リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

暖冬傾向の春休み

作者 たはらさん 得点 : 0 投稿日時:


「また?休み?」掃除機に身を委ねていた猫がむくりと起き上がる。
「毎年冬休みの次は春休みじゃないか」この流れだと俺、猫と話しているみたいだな。
母さんなんだけど。猫って掃除機に吸われるの好きだよね。悦楽している。
「だって毎日ごろごろしているだけじゃない!なんか邪魔なのよ」
「…猫が羨ましい…」聞こえないように呟く。
「獣にはなれないでしょ!ぼさっとせずに顔洗って出直しな!」何処へ…?
「なんだか疲れたよ…」もう一日寝ようかな…。
「ふざけないで!」あ、はいごめんなさい…。
「全く毎日ごろごろして」(以下略)エンドレスリピート。
無為自然。実践しているのに。何故?怒られる!
…新型鬱。怠け者に見えるんだよ!病んでるだけなのに!…って言えたらな。続く。
この物語の目次へ

他の小説の第1話

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「聞いてみようか?泥棒したん?って」心なしか少し嬉しそうだ。どうやらこの国の人々にとっては《泥棒》と言うワードはとんでもなく心に響くらしい。
「お母さんが500円とったん?」お年玉の使い込み?そんなの判るわけないじゃない。そんな風評... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 345 投稿数 : 11 全話数 : 10話完結

幻燈街の飴売り

作者 フレデリカ 総得点 : 9

投稿日時:

 街の大通りの隅を、大きな籠とビラの束を持って一人の少女が歩いている。春の穏やかな陽光が人々に降り注ぐ中、彼女はひなたに出るのを躊躇しているようだった。脚はガタガタ震え、指を強く握りしめている。
 しかしそれでは仕事にならないと、少... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 440 投稿数 : 4 全話数 : 6話完結

わちゃわちゃお泊まり会

作者 ミナト川 総得点 : 0

投稿日時:

 とても気持ちのいい晴れた朝。
 一匹のウサギが、机つくえに向かってハガキをせっせと書いています。
 しかし、次の瞬間しゅんかん、書く手が止まりました。

 「う〜ん…… これでいいのかなぁ……」

 難(むずか)... 続きを読む >>

文字数 : 882 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

暖冬傾向の春休みの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ