リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

桜咲くその日までさようなら

作者 ちひろ 得点 : 2 投稿日時:


「えぇ、まずは皆さん卒業おめでとうございます────」

あぁ、もう終わりか。

何もなかった高校生活だった・・・・
友達とのカラオケや店巡り、友達なんて一人もいなかった。
恋をして告白したり、そもそも気になる女子もいなかった。
部活にのめり込みがんばる、部活なんかにも入らなかった。
いい点を取って下剋上、そんな学習能力はなかった。

「皆さんには夢のある大学生活、もしくは頑張って就職活動を─────」

結局、どこまでも淡白で何も感じれないブランクなまま短大に通いバイト三昧の日々を再び始めるのが自分の人生なのだろう。

「悔いのないような────」


嗚呼、今この場で自殺したい気分だ。



「どうしてだろうな・・・・」




なにもしてないのに教室の隅に追いやられ、苦しんで学校にも通い、
バイトもしながら筋肉痛で痛がりながら授業を受けてるのに一向に成績は伸びず、
いつも授業中でさえ遊んでる奴らが楽しく教室の真ん中で粋がってるのが不思議でならない。


「はぁ・・・・・・」


何処か遠くへ、


「俺は・・・・」


例えば未来、一体自分という虚無的人生を送ってるはずの俺は────


「どうなってるんだろうな・・・」








『ならさ、見てみない?』










「・・・・・え?」


やけにエコーのかかった声だ。
何処から響いてるんだろうか?



『だから、未来を見てみたくない?』



これは、空耳だろうか?
それでも、いいや──────────



「見てみたいな・・・・」



この物語の目次へ

追加設定(キャラクターなど)

特になし、自由に発想してください。

主人公、灰色の青春を過ごす無気力な少年

謎の声、皆さんの想像次第で変わる

他の小説の第1話

コートヤードの歌声

作者 ゆりあ 総得点 : 4

投稿日時:

私は男という生き物が苦手だ。
何故なら男という生き物にほぼ悪い思い出しかない。

男の先生が嫌いだった。沢山叩かれて痛い思いをした。問題を間違えただけでもすぐに叩かれた。

そして小学校1年生の頃から受けてきた男女問わず受け... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,953 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

私がアイツでアイツが私で

作者 なっしー 総得点 : 5

投稿日時:

ギャアギャア鳴き喚くカラスがうるさい。

勇者が目を覚ましたのは、異様なまでに大きくてふかふかしたベッドの上だった。立派な窓の向こうでは落雷が幾度となく光っている。薄暗闇を見渡せば、禍々しくも豪華な屋敷が広がっていた。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 363 投稿数 : 5 全話数 : 10話完結

変なひと。

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

タイトルが重い。とても変わったひと。と言う曲。確かShe fak’n it.サイモン&ガーファンクル。綴り違ってそうだからカタカナ表記にしよう。スカボロウフェアが【調味料の羅列】って、まるで国家機密みたいな顔して教えてくれたっけ。毎月... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 506 投稿数 : 4 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

桜咲くその日までさようならの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ