リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

暖冬傾向の春休み第2話 全3話で完結

暖冬傾向の春休みの第2話

作者 たはらさん 得点 : 0 投稿日時:


そろそろ水分補給しなきゃ…東京都心。19日連続で雨降らず。
「猫が見てる限り降らないね、雨」猫の目のようにクルクル変わる気象情報。
「それならば降らしてやろうか?」ははは、また母さんふざけて~。あれ?何処だ?
「儂じゃよ!儂」何だ。ファントムか。
「待てよ!何で猫がいきなり話すんだよ」
百里基地周辺で拾ったのでF4改ファントムと名付けられた子猫。時は流れて。
ただのデブ猫。ちっとも『ファントム』っぽくないが。
「何で驚く?話さない方が不自然だろうが?」この流れ。ディズニーかよ?
「話す方が不自然だろうが!」15で引きこもって15年。とうとう、俺も壊れたか…。猫が話しかけて来るんですぅ?あり得ない…。あり得ないけど。
「まぁ落ち着け。動揺するのも解らなくもないが」猫さん偉そう!しまった押されてさん付けてしまった。猫相手に。
「明日は雨降るといいな!副都心に」降るわけないだろ。都心だよ、降るとしても。
2019/1/11。手のひらで消える雪。ロマンチックだろ!続く。
この物語の目次へ

作者コメント

まだF4改は現役。F35Bよりフォルムが可愛いよね!

追加設定(キャラクターなど)

F4改の噺が好きな猫さん。死んじゃったけど。在りし日を偲んでみた。

他の小説の第1話

一番愛している我が娘よ。

作者 元関駿 総得点 : 0

投稿日時:

俺は今選択を迫られている。大きな選択だ。これで今後俺の教育方針の、この俺が準備した人生設計を大きく修正しなければならないだろう。この俺が中学生の頃から構想し心理学の洗脳技術を集約して計画した洗脳実験が壊れてしまう程の選択だ。
「お父... 続きを読む >>

文字数 : 2,467 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

変なひと。

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

タイトルが重い。とても変わったひと。と言う曲。確かShe fak’n it.サイモン&ガーファンクル。綴り違ってそうだからカタカナ表記にしよう。スカボロウフェアが【調味料の羅列】って、まるで国家機密みたいな顔して教えてくれたっけ。毎月... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 506 投稿数 : 4 全話数 : 3話完結

魔王様はお困りです

作者 通り猫 総得点 : 6

投稿日時:

ここは魔王城。暗雲立ち込める魔界を統べる王の居城にして魔界を支える柱とも言うべき存在だ。魔界の空に浮かぶ浮島に堂々と建っていた。空に常時走る稲妻に負けぬくらい大きなため息がその謁見の間に響く。
音の主は魔王。かれこれ千年は魔界を... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,394 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

暖冬傾向の春休みの『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ