俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

風花の頑張らないでと清く柔く

作者 月野しづく  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

仕事にストレス感じてます。冷たい風が身に染みる帰り道。ちらほら降り出した雪が、私に「頑張らないで」と言ってくれてる気がしました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「風花の頑張らないでと清く柔く」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

月野しづく様
こんにちわ。豊かな感性を感じさせる一句と存じます。しかしながら、中七、下五が字余りなので、声を出して読むとわかりますが、リズムが窮屈な感じです。
切れを入れ、字余りを解消した参考句を、、、、「風花や力抜いてと囁けり」、、、少しでも参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

風花や頑張らないでと髪を撫ぜ

回答者 根子屋小太郎

句の評価:
★★★★★

風花が、髪にやさしく触れて、がんぱらなくていいんだよ、と言ってくれた気がした。その気持ちを清く柔くを使わずに撫でる(なぜる)の語で表せないかと考えました。

点数: 1

添削のお礼として、根子屋小太郎さんの俳句の感想を書いてください >>

頑張らないで風花からのメッセージ

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

下五「清く柔く」の表現は、具体的でなく、俳句として好まれないところだと思います。
中七も、気にはなりますが、受け手には伝わりますので、添削句ではそのまま使ってみました。字余りを上五にしています。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

残業を終えたる帰路を風花す

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

月野さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

可愛らしい句ですね。
風花が語りかけている、という擬人化もアリだとは思うのですが、客観的な描写も大事にしたいかなと。
また、風花自体が素敵なイメージを内包していますので、「清く柔く」という言葉はわざわざ言うまでもないというか、説明し過ぎに思います。
添削句は大分言葉を変えてしまいましたが、句意を尊重しつつ客観的な描写で風花を詠んだつもりです。いかがでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

薄氷の向こうの国を叩き割る

作者名 いなだはまち 回答数 : 3

投稿日時:

病院へ身籠る人の炎暑かな

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

秋時雨今夜シチューに決め直し

作者名 小西晴菜 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『風花の頑張らないでと清く柔く』 作者: 月野しづく
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ