リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

暖冬傾向の春休み

作者 たはらさん 得点 : 0 投稿日時:


「また?休み?」掃除機に身を委ねていた猫がむくりと起き上がる。
「毎年冬休みの次は春休みじゃないか」この流れだと俺、猫と話しているみたいだな。
母さんなんだけど。猫って掃除機に吸われるの好きだよね。悦楽している。
「だって毎日ごろごろしているだけじゃない!なんか邪魔なのよ」
「…猫が羨ましい…」聞こえないように呟く。
「獣にはなれないでしょ!ぼさっとせずに顔洗って出直しな!」何処へ…?
「なんだか疲れたよ…」もう一日寝ようかな…。
「ふざけないで!」あ、はいごめんなさい…。
「全く毎日ごろごろして」(以下略)エンドレスリピート。
無為自然。実践しているのに。何故?怒られる!
…新型鬱。怠け者に見えるんだよ!病んでるだけなのに!…って言えたらな。続く。
この物語の目次へ

他の小説の第1話

通い後輩を独り占めしたい

作者 羊色 総得点 : 0

投稿日時:

俺は今日は余裕もって起きることができた。
いつもはギリギリにしか起きれないのだがとある理由から朝早く起きると決めた。
それは「あっ先輩おはようございます。」そうこの後輩、栗原悠二(16歳男性)のおかげだ。
悠二は今日からわざわざ... 続きを読む >>

文字数 : 555 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

待ち望んでいたモテ期がきたんだがくるの遅くね?

作者 犬神 菱 総得点 : 1

投稿日時:

俺は輝牙春希(きが はるき)普通の高校生だ。
だが今は違う、そう来たんだ。
やっと、この時が来た。待ち望んでいたんだ!俺の人生の中でおそらく大事なイベント10に入るくらいに。
その名は、モテ期。
だけど、気のせいだろう... 続きを読む >>

文字数 : 1,541 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

ボクの転生物語

作者 あすく 総得点 : 8

投稿日時:

 暗かった。
 一寸先も見えぬ闇の中だ。
 最初、ボクが感じることができたのはそこだけだ。
 少しだけ時間が経ち、目が慣れてきたと思ったころに、変化があった。
 暗い空間の奥の方に、何かが見えた。視線を集中すると、空間に負けな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,408 投稿数 : 15 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

暖冬傾向の春休みの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ