れだと俺、猫と話しているみたいだな。
母さんなんだけど。猫って掃除機に吸われるの好きだよね。悦楽している。
「だって毎日ご... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 339 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ